IS12F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au ARROWS ES IS12F
(FJI12)
ARROWS ES IS12F.JPG
ARROWS ES IS12F(ルビーレッド)
キャリア au
製造 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ
発売日 2012年1月7日順次発売
概要
OS Android OS2.3.5
CPU Qualcomm Snapdragon S2
MSM8655T 1.4GHz
(アプリ・モデム共用)
音声通信方式 3G:CDMA 1X
CDMA2000 1xMC
新800MHz/2GHz
2G:GSM
1.9GHz/1.8GHz/900MHz/850MHz[要出典]
データ通信方式 3.5G:WIN HIGH SPEED
CDMA2000 1xEV-DO MC-Rev.A
無線LAN
(IEEE 802.11b/g/n)
形状 ストレート
(防水・タッチパネル対応)
サイズ 127 × 64 × 6.7 mm
質量 約105 g
連続通話時間 約400分
(3G)
連続待受時間 約330時間
(3G・移動と静止の組合せ)
約240時間(Wi-Fi使用時)
充電時間 未公表
バッテリー 1400mAh
内部メモリ RAM・512MB
ROM・1GB
外部メモリ microSD
(最大2GB・KDDI公表)
microSDHC
(最大32GB・KDDI公表)
日本語入力 ATOK for IS12F
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり(IrDA)
テザリング なし
Bluetooth あり
(Ver2.1+EDR)[1]
放送受信機能 あり
(ワンセグ)
外部接続 microUSB
3.5φイヤホンマイク端子
卓上ホルダ用電源端子
備考 1. 緊急地震速報に対応
2. SAR値:0.743W/kg
3. 下り9.2Mbps/上り5.5Mbpsの高速マルチキャリアデータ通信による「WIN HIGH SPEED」(CDMA2000 1xEV-DO MC-Rev.A)に対応
4. モバイルWiMAXに非対応
5. 製造国:日本の旗 日本
6. SRS Labs社製のモバイル機器向けサラウンドエンジン「SRS TruMedia」を搭載
7. 充電対応の卓上ホルダ、および2GBのmicroSDカード(試供品)が付属
8. カメラ用ライトは非搭載
メインディスプレイ
方式 NEW AMOLEDディスプレイ
解像度 ワイドVGA
(480×800ドット)
サイズ 4.0インチ
表示色数 16,777,216色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約511万画素CMOS
機能 手振れ補正対応AF
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ルビーレッド
(Ruby Red)
グロスブラック
(Gloss Black)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ARROWS ES IS12F(アローズ エス あいえす いちにえふ)は、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(富士通ブランド、現・富士通モバイルコミュニケーションズ)によって日本国内向けに開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話ISシリーズの一つで、CDMA 1X WIN対応ストレート型スマートフォンである。製造型番はFJI12

概要[編集]

同社製東芝ブランドのREGZA Phone IS04/IS04FVの流れを汲んだ極薄モデルである。

スペックは、NTTドコモ向けに同時期に発売されるARROWS μ F-07D(富士通本体製)と同等である。ただし、公式テザリングに対応しない点や搭載アプリ、CPU、外形寸法など一部が異なる。通信方式はCDMA2000 1x/CDMA2000 1xEV-DO MC-Rev.Aに対応している。

富士通ブランドとしては2機種目となるau向けスマートフォンで、有機ELディスプレイを搭載した中堅モデルである。

クアルコム製のCPUであるSnapdragon MSM8655T(クロック周波数:1.4GHz)を採用しており、「サクサクタッチパネル」と称するなめらかで吸い付くようなタッチ感を実現している。

防水性能に対応している。

ディスプレイ面には、非常に傷が付きにくいコーニング社製のゴリラガラスが採用されている。

富士通東芝製のau向け端末はこの機種より、L800MHz帯(CDMA Bandclass 3/旧800MHz帯/JTACS)エリアには非対応となっている。

au ICカードは、microSIMタイプのもの(micro au ICカード)が用いられる。

本体の奥行きは約6.7mmで、2012年4月現在、au向けスマートフォン中、最も薄い。

卓上ホルダが本機の付属品として同梱。ARROWS Z ISW11F(FJI11)と共通のものを採用している。

2012年1月20日発売のサムスン電子製スマートフォンのGALAXY S II WiMAX ISW11SC(SCI11)、およびLGエレクトロニクス製スマートフォンのOptimus X IS11LG(LGI11)以降に順次発売される機種よりauブランドの新CIロゴデザインが採用および刻印された。そのため、旧来のauブランドのロゴデザイン(au by KDDIロゴ)が刻印された既存のau端末としては本機が最後に発表された端末となった。なお、旧来のauブランドのロゴデザインが刻印され最後に発売されたau端末は、2012年7月に追加発売されたURBANO AFFARE(SOY05)のソリッドシルバーである。

