+メッセージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

+メッセージ(プラスメッセージ)とは、NTTドコモKDDIソフトバンクの3社が提供する、Rich Communication Services (RCS) 規格に準拠したサービス、およびその専用アプリケーションである。最新バージョンは1.2.13。

歴史[編集]

  • 2008年9月 - GSM AssociationにてRCSの仕様策定を開始。
  • 2009年4月 - 情報通信技術委員会の3GPP専門委員会内にサブワーキンググループRCSS(Rich Communication Services and Sysytem) SWGが設立され[1]、日本でもRCSの技術的な検討を開始[2]
  • 2010年3月 - NTTNTTドコモKDDIソフトバンクイーモバイルの5社でRCSの試験運用を実施[3]。ただし技術的な実験にとどまった。
  • 2012年 - Vodafon Spainがjoynの名称で、世界で初めてRCSに基づくサービスを開始。なお2018年4月の時点で世界27か国、50の通信キャリアでサービス中(名称はjoyn、Advanced Messaging、Message+、joyn.Tなど)[4]
  • 2018年4月10日 - NTTドコモKDDIソフトバンクの3社が共同で、「+メッセージ」のサービス開始の記者会見を実施[5]
  • 2018年5月9日 - NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社から「+メッセージ」の名称でRCSのサービスが開始[6][7][8]。なお5月9日時点では、Android向けの専用アプリケーションが先行して公開され、iOS向けのアプリケーションの公開は未定とされた。
  • 2018年5月10日 - ソフトバンクはAndroid版アプリの配信を一時停止したことを発表[9]。当初ソフトバンクは既存のキャリアメール用アプリケーションのアップデートという形式で、キャリアメール・+メッセージ兼用のアプリケーションを配信していたが、利用者への告知が不十分だったため、アップデート後のアプリを不審なアプリだと誤認して削除するユーザが後を絶たず、端末側に保存していたキャリアメールのメールデータを喪失してしまうなどの報告が相次いでいた[10]
  • 2018年6月21日 - iOS向けの専用アプリケーションが公開。同日、ソフトバンクはAndroid版アプリケーションの配信再開を発表[11](配信停止直後には配信時期は未定であった[10])。配信再開後は、アップデートの形ではなく、既存のキャリアメールアプリと併存する形で配信されることになった[11]

仕様[編集]

サービスを利用するためには、専用のアプリケーション「+メッセージ」を必要とする。 Android標準のメッセージアプリである「Androidメッセージ」等、サードパーティーのアプリには非対応。

メッセージ機能[編集]

テキスト送受信のほか、ファイル送受信が行える。特に、静止画と動画および音声に関して、撮影・録音機能を利用し、その場で共有することができる。 その他、位置情報の共有やスタンプの送受信が行える。

既読通知機能があり、メッセージが受信済みか、あるいは既読かが送信者に分かる仕組みになっている。なお、この機能は受信者の設定により解除することができる。

他のメッセージアプリと同様、メッセージ履歴はチャット形式で閲覧できる。多人数でメッセージをやり取りするための、グループメッセージ機能がある。

テキストや添付ファイルの上限サイズは表を参照。

+メッセージのテキスト/ファイル送信サイズの上限[12]
種類 上限サイズ
テキスト 全角2730文字(8MB)
ファイル 100MB

その他の機能[編集]

端末の電話帳機能と連携し、連絡先が+メッセージを利用している場合、その連絡先にアイコンが表示される機能がある[12]

対応OS[編集]

アプリケーションはAndroid, iOSの2つのOSに対して提供されている[13]

+メッセージの対応OS・OSバージョン
OS OSバージョン
Android Android 4.4 以降
iOS iOS 9.0 以降

ただし、Android版に限り、通信事業者ごとに別のアプリケーションが用意されている。

提供状況[編集]

当面は日本国内の移動体通信事業者のみと相互接続を行うため、Rich Communication Servicesに基づくメッセージングサービスを採用している日本国外の通信キャリア利用者とは通信できない。またY!mobileMVNOでは使用することができない[14][13]

将来的には日本国外のキャリアとも相互接続を行う予定であるため、Universal Profileをベースとした日本独自の技術仕様を定めており、この仕様に基づき各キャリアが独自に実装している[15]

送信料金は無料であるが、携帯電話回線を使用する場合は無線パケット通信料が別途必要(ただしパケット定額プランの対象である)となるが、Wi-Fi回線では不要[13]。なお「+メッセージ」アプリからSMSを送信する場合は、別途SMS送信料金が必要となる[6][7][8]

脚注[編集]

  1. ^ 「会議開催状況」『TTC Report 111 2009・July Vol.24/No.2』 社団法人情報通信技術委員会、2009年7月
  2. ^ 専門委員会及びサブワーキンググループ(SWG)の設立及び委員募集について」『一般社団法人情報通信技術委員会』 情報通信技術委員会、2009年3月23日
  3. ^ GSMAがRCSイニシアチブの進展で概要を報告:次世代マルチメディアサービスが実現の軌道に」『Business Wire』 Business Wire Inc. 、2010年2月18日
  4. ^ Global Launches - Future Networks” (英語). GSMA. 2018年4月17日閲覧。
  5. ^ 対LINEようやく結集 携帯3社「メッセージ」統一”. 日本経済新聞 (2018年4月10日). 2018年12月22日閲覧。
  6. ^ a b NTTドコモ (2018年4月10日). “+メッセージ(プラスメッセージ)” (日本語). NTTドコモ. NTTドコモ. 2018年6月23日閲覧。
  7. ^ a b au (2018年4月10日). “+メッセージ(プラスメッセージ)” (日本語). au. KDDI. 2018年6月23日閲覧。
  8. ^ a b ソフトバンク (2018年4月10日). “+メッセージ(プラスメッセージ)” (日本語). ソフトバンク. ソフトバンク. 2018年6月23日閲覧。
  9. ^ ソフトバンク (2018年5月10日). “「+メッセージ(プラスメッセージ)」に関するご注意” (日本語). ソフトバンク. ソフトバンク. 2018年6月23日閲覧。
  10. ^ a b 田中聡 (2018年5月11日). “ソフトバンクの「+メッセージ」、サービス開始日に配信停止 何が起きたのか?” (日本語). ITMedia Mobile. ITMedia. 2018年6月23日閲覧。
  11. ^ a b ソフトバンク (2018年6月21日). “「+メッセージ」のiPhone・iPad向けアプリの提供開始およびAndroid™ 搭載機種向けアプリ提供方針のご案内” (日本語). ソフトバンク. ソフトバンク. 2018年6月23日閲覧。
  12. ^ a b NTTドコモ (2018年4月10日). “+メッセージ(プラスメッセージ)とは” (日本語). NTTドコモ. NTTドコモ. 2018年6月23日閲覧。
  13. ^ a b c 井上翔 (2018年4月12日). “SIMフリー端末で使える? Wi-Fiでもデータ料かかる?――「+メッセージ」で気になることを大手キャリアに聞いてみた” (日本語). ITMedia Mobile. ITMedia. 2018年4月20日閲覧。
  14. ^ 田中聡 (2018年4月10日). “SMSやキャリアメールとの違いは? 「+メッセージ」でできること、できないこと” (日本語). ITMedia Mobile. ITMedia. 2018年4月20日閲覧。
  15. ^ 高橋健太郎 (2018年5月9日). “「打倒LINE」の切り札、+メッセージの裏側を探る” (日本語). 日経 xTECH. 日経BP. 2018年6月23日閲覧。

外部リンク[編集]