SoftBank 941P

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソフトバンクモバイル 941P
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 パナソニックモバイルコミュニケーションズ
発売日 2010年2月11日
概要
OS Linux
音声通信方式 SoftBank 3GGSM
(2.0GHz(W-CDMA)
900/1800/1900MHz(GSM))
データ通信方式 HSDPA
下り最大7.2Mbps
IEEE 802.11b/g
形状 折りたたみ式
(Wオープン)
サイズ 111 × 50 × 17.9 mm
質量 135 g
連続通話時間 220分(日本国内・W-CDMA)
230分(GSM)
連続待受時間 650時間(日本国内・W-CDMA)
370時間(GSM)
充電時間 130分
外部メモリ microSD(2GBまで)
microSDHC(16GBまで)
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり (IrDA.1.1)
Bluetooth あり(Ver.2.0)
放送受信機能 ワンセグ
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 FWVGA
(480×854ドット
サイズ 3.3インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度 128×36ドット
サイズ 0.9インチ
表示色数 白1色
メインカメラ
画素数・方式 811万画素CMOS
機能 AF
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ベルビンカブルー
ホワイト
ブラック
ゴールド
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

SoftBank 941P(ソフトバンク941P)は、パナソニックモバイルコミュニケーションズが開発し、ソフトバンクモバイルが販売するW-CDMA通信方式の携帯電話端末である。

特徴[編集]

931Pの後継機種であり、ソフトバンクモバイル向けでは、6代目となるVIERAケータイNTTドコモ向けのP-01Bと兄弟機種であるため、ほぼ同じような機能を持つ。

ヒンジ構造を変更したことにより、ヨコオープン時のキー操作の改善及びディスプレイの大画面化を実現した。またそれに加え、従来モデルにあったロックレバーが廃止された。931Pに搭載された2WAYキーは採用されず、新たにタッチパッドをテンキー部分に搭載した。

P-01Bとは異なり、Wi-Fi通信に対応している。

なお、P-01Bにはインカメラがあるが941Pには搭載はされていない。

主な機能・サービス[編集]

不具合[編集]

2010年2月12日に以下の不具合を修正するソフトウェアの更新がなされた。

  • ごくまれにWi-Fiのアクセスポイント接続できない不具合

2010年5月28日に以下の不具合を修正するソフトウェアの更新がなされた。

  • ワンセグ視聴中に受信したメールを閲覧するとまれに電源リセットが発生する場合がある。
  • 海外(GSMエリア)でエリア内にも関わらず圏外状態のままとなる場合がある。

2012年3月27日に以下の不具合を修正するソフトウェアの更新がなされた。

  • ネットワークの状況などにより、コンテンツのダウンロードに失敗してしまう場合がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]