2012年4月1日付で東芝の携帯電話事業撤退により富士通東芝モバイルコミュニケーションズが富士通モバイルコミュニケーションズに社名変更したため、本機種は富士通東芝名義の機種としては最終機種となる。

同じ2011年冬モデルのシャープ製スマートフォンのAQUOS PHONE IS13SH(SHI13)同様、通常モデルの国内メーカー製のauスマートフォンとしては生産数(出荷数)が思いのほか少なく、店頭からは早期に姿を消し、一部の地域では販売できない状態になった。

沿革[編集]

  • 2011年(平成23年)11月21日 - 連邦通信委員会(FCC)を通過[2]
  • 2011年12月5日 - KDDI、および富士通東芝モバイルコミュニケーションズより公式発表。
  • 2012年(平成24年)1月7日 - 関東・関西・沖縄地区にて先行発売。
  • 2012年1月13日 - 上記以外の残りの地区で発売。
  • 2012年1月下旬 - KDDIが提供するフィーチャー・フォンのUI風ユーリティ・ツール「かんたんメニュー」に対応した。
  • 2012年4月下旬 - 北海道・関東・北陸・関西・四国・九州地区にて販売終了。
  • 2012年6月下旬 - 上記以外の残りの地区で販売終了。
  • 2012年8月6日 - 本機に標準でプリセットされている「LISMO Player」のメジャーバージョンアップ(Ver. 2.0→Ver. 3.0)を実施[3]

プリインストールアプリ[編集]

  • Skype
  • jibe
  • Foursquare
  • きせかえtouch
  • au Smart Sports Run&Walk
  • au Smart Sports Karada Manager
  • au Smart Sports Fitness
  • au one GREE
  • au one Brand Garden
  • au one ショッピングモール
  • au one モバオク
  • au one ナビウォーク
  • au one 助手席ナビ
  • au one ニュースEX
  • じぶん銀行
  • Twitter for Android
  • au災害対策

主な機能・サービス[編集]

※PC向けWebブラウザが標準装備されておりFlashコンテンツもフル表示可能。携帯向けサイト(EZWeb)は他のスマートフォンやPCと同じく閲覧不可。

主な機能・対応サービス
Webブラウザ LISMO!
for Android
[4]
メディアプレイヤー
LISMO WAVE
おサイフケータイ ワンセグ
au one メール
PCメール
Gmail
EZwebメール[5]
デコレーションメール
Skype au PCドキュメント
au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
ゴルフ(web版)
Fitness、歩数計
GPS
方位計
au oneナビウォーク
au one助手席ナビ
au one ニュースEX
au one GREE
かんたんメニュー[6][7]
じぶん銀行
緊急地震速報 Bluetooth 無線LAN機能
(Wi-Fi)
テザリング
(Wi-Fi・USB)
+WiMAX
(モバイルWiMAX)
赤外線通信
(IrDA)
WIN HIGH SPEED グローバルパスポート(CDMA・GSM) auフェムトセル
microSD
microSDHC
モーションセンサー(6軸) 防水 簡易留守録
着信拒否設定

脚注[編集]

  1. ^ 対応プロファイルはHDP/DUN/HID/OPP/SPP/HSP/HFP/A2DP/AVRCP/PBAP
  2. ^ [1]
  3. ^ LISMO Player (Ver.3.0)、LISMO楽曲検索 (Ver.15.0) およびLISMO Port (Ver.4.5) の提供開始について | KDDI - 2012年8月6日
  4. ^ 過去にCD等からPC上のLSIMO Portへ取込んだ楽曲のISシリーズ端末への転送、及び、過去に同電話番号のLISMO対応au携帯電話で購入した着うたフル、着うたフルプラス、ビデオクリップのLISMO Portでのバックアップ&ISシリーズ端末への転送は、LISMO Port 4.4以降が必要(ただしLISMO Playerを3.0にバージョンアップした場合はLISMO Port 4.5以降が必要)となる。このほか携帯のmicroSDからの差し替えやMP3やMP4などにも対応している。
  5. ^ KDDI Eメールアプリがプリインストールされている。Eメールは3G以外の通信方式でも送受信出来る。
  6. ^ 別途、au one Marketからのダウンロードにて対応
  7. ^ au one Market「かんたんメニュー」 - KDDI

関連項目[編集]

外部リンク[編集]