KYL21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京セラ > DIGNO > KYL21
au DIGNO S KYL21
キャリア au
製造 京セラ
発売日 2012年11月9日以降順次発売
概要
OS Android 4.0
CPU Qualcomm Snapdragon S4
MSM8960 1.5GHz デュアルコア
音声通信方式 3G:CDMA2000 1xMC
CDMA 1X
(新800MHz/2GHz)
W-CDMA
(850MHz/2GHz)
2G:GSM
(1.9GHz/1.8GHz/900MHz)
データ通信方式 3.9G: FDD-LTE
au 4G LTE
(新800MHz/1.5GHz)
3.5G:CDMA2000 1xEV-DO MC-Rev.A
WIN HIGH SPEED
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A/Rel.0
CDMA 1X WIN
(Packet WIN)
UMTS
W-CDMA
3G:CDMA2000 1xMC
(CDMA 1X)
(Packet 1X)
その他:無線LAN
(IEEE 802.11a/b/g/n 5GHz/2.4GHz)
形状 ストレート
(防水・防塵対応)
サイズ 134 × 66 × 10.8 mm
質量 約157 g
連続通話時間 約1,110分
連続待受時間 約720時間(3G)
約580時間(LTE)
充電時間 約120分(同梱の専用アダプタ、専用卓上ホルダ使用時)
内部メモリ RAM・1GB
ROM・16GB
外部メモリ microSD
(最大2GB・KDDI公表)
microSDHC
(最大32GB・KDDI公表)
microSDXC
(最大64GB・KDDI公表)
日本語入力 iWnn IME
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり(IrDA)
Bluetooth 4.0 [1]
放送受信機能 ワンセグ対応
備考 1. バッテリー容量:2,520mAh
2. Wi-Fiテザリングに対応
(最大10台まで)
3. 製造国:日本の旗 日本
4. SAR値:0.762W/kg[2]
5. 付属品として充電用卓上ホルダが同梱
6. 防水対応の3.5mmステレオイヤホンヘッドホン)ジャックが標準装備
7. MHLに対応
メインディスプレイ
方式 TFT
解像度 HD
(720×1280ドット)
(320dpi
サイズ 4.7インチ
表示色数 16,777,216色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約808万画素CMOS
機能 オートフォーカス
フルハイビジョン動画撮影
サブカメラ
画素数・方式 約120万画素CMOS
カラーバリエーション
ホワイト(White)
ブラック(Black)
ピンク(Pink)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

DIGNO S KYL21(ディグノ エス ケーワイエル ニイチ)は、京セラによって日本国内向けに開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN、および第3.9世代移動通信システムau 4G LTE)対応スマートフォンである。

概要[編集]

DIGNO ISW11K(KYI11)の後継機種で、au 4G LTEに対応したモデルである。2012年夏モデルのURBANO PROGRESSO(KYY04)、および簡単ケータイ K012(KY012・フィーチャーフォン)同様、スマートソニックレシーバーが搭載されており、電話機としての利便性も向上させている。

また、本機の最大の特徴として既存のauスマートフォンとしては最大容量を有する2,520mAhのバッテリーが採用されている。そのため、連続通話時間は約1,110分、連続待受時間は3G時約720時間、LTE時約580時間と、既存のau音声端末中、2012年10月時点で歴代最長の数値を達成している。

同梱品の卓上ホルダを利用すれば、30分でフル充電の約50%まで、1時間で約80%まで高速に充電する事ができる。

このほかにも、同社製のスマートフォンとしては初めてNFCに対応しており、更に独自機能として「すぐ文字」のほかにユーザーが自ら喋る事でメールやメモなどをWeb検索画面で日本語を音声認識で入力する事ができる「すぐごえ」機能を新たに搭載している。

DIGNOシリーズではそれまで搭載されていなかったイヤホンジャックが今機種で採用された。

沿革[編集]

