Xperia 1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Sony Xperia 1
Xperia 1 Logo.jpg
Sony Xperia 1.png
製造者 ソニーモバイルコミュニケーションズ
キャッチコピー クリエイティビティが覚醒する(Xperia 1)
「こだわり」が、想像を超えていく(Xperia 1 Professional Edition)
シリーズ Xperia
モデル J8110(ヨーロッパ版)
J8170(アメリカ版)
J9110(アジア版)
J9150(Xperia 1 Professional Edition)
SO-03LNTTドコモ版)
SOV40au版)
802SOSoftbank版)
通信方式 4G
3.9G
3G
2G
販売開始日 2019年5月30日 (2年前) (2019-05-30)(J8110)
販売地域 イギリスの旗2019年5月30日 (2年前) (2019-05-30)
ドイツの旗2019年6月5日 (2年前) (2019-06-05)
中華人民共和国の旗2019年6月6日 (2年前) (2019-06-06)
日本の旗2019年6月14日 (2年前) (2019-06-14)(SO-03L、SOV40、802SO)
アメリカ合衆国の旗2019年7月12日 (2年前) (2019-07-12)
マレーシアの旗2019年8月24日 (23か月前) (2019-08-24)
シンガポールの旗2019年8月29日 (23か月前) (2019-08-29)
日本の旗2019年10月25日 (21か月前) (2019-10-25)(J9150)
日本の旗2020年8月28日 (11か月前) (2020-08-28)(J9110)
先代機 Xperia XZ3
後継機 Xperia 1 II
関連機種 Xperia 5
フォームファクタ スマートフォン
サイズ 高さ 167 mm (6.6 in)
横幅 72 mm (2.8 in)
厚さ 8.2 mm (0.32 in)
重量 178 g (6.3 oz)
OS Android 9
Android 11にアップデート可能)
SoC Qualcomm Snapdragon 855
CPU Kryo 485 オクタコア(2.84 GHz + 2.42 GHz + 1.8 GHz)
GPU Adreno 640
メインメモリ 6 GB LPDDR4X
ストレージ UFS 2.1
64 GB(SO-03L、SOV40、802SO)
128 GB(J8110、J8170、J9110、J9150)
メモリーカード microSDXC(最大512GB)
バッテリー 3200 mAh(SO-03L、SOV40、802SO)
3330 mAh(J8110、J8170、J9110、J9150)
リチウムイオン電池(取り外し不可)
USB PD充電対応
入力方式 加速度センサ
指紋認証センサ
GPS
ジャイロスコープ
近接センサ
ディスプレイ 6.5 in (170 mm) 有機EL
4K(3840×1644ピクセル)
シネマワイドディスプレイ
HDR対応
Gorilla Glass 6
背面カメラ 標準:1220万画素、26 mm、F値1.6
超広角:1220万画素、16 mm、F値2.4
望遠:1220万画素、52 mm、F値2.4
前面カメラ 800万画素、F値2.0
サウンド ステレオスピーカー
接続 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)
USB Type-C
Bluetooth 5.0
NFC
その他 防水・防塵(IP65/IP68
Felica(SO-03L、SOV40、802SO)
ワンセグ・フルセグ(SO-03L、SOV40、802SO)
ウェブサイト www.sonymobile.co.jp/xperia/xperia1/(日本語)

Xperia 1(エクスペリア ワン)は、ソニーモバイルコミュニケーションズによって開発された、第4世代移動通信システム対応のAndroid搭載端末である。2019年(平成31年)2月26日にスペイン・バルセロナの携帯電話展示会「MWC2019」にてソニーモバイルコミュニケーションズよりグローバルモデルが発表された。この時点で日本国内での販売も予告されていた。モデル番号はJ8110J8170J9110SO-03LSOV40802SO、並びに特別モデルのXperia 1 Professional EditionことJ9150の7モデルがある。

日本国内ではKDDI沖縄セルラー電話連合(以下・au)とNTTドコモソフトバンクソニーストアから発売されている。

概要[編集]

