S004

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au BRAVIA Phone S004
(SO004)
キャリア au
製造 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
発売日 2010年5月28日
概要
OS KCP3.0
(Brew MP)
CPU Qualcomm
Snapdragon S1
QSD8650 1GHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
CDMA2000 1xMC
(800MHz/2GHz/新800MHz)
データ通信方式 CDMA 1X WIN
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A
形状 防水デュアルオープン
サイズ 111 × 51 × 18 mm
質量 約145 g
連続通話時間 約210分
連続待受時間 約260時間
外部メモリ microSD
(最大2GB)
microSDHC
(最大16GB)
(au Wi-Fi WINカード使用中は使用不可)
日本語入力 POBox Pro 4.0E +
iWnn
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり(IrDA対応)
Bluetooth あり
放送受信機能 ワンセグ対応
備考 1. microSDカードスロットはmicroSDIO対応
2. SAR値:0.85W/kg
3. 製造国:日本の旗 日本
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 ワイドVGA+
(480×854ドット
サイズ 3.2インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度 128×36
サイズ 0.9インチ
表示色数 1色
メインカメラ
画素数・方式 約808万画素CMOS
機能 AF
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
プラチナホワイト
(Platinum White)
スターダストピンク
(Stardust Pink)
オニキスブラック
(Onyx Black)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

BRAVIA Phone S004(ぶらびあふぉん えすぜろぜろよん)は、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現:ソニーモバイルコミュニケーションズ)が日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN対応携帯電話である。製造型番はSO004(えすおー ぜろぜろよん)。

特徴[編集]

同キャリア向け「BRAVIA Phone」シリーズの第2弾にあたる端末。

チップセットにはクアルコム社製のSnapdragon S1(QSD8650・クロック周波数1GHz)を採用しており、従来のKCP+端末の約2.6倍の処理速度[1]を実現している。

プラットフォームには上記の通り、Brew MPをベースにSnapdragon用に最適化されたKCP3.0が用いられている。

また、Wi-Fi WINに対応しており、別売りの無線LANカード(microSDIOカード)を装着することにより利用可能となる。


不具合[編集]

2010年6月22日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた[2]

  • 音声通話時に、相手の声が音割れする。
  • 簡易留守メモと通話音声メモの録音再生時に音割れする。

2010年8月5日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた。[3]

  • EZニュースEX等の受信開始時に、移動等により基地局が切り替わると、リセットする場合がある。
  • 卓上ホルダで充電完了後、外部接続端子にアダプタを接続して充電すると、充電されない場合がある。
  • 「充電してください」の表示後、充電を開始しても電源OFFになる場合がある。

※本機を所有しているユーザーは、受信した「auからのお知らせ」から画面のガイダンスに従って新しいソフトウェアに更新することができる。また、待受時にメインメニューから「5811」を押し、手動で更新することも可能である。なお、ケータイアップデートの所要時間は最大で約15分かかる。

沿革[編集]

  • 2010年(平成22年)5月17日 - KDDI、およびソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズより公式発表。
  • 2010年5月26日 - 連邦通信委員会(FCC)を通過。
  • 2010年5月28日 - 中部・関西・沖縄地区で発売。
  • 2010年6月4日 - 上記以外の残りの地区で発売。
  • 2012年(平成24年)7月22日 - L800MHz(旧800MHz帯・CDMA Banclass 3)帯エリアによる音声・通信サービスの停波によりそれ以降はN800MHz(新800MHz帯・CDMA Bandclass 0 Subclass 2)帯エリアおよび2GHz(CDMA Bandclass 6)帯エリアの各音声・通信サービスで利用する事となる。
  • 2014年(平成26年)6月30日 - Wi-Fi WINのサービス終了(予定)[4]


主な機能・サービス[編集]

主な対応サービス
LISMO!
(着うたフル)
(着うたフルプラス)
(LISMOビデオクリップ)
(LISMO Video)
(LISMO Book)
EZケータイアレンジ
ティーンズモード
バーコードリーダー&メーカー PCサイトビューアー
Bluetooth
ワイヤレスミュージック
au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
ゴルフ
フイットネス
カロリーカウンター
EZナビウォーク EZ助手席ナビ
安心ナビ 災害時ナビ ナカチェン EZアプリ FullGame!
Bluetooth対戦
EZアプリ(BREW)[5] オープンアプリプレイヤー PCドキュメントビューアー アレンジメニュー
au oneガジェット
マルチプレイウィンドウ
クイックアクセスメニュー
じぶん銀行アプリ EZ FM EZチャンネル
EZチャンネルプラス
EZニュースEX
Touch Message EZFeliCa ケータイ de PCメール デコレーションメール
デコレーションアニメ au one メール 緊急通報位置通知 ワンセグ
BDレコーダーワンセグ転送
シャープ製・ソニー製対応)
グローバルパスポート
(CDMA・GSM)
赤外線通信 (IrDA) 無線LAN
(別途、au Wi-Fi WINカードが必要)
auフェムトセル

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 同東芝製のau端末biblio(TSY01)比。
  2. ^ ケータイアップデートのお知らせ『au携帯電話「BRAVIA® Phone S004」の「ケータイアップデート」についてのお知らせ』 - KDDI(2010年6月22日)
  3. ^ au携帯電話「S004」「T004」の「ケータイアップデート」についてのお知らせ KDDI
  4. ^ 〈お知らせ〉 「Wi-Fi WIN」のサービス終了について - KDDI 2013年10月18日
  5. ^ お試し版として『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』などがプリセットされる。

外部リンク[編集]