C3001H

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
au C3001H
キャリア au
製造 日立製作所
発売日 2001年12月1日
概要
音声通信方式 cdmaOne
800MHz[1]
形状 ストレート式
サイズ 130 × 44 × 24 mm
質量 86 g
連続通話時間 約200分
連続待受時間 約220時間
充電時間 約100分
外部メモリ なし
日本語入力 ATOK
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFD
解像度 120×162ドット
サイズ
表示色数 4096色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
レッド
(Red)
シルバー
(Silver)
ブラック
(Black)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

C3001H(シーサンゼロゼロイチエイチ)は、日立製作所(現・NECカシオ モバイルコミュニケーションズ)が開発・製造し、auブランドを展開するKDDI、および沖縄セルラー電話から発売されていた第二世代携帯電話(cdmaOne)である。

概要[編集]

出典: (1)

C451Hをベースに新たにGPSを搭載した機種である。

GPS機能は、auの2001年冬モデルにおいて唯一「ココセコムEZ」に対応しているほか、位置情報測定の履歴やアドレス帳に登録された位置情報から相対位置を計算する「簡易ナビゲーション」機能も搭載している。

なお、ezmovieには非対応である。

ちなみに、本機種からW32Hまでの日立製端末の着信メロディは「この木なんの木」ではなく「世界・ふしぎ発見!」が内蔵されている。

沿革[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2012年7月23日より利用不可