本機種はXperiaシリーズのフラッグシップモデルとなる。2019年夏の新商品の1つとして発売された。2019年6月以降世界各地にて発売。

21:9比率の世界初4KHDR対応有機ELディスプレイを搭載している。カメラではXperia初のトリプルレンズカメラで標準、望遠、超広角に切り替えることができる。またスマートフォンとしては世界初の瞳AFに対応した。

また、RAM容量に関しても、Xperia XZ3の4GBから6GBに増強されている。

ストレージ容量は国際版並びにらびにXperia 1 Professional Edition(J9150)が128GBであるのに対し、国内キャリア版は64GBとなっている[1]

ボディカラーにはブラック、ホワイト、グレー、パープルの4色を展開しているがキャリアにより展開している色数は異なっている。

Xperia 1 Professional Edition (J9150)[編集]

2019年10月23日、ソニーモバイルコミュニケーションズより特別モデルとなるSIMフリー端末Xperia 1 Professional Edition (J9150)が発表された。ソニーストアより発売される。

Xperia 1 (J9110)[編集]

2020年8月18日、ソニーよりSIMフリー版Xperia 1 (J9110)が発表された。ソニーストアより発売される。

各モデルの主な違いは下記の通り。

NTTドコモ版
(SO-03L)
au版
(SOV40)
ソフトバンク版
(802SO)
Professional Edition
(J9150)
国内SIMフリー版
(J9110)
海外版
(J8110、J8170)
海外版
(J9110)
FeliCa 搭載 搭載 搭載 無し 無し 無し 無し
放送受信機能
(ワンセグ・フルセグ)
搭載 搭載 搭載 無し 無し 無し 無し
ROM 64GB 64GB 64GB 128GB 128GB 128GB 128GB
SIMスロット シングル シングル シングル デュアル デュアル シングル デュアル
カラーバリエーション ブラック
パープル
ブラック
ホワイト
パープル
グレー
ブラック
ホワイト
パープル
ブラック ブラック
パープル
ブラック
ホワイト
パープル
グレー
ブラック
ホワイト
パープル
グレー

歴史[編集]

  • 2019年
    • 2月26日 - スペイン・バルセロナの携帯電話展示会「MWC2019」にてソニーモバイルコミュニケーションズよりグローバルモデルを発表。この時点で日本国内の発売が発表された。
    • 5月10日 - ソフトバンクおよびソニーモバイルコミュニケーションズジャパンよりソフトバンク版(802SO)発表。
    • 5月13日 - KDDI沖縄セルラー電話およびソニーモバイルコミュニケーションズジャパンよりau版(SOV40)発表。
    • 5月16日 - NTTドコモおよびソニーモバイルコミュニケーションズジャパンよりドコモ版(SO-03L)発表。
    • 5月30日 - 日本国外においてグローバルモデルが発売。
    • 6月14日 - 国内キャリア版(SO-03L、SOV40、802SO)発売。
    • 10月23日 - ソニー、ソニーモバイルコミュニケーションズ、およびソニーマーケティングよりXperia 1 Professional Edition(J9150)発表。
    • 10月25日 - Xperia 1 Professional Edition(J9150)発売。
  • 2020年
    • 8月18日 - ソニー、ソニーモバイルコミュニケーションズ、およびソニーマーケティングより国内SIMフリー版(J9110)発表。
    • 8月28日 - 国内SIMフリー版(J9110)発売。

不具合[編集]

カメラの不具合[編集]

カメラアプリで写真の保存に失敗したり、画像が緑色になる不具合がある。ただし、この現象は外付けのmircoSDに起因するものであり、書き込み・読み出し速度の速いmicroSDを用いれば問題ないことが示されている[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 噂:Xperia 1の128GBストレージ、国内キャリア版のみ64GBに半減。有名リーカー報告” (日本語). すまほん!!. 2019年10月19日閲覧。
  2. ^ Xperia 1で使用しているmicroSDカードを交換した”. 週刊アスキー (2019年9月30日). 2019年9月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
Xperia 1
次代:
Xperia 1 II