  • 2012年(平成24年)10月1日 - 連邦通信委員会(FCC)を通過[3]
  • 2012年10月17日 - KDDI、および京セラより公式発表。当初の発売予定日は11月2日。
  • 2012年11月1日 - 部品の破損している製品があったとされ、11月2日の発売予定を延期[4]
  • 2012年11月9日 - 関東・関西・沖縄地区にて先行発売。
  • 2012年11月16日 - 上記以外の残りの地区にて発売。
  • 2012年11月20日 - 最初のケータイアップデートを実施。

プリインストールアプリケーション[編集]

  • Skype
  • Friends Note
  • Foursquare
  • きせかえtouch
  • au Smart Sports Run&Walk
  • au Smart Sports Karada Manager
  • au Smart Sports Fitness
  • au one GREE
  • au one Brand Garden
  • au one ショッピングモール
  • au one モバオク
  • au one ナビウォーク
  • au one 助手席ナビ
  • au one ニュースEX
  • じぶん銀行
  • Twitter for Android
  • すぐ文字
  • すぐこえ
  • うたパス
  • ビデオパス

など

その他機能[編集]

※PC向けWebブラウザが標準装備されている。携帯向けサイト(EZWeb)は他のスマートフォンやPCと同じく閲覧不可。

主な機能・対応サービス
auウィジェット
Webブラウザ
LISMO!
for Android
[5]
メディアプレイヤー[6]
LISMO WAVE
おサイフケータイ
NFC
ワンセグ
DLNA/DTCP-IP
au one メール
PCメール
Gmail
EZwebメール[7]
デコレーションメール
デコレーションアニメ[8]
Skype au PCドキュメント[9]
au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
ゴルフ(web版)
Fitness、歩数計
GPS
方位計
au oneナビウォーク
au one助手席ナビ
au one ニュースEX
au one GREE
じぶん銀行 緊急速報メール Bluetooth[1] 無線LAN機能
(Wi-Fi)
赤外線通信
(IrDA)
WIN HIGH SPEED
au 4G LTE
グローバルパスポート auフェムトセル
microSD
microSDHC
microSDXC
モーションセンサー(6軸) 防水
防塵
簡易留守録
着信拒否設定

ケータイアップデート[編集]

2012年11月20日のケータイアップデート[10]
  • 省電力モードを解除すると再起動する場合がある不具合を修正する。
2013年4月10日のケータイアップデート[11]
  • 起動画面で再起動を繰り返す場合がある不具合を修正する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Bluetoothの対応プロファイル SPP A2DP AVRCP(Ver1.3) HSP HFP OPP PBAP HID PXP DUN
  2. ^ au電話の比吸収率について > DIGNO S KYL21 - au(KDDI) 2012年11月9日閲覧
  3. ^ [1]
  4. ^ 「DIGNO S」の発売延期について
  5. ^ 過去にCD等からPC上のLISMO Portへ取込んだ楽曲のISシリーズ端末への転送、及び、過去に同電話番号のLISMO対応au携帯電話で購入した着うたフル着うたフルプラス、ビデオクリップのLISMO Portでのバックアップ&ISシリーズ端末への転送は、LISMO Port 4.4以降が必要となる。このほか携帯のmicroSDからの差し替えやMP3やMP4などにも対応している。
  6. ^ USB接続のMTPモードにすることによりWindows標準のWindows Media PlayerからWMAでの転送にも対応。ただしWMAはあらかじめインストールされているメディアプレイヤーかLISMO以外のプレイヤーアプリで対応。
  7. ^ ただし無線LANの環境では利用不可となる。
  8. ^ デコレーションアニメの送信は非対応だが、IS端末で受信した場合はflashファイルで添付ファイルとして受信される。
  9. ^ プリインストールアプリのDocuments To Goで対応。Word、Excel閲覧。PDF閲覧、Word編集、Excel編集は有料版を購入。
  10. ^ DIGNO S KYL21 アップデート情報 | au - 2012年11月20日
  11. ^ DIGNO S KYL21 アップデート情報 | au - 2013年4月10日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]