SoftBank 931P

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソフトバンクモバイル 931P
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 パナソニック モバイルコミュニケーションズ
発売日 2009年7月3日
概要
OS Linux
CPU UniPhier4MBB+
音声通信方式 SoftBank 3GW-CDMA)・GSM
(2.0GHz 3G/900MHz・1800MHz・1900MHz (GSM))
データ通信方式 HSDPA
形状 折りたたみ・Wオープン式
サイズ 108 × 50 × 18.5 mm
質量 128 g
連続通話時間 約220分(日本国内)
約240分(GSM)
連続待受時間 約650時間(日本国内・静止時)
約390時間(GSM)
充電時間 約130分
外部メモリ microSD(最大2GB、公式)
microSDHC(最大16GB、公式)
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth Ver 2.0
放送受信機能 ワンセグ放送対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 フルワイドVGA
(480×854ドット
サイズ 3.1インチ
表示色数 約26万2144色
サブディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 ワイドQVGA
240×427ドット
サイズ 2.0インチ
表示色数 約26万2144色
メインカメラ
画素数・方式 811万画素CMOS
機能 AF
6軸手振れ補正
顔認識
サブカメラ
画素数・方式 33万画素CMOS
カラーバリエーション
ブラック
ホワイト
ピンク
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

SoftBank 931Pソフトバンク きゅう さん いち ピー)は、パナソニック モバイルコミュニケーションズによって開発された、ソフトバンクモバイル第三世代携帯電話 (SoftBank 3GW-CDMA方式) 端末である。

特徴[編集]

2009年夏モデルとして登場した、ソフトバンクモバイル向け4代目VIERAケータイ

docomo向けのP-07Aとは兄弟機であるため仕様が似ており、背面に2.0インチでワイドQVGAの大型サブディスプレイを搭載している。このサブディスプレイでは、メールを読んだり、撮影した動画などを再生する事ができる。

また、メインカメラには、約811万画素CMOSカメラを搭載。ソフトバンク向けVIERAケータイでは920P以来のLEDフラッシュや新たにLUMIXに搭載されている自動シーン認識(おまかせiA)に対応している。また、前述のサブディスプレイを撮影時のファインダーとして利用し、端末を閉じたままで撮影する事ができる。

ワンセグ関連では、表示コントラストが10000:1に向上したほか、「モバイルWスピード」による表示が、60fpsに向上している。 またP-07Aと同様に9xxPシリーズVIERAケータイとしては平型イヤホンジャックが廃止され、充電・通信コネクタ(外部接続端子)に接続するアダプタが必要となった

主な機能・サービス[編集]

主な対応サービス
S!一斉トーク S!ともだち状況 Yahoo!mocoa
S!ループ S!タウン S!速報ニュース
PCサイトブラウザ 電子コミック S!アプリ(メガアプリ、
リアル3Dゲーム)
着うたフル/着うた デコレメール S!電話帳バックアップ
S!FeliCa ミュージックプレイヤー S!GPSナビ
コンテンツおすすめメール TVコール 国際ローミング
ワンセグ 3G ハイスピード S!おなじみ操作

歴史[編集]

不具合[編集]

  • 2010年3月31日以下の不具合を修正するソフトウェアの更新がなされた。
  • 海外(GSMエリア)でエリア内にも関わらず圏外状態のままとなる場合がある。
  • 2010年8月5日以下の不具合を修正するソフトウェアの更新がなされた。
  • モバイルSuicaアプリが起動できない場合がある
  • 2012年3月27日に以下の不具合を修正するソフトウェアの更新がなされた。
  • ネットワークの状況などにより、コンテンツのダウンロードに失敗してしまう場合がある。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]


脚注[編集]