日本HP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 日本HP
HP Japan Inc.
HP logo 2012.svg
種類 株式会社
略称 日本HP
本社所在地 日本の旗 日本
136-8711
東京都江東区大島二丁目2番1号
設立 2014年平成26年)12月
業種 情報・通信業
事業内容 PCおよびプリンティング事業
代表者 岡隆史(代表取締役社長執行役員
資本金 5億円
決算期 10月末日
主要株主 Hewleet-Packard Companyアメリカ) 100%[1]
外部リンク www8.hp.com/jp/ja/home.html
特記事項:日本ヒューレット・パッカード株式会社より2015年8月1日付で会社分割により事業継承。
テンプレートを表示

株式会社 日本HP(にほんエイチピー)は、PCプリンタースマートフォン等の製造・販売を主とする日本のコンピュータ関連企業。

2015年に親会社であるヒューレット・パッカード(Hewlett-Packard Company)が分社、二つのHP Inc.HPI)とヒューレット・パッカード・エンタープライズ (Hewlett Packard Enterprise, HPE)として誕生したことに伴い設立された、PC・プリンティング事業を継承するHPIの日本法人である。

沿革[編集]

以前の沿革は日本ヒューレット・パッカードを参照。

概要[編集]

法人向けの業務用PC、プリンター、大判プリンター、商業・産業用プリンターに強みを持つが、家庭向けの小型ノートPCやタブレット、小型インクジェットプリンターなども含め幅広いラインナップを揃えている。

東京の本社の他、大阪、名古屋、福岡に主要拠点を持つ。

COMPAQの日本法人から引き継いだ直販サイト・Directplusを運営している。

特徴[編集]

外資系企業であるが一部製品を国内で生産する「東京生産・MADE IN TOKYO」を特徴としている。輸送コストや輸送時における衝撃、振動による故障トラブルの軽減のためにデスクトップパソコンワークステーションノートパソコンに関しては日野工場(東京都日野市)で生産しており、「MADE IN TOKYO」のラベルが製品に付けられている。元は1999年に旧コンパックがあきる野市(旧日本DEC)にて国内生産を開始し、HPとの合併後に昭島市へとラインを移した。HPIとHPEの分社後も引き続きラインが存在していたが、後に日野へ移転した。

2002年に個人向けPCの店頭販売から撤退していたが、2008年5月から再開している。

主な製品[編集]

PC(パーソナル・コンピュータ)[編集]

  • デスクトップPC
    • HP EliteDesk
    • HP ProDesk
    • HP Pavilion
    • HP ENVY
  • ノートブックPC
    • HP Omen
    • HP Pavilion
    • HP Stream
    • HP ENVY
  • タブレット
    • HP ElitePad
    • HP Pro Tablet
    • HP Slate (Android)
    • HP Pavilion x2
  • シンクライアント
  • PC周辺機器
    • モニター

スマートフォン/ファブレット[編集]

プリンティング(プリンター)[編集]

  • カラーインクジェットプリンター
    • HP Officejet
    • HP ENVY
  • 大判プリンター
    • HP DesignJetプリンター
    • HP Latexプリンター
  • 商業用&産業用プリンター
    • Scitexプリンター
    • Indigoデジタル印刷機
  • 3Dプリンター
    • HP Jet Fusion 3D
  • レーザープリンター
  • デジタル印刷機
  • プリンターサプライ品(用紙、インクカートリッジ)

脚注[編集]

  1. ^ 親会社の Hewleet-Packard Company が分社となる2015年11月以降はHP Inc.の子会社となる予定。
  2. ^ 新会社設立と事業承継について”. 日本ヒューレット・パッカード株式会社. 2015年8月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]