Kryo (マイクロアーキテクチャ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Kryo
生産時期 2015年から
CPU周波数 1.36 GHz から 2.96 GHz
プロセスルール 7nm から 14nm
命令セット ARMv8-A
コア数 2+2/4+4/2+6/1+3+4
テンプレートを表示

Kryo(クライオ)は、ARMv8-A 64ビット命令セットを実装し、Kraitコア(32ビット命令セット)の後継として機能する一連のマイクロアーキテクチャQualcommによって設計される。

Kryo[編集]

2015年9月に初めて発表され、サムスンの14 FinFETプロセスで製造されたSnapdragon 820 SoCに使用された[1] 。Kyroコアは、異なるクロック周波数で動作するbig.LITTLE構成の2つのデュアルコアクラスタ(Snapdragon 820および821の場合)の両方の部分で使用できる。

概観[編集]

Kryo 280[編集]

このマイクロアーキテクチャの新世代「Kryo 280」は、2016年11月にSnapdragon 835チップセットと共に発表された[3] 。Kryo 280 CPUコアは、オリジナルのKryoの派生物ではなく、むしろARMのCortex-A73をセミカスタムした派生品である[4][5] 。新しいコアは、クロックあたりの実行命令整数を向上させる(+17%)一方で、元のKryoに比べて浮動小数点演算でのパフォーマンスを低下(-32%)させる。

Kryo 385[編集]

2017年12月にSnapdragon 845 SoCと共に発表された。高性能コア"Gold"(Cortex-A75派生)と電力効率コア"Silver"(Cortex-A55派生)があり、Snapdragon 845はbig.LITTLEアーキテクチャとしてGold 4コア/L2キャッシュ1MB、Silver 4コア/L2キャッシュ0.5MB、システム共有キャッシュ2MBから構成される。QualcommはSnapdragon 835よりも性能が高性能コアで25-30%、電力効率コアで15%向上するとしている。

脚注[編集]

  1. ^ "Qualcomm Announces Kryo CPU Details: Quad Core 2.2 GHz, 14nm FinFET". AnandTech. 2015-09-02.
  2. ^ http://www.anandtech.com/show/9837/snapdragon-820-preview/2
  3. ^ "Get small, go big: Meet the next-gen Snapdragon 835". Qualcomm. 2016-11-17.
  4. ^ Apple A10 Fusionを上回る性能を発揮するSnapdragon 835の詳細とその実力
  5. ^ Hummrick, Matt; Smith, Ryan (2017年3月22日). “The Qualcomm Snapdragon 835 Performance Preview”. Anandtech. http://www.anandtech.com/show/11201/qualcomm-snapdragon-835-performance-preview 2017年3月22日閲覧。 

関連項目[編集]