ギガヘルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギガヘルツ (gigahertz)
電子レンジ
電子レンジ
記号 GHz
国際単位系接頭辞をつけた組立単位
周波数
定義 109Hz
テンプレートを表示

ギガヘルツ (GHz) は国際単位系における周波数単位で、109ヘルツ (Hz) (= 1,000,000,000 Hz)、1000メガヘルツ (MHz)、0.001テラヘルツ (THz) に相当する。1ギガヘルツの1周期は10−9=1ナノ秒 (ns) となる。

電磁波におけるギガヘルツ[編集]

ギガヘルツ帯の電波は非常に直進性が高く見通し距離外へは届きにくい。ギガヘルツ帯の電波は携帯電話電子レンジレーダー無線LAN等に利用されている。

無線通信の専門家は、周波数帯に以下のような名称をつけている。

  • Lバンド 1–2GHz
  • Sバンド 2–4GHz
  • Cバンド 4–8GHz
  • Xバンド 8–12GHz
  • Kuバンド 12–18GHz
  • Kバンド 18–27GHz
  • Kaバンド 27–40GHz
  • Vバンド 40–75GHz
  • Wバンド 75–110GHz

コンピュータにおけるギガヘルツ[編集]

2000年に、インテルAMDなどのCPUベンダ各社は、1ギガヘルツを超えるクロック周波数で動作するデスクトップPC向けマイクロプロセッサを発表した(ただし、1999年には既にオーバークロックによって1ギガヘルツを超える動作をしている[1][2])。CPUベンダ各社は、ギガヘルツの壁の突破を主題とした大々的なマーケティングキャンペーンを行った。

やがて市場はローエンドPCでもほぼ1ギガヘルツ以上のプロセッサで占められるようになったが、一方で上位プロセッサは4ギガヘルツ以上へのクロック向上が思うように進まなくなり、各社はマルチコア化などの手法でクロックあたりの性能を高める方向に転換した。少なくとも2008年頃には一般に市販されているマイクロプロセッサの多くは、1.6ギガヘルツから3.2ギガヘルツのクロック周波数で動作するものが中心となっている。ただし、この頃は低消費電力が要求されるネットブック向けにIntel A100のような1ギガヘルツを下回るプロセッサも依然としてWindows用途に出荷されていた。

2012年頃からは技術の向上で定格クロックが4ギガヘルツを超えるPC向けプロセッサも登場するようになった[3]。その一方で、従来ハイエンド向けだったマルチコア技術がローエンドでも使われるようになり、性能を維持したままクロックを下げられるようになった。C-60Celeron 847、VIA Nanoの一部などは消費電力低減を目的として、Windows PC用途としてはぎりぎり(1.0–1.2ギガヘルツ程度)までクロックが下げられているにもかかわらず、ネットブックのみならず自作PC用マザーボードや中型以上のノートPCにも採用されている。結果的にPCで使われるプロセッサの動作クロック範囲は、以前よりやや幅広くなってきている。

Windowsの動作要件としての1ギガヘルツ[編集]

クライアント向けWindowsの動作要件としても「1GHz以上のプロセッサ」という条件が常態化している。2006年に登場したWindows Vistaは2種類の動作要件を用いており、基本的な動作のみ保証する「Windows Vista Capable」では800MHz以上のプロセッサとされたが、全ての機能を保証する「Windows Vista Premium Ready」で定義された「1GHz以上」が実質的な最低ラインとなった。実際、Vistaよりも軽快と言われるWindows 7 - 10ですら、「1GHz以上のプロセッサ」が動作要件となっている。2011年にVistaのOEM販売が終了して以降は、現行で一般販売されているPC向けのWindowsがいずれも1ギガヘルツ以上で動作するプロセッサを動作要件とするようになってしまい、1ギガヘルツに満たないプロセッサは一般的なWindows用途のPC向け製品としては意味を持たなくなってしまったかに見えた。むろんWindowsでない小型タブレット端末の一部や、FreeDOSなどの特殊用途PC[4]などでは1ギガヘルツに満たないプロセッサも存在した。

ところが2014年ごろになると通常クロックが1GHzを下回るプロセッサも平然とWindows PCに採用されるようになっており、例えばモバイル(パッド型)やNUC向けのWindows PCで採用されている省電力プロセッサ「Core M-5Y10」は、通常クロックが800MHzしかない(ただしターボブースト時のみ2GHz)。こうしたCPUが開発されている理由として、低クロックであっても技術の進歩により以前の(1GHz以上の)CPUよりも高い性能を実現したことが挙げられており[5]、もはや「Windowsの動作要件としての1HGz」は有名無実のルールとして事実上無視されていることが分かる。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Weekly News & Update”. AKIBA PC Hotline! (1999年11月6日). 2013年3月12日閲覧。
  2. ^ PC EXPO 展示会場レポート”. PC Watch (1999年6月25日). 2013年3月12日閲覧。
  3. ^ AMD、ベース4.2GHz駆動の「FX-4170」を24日に発売”. PC Watch (2012年3月23日). 2013年3月12日閲覧。
  4. ^ 煙草箱サイズの超小型PCが来週登場、「プログラミングを楽しむPC」BASICやアセンブラを「CPU内蔵」で搭載、x86系”. AKIBA PC Hotline! (2012年1月13日). 2013年3月12日閲覧。
  5. ^ 「Let'snote RZ4」で“Core M”の性能を試す (3/3)”. ITmedia (2014年10月2日). 2015年9月10日閲覧。

関連項目[編集]