SoftBank 931N

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソフトバンクモバイル 931N
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 日本電気
発売日 2009年11月27日
概要
OS Linux
CPU M2
音声通信方式 SoftBank 3GW-CDMA)・GSM
(2.0GHz 3G/900MHz・1800MHz・1900MHz (GSM))
データ通信方式 HSDPA
IEEE 802.11b/g
形状 リボルバー・サイクロイド式
サイズ 113 × 50 × 18.6 mm
質量 約139 g
連続通話時間 約200分(日本国内・静止時)
約190分(GSM)
連続待受時間 約560時間(日本国内・静止時)
約280時間(GSM)
充電時間 130分
外部メモリ microSD(2GBまで)

microSDHC(16GBまで)

日本語入力 T9
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth Ver 2.0
放送受信機能 ワンセグ対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 WVGA+
(480×854ドット
サイズ 約3.2インチ
表示色数 約26万2144色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約810万画素CMOS
機能 AF
6軸手ぶれ補正
顔認識
サブカメラ
画素数・方式 33万画素CMOS
機能 なし
カラーバリエーション
ブラック
ホワイト
チタンシルバー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

SoftBank 931Nソフトバンク きゅう さん いち エヌ)は、日本電気(NEC[1])が開発、製造したソフトバンクモバイル第3世代携帯電話SoftBank 3GW-CDMA方式)端末である。

特徴[編集]

ソフトバンク初リボルバー・サイクロイド式端末で、またケータイWi-Fi対応初の端末でもある。同日発表のNTTドコモN-06Aとデザイン(メインカメラ周辺部除く)、ハードウェアソフトウェアなどに非常に多くの共通点がある。

以前からNTTドコモ向けの端末に搭載されてきたニューロポインターを、ソフトバンク端末としては初めて搭載した。SoftBank 930N同様、3.2インチフルワイドVGA液晶、約810万画素CMOS搭載のメインカメラ、GPSを装備し、GSMローミングに対応している。

当初は2009年8月下旬発売予定だったが、サービス準備が遅れたため11月下旬の発売となった。また、ソフトバンク初のケータイWi-Fi対応端末の発売もSoftBank 940SHとなってしまった。

主な機能・サービス[編集]

主な対応サービス
S!速報ニュース
(おためしコンテンツ)
S!情報チャンネル
(3Gお天気アイコン)
S!FeliCa
PCサイトブラウザ
電子コミック
S!アプリ
(メガアプリ)
着うたフル着うた
デコレメール
(マイ絵文字)
S!電話帳バックアップ PCメール
コンテンツおすすめメール TVコール 世界対応ケータイ
S!GPSナビ デルモジ表示 ワンセグ
3Gハイスピード
(下り7.2Mbps対応)
S!おなじみ操作 ダブルナンバー
着デコ きせかえアレンジ
(カスタムスクリーン)
ケータイWi-Fi
安心遠隔ロック モバイルウィジェット

[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]