WIN HIGH SPEED

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

WIN HIGH SPEED(ウィン ハイスピード)は、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話第3.5世代携帯電話 (3.5G)サービスの内、下り9.2Mbps/上り5.5Mbps(一部地域は下り6.1Mbps/上り3.6Mbps)に対応したサービス。2010年(平成22年)11月5日に同サービスに対応した音声端末のX-RAY(CDMA TSX06)、およびBRAVIA Phone S005(CDMA SO005)の発売に併せてサービスを開始した[1]

概要[編集]

auの従来のデータ通信方式であるCDMA2000 1xEV-DO Rev.A(PacketWIN Phase-II、下り3.1Mbps/上り1.8Mbps)を最大3本束ねる事により高速化し、最大下り9.2Mbps/上り5.5Mbpsを実現したCDMA2000 1xEV-DO MC-Rev.ACDMA2000 1xEV-DO Rev.B Phase-I)によるサービスであり、利用するためには対応端末が必要となる。

サービスエリア[編集]

従来のauエリアの内、複数波の運用がされている基地局においてEV-DO MC-Rev.A(EV-DO Rev.B Phase-I)への対応がされしだい利用可能となり、非対応エリアでも従来のEV-DO Rev.A方式等で接続する事も可能。そのため、通信可能なエリアは従来と同様である。

また、エリアによって運用されている回線数が違うため、EV-DO MC-Rev.A(EV-DO Rev.B Phase-I)で接続が可能な場合でも2本分(下り6.2Mbps/上り3.6Mbps)の通信速度となる場合がある。

料金[編集]

料金体系は従来のWINサービス(のちのau 3Gサービス)と同じで、WIN HIGH SPEEDを利用した事による追加料金は発生しない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]