E06SH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au ビジネスケータイ E06SH
キャリア au
製造 シャープ
発売日 2009年8月5日
概要
OS KCP+(統括用OS)
CPU Qualcomm MSM7500
600MHz
音声通信方式 CDMA 1X
CDMA2000 1xRTT
(800MHz[1]/新800MHz/2GHz)
データ通信方式 CDMA 1X WIN
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A
形状 ストレート式
サイズ 138 × 48 × 21(最厚部37) mm
質量 約160 g
連続通話時間 約480分
連続待受時間 約530時間
(移動と静止の組合せ)
外部メモリ microSD(2GB)
日本語入力 ケータイShoin7
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり(IrSimple対応)
Bluetooth あり
放送受信機能 なし
備考 1. 大型のバーコードリーダーを装備
2. 法人専用端末のため一般ユーザーは入手することができない
3. SAR値:0.816W/Kg
メインディスプレイ
方式 新モバイルASV液晶
解像度 ワイドQVGA
(240×320ドット
サイズ 2.6インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約203万画素CMOS
機能 AF
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
シルバー
(Silver)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ビジネスケータイ E06SH(-いー ぜろろく えすえいち)は、シャープが日本国内向けに開発したauブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN対応音声用端末である。

概要[編集]

同時発表されたE05SHを元にSDIOインターフェイスFelicaポートを省略し、代わりに大型のバーコードリーダーを搭載した法人専用機種。バーコードリーダーにレーザーを使用しているため、消費生活用製品安全法に基づく特別特定製品(携帯用レーザー応用装置)に該当する。本機種を業務用途で使用することを証明する端末使用者証明書を提出し、経済産業省の認可がなければ購入できない。また、本機種はグローバルパスポートCDMAに対応しているが、海外への持ち込みについても相手国の規制がかかる。

主な機能・サービス[編集]

  • バーコードリーダー
  • IPX5/IPX7相当の防水機能
  • KDDI Business Outlook
  • ビジネス便利パック
  • GPS MAP
  • ケータイオフィス
  • Business EZ
  • KDDI ビジネスコールダイレクト
主な対応サービス
au LISTEN MOBILE SERVICE LISMOビデオクリップ LISMO Video EZ「着うた着うたミニ
(ハイクオリティステレオ(HE-AAC)対応)
EZ「着うたフル」
EZ「着うたフルプラス」
au BOX ワイヤレスミュージック au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
カロリーカウンター
EZナビウォーク
EZ助手席ナビ 安心ナビ 災害時ナビ ナカチェン
EZアプリ FullGame!
Bluetooth対戦
EZアプリ(BREW) オープンアプリプレイヤー PCサイトビューアー
PCドキュメントビューアー
EZケータイアレンジ
アレンジメニュー
au oneガジェット
マルチプレイウィンドウ
じぶん銀行アプリ EZ・FM
EZチャンネル
EZチャンネルプラス
EZニュースフラッシュ
EZニュースEX
Web版のみ対応)
Touch Message EZFeliCa ケータイ de PCメール
デコレーションメール デコレーションアニメ au one メール 緊急通報位置通知
ワンセグ グローバルパスポート
(CDMA・GSM)
赤外線通信 (irSimple) Bluetooth

歴史[編集]

不具合修正および新機能追加[編集]

  • 2009年9月17日  不具合修正[2]
    • 音声通話時、相手側に音声が聞き取りづらい場合がある。
    • 文字入力画面において「*」を入力すると、電源がリセットする場合がある。
    • SSLサイトで大きなファイルアップロードを行うと時々接続が切断される場合がある。
  • 2009年10月30日 不具合修正[3]
    • 特定のEZムービーをストリーミング再生すると、電源がリセットする場合がある。
    • 管理制限機能の機能制限のアドレス帳ロック(M4011)で「2: ON(利用不可)」を設定した場合でも、次の動作となるようにする。
      • 発着信履歴を参照可能とする(ロックNo.の入力が必要)。
      • 不在着信通知を表示する。
      • 簡易留守メモ/通話音声メモの再生をできるようにする(ロックNo.の入力が必要)。
    • 文字入力画面において「*」を入力すると、電源がリセットする場合がある。
  • 2010年3月25日  不具合修正[4]
    • ケータイサイトの会員登録や登録済サイトへの接続がごく稀に正しくできない場合がある。
  • 2011年4月14日  新機能追加[5]
    • 新音声技術(EVRC-B)に対応する。
    • 基地局との通信を最適化し、通話品質を向上する。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]