加藤薫 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かとう かおる
加藤 薰
生誕 (1951-05-20) 1951年5月20日(70歳)
日本の旗 日本大阪府
出身校名古屋工業大学大学院 工学研究科電子工学専攻[1]
職業実業家

加藤 薰(かとう かおる、1951年(昭和26年)5月20日 - )は日本の実業家NTTドコモ代表取締役社長、電気通信事業者協会副会長、日本テレワーク協会会長などを歴任した。大阪府出身。

略歴[編集]

人物[編集]

無線技術者として電電公社・NTT時代に携帯電話(ショルダーホン)開発に携わる。1985年8月12日日本航空123便墜落事故の際、翌9月サービス開始予定だったショルダーホン12台を自衛隊や警察に提供するため、NTTのチームを率いて事故現場に入った[6]

出典[編集]

  1. ^ 石川温のスマホNo.1メディア | ラジオNIKKEI 2015.11.19・第60回「『いつか、あたりまえになることを』NTTドコモ加藤社長が語る「+d」の戦略
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ 取締役 略歴一覧株式会社三菱 UFJ フィナンシャル・グループ
  5. ^ 「役員の異動について」株式会社三菱 UFJ フィナンシャル・グループ
  6. ^ [3] 企業遺産 ドコモのショルダーホン 日航機事故で緊急登板

外部リンク[編集]

先代:
山田隆持
NTTドコモ社長
2012年 - 2016年
次代:
吉澤和弘