SP02

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au biblio leaf SP02
(FCS02)
キャリア au
製造 FOXCONN
発売日 2010年12月25日
概要
OS Linux
CPU ARM11E(384MHz)
音声通信方式 なし
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(Packet WIN)
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A
(800MHz[1]/2GHz/新800MHz)
形状 通信モジュール内蔵
電子ブックリーダー
サイズ 130 × 198 × 9.6 mm
質量 295.8 g
連続待受時間 未公表
充電時間 ACアダプター接続時:180分
外部メモリ microSD
(2GB)
microSDHC
(32GB)
日本語入力 なし
FeliCa 非対応
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
備考 1. 製造国:中華人民共和国の旗 中国
2. 無線LAN(IEEE802.11b/n/g)を搭載
3. 本機専用のACアダプターが付属
メインディスプレイ
方式 E-Ink電子ペーパー
解像度 SVGA600×800ドット
サイズ 6インチ
表示色数 1色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ホワイト
(White)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト


biblio leaf SP02(ビブリオ リーフ エスピーゼロニ)は、FOXCONN(フォックスコン)が日本向けに開発した、auブランドを展開するKDDI沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN(CDMA2000 1xEV-DO Rev.A)対応の通信モジュール付電子ブックリーダーである。製造型番はFCS02(えふしーえす ぜろに)。

概要[編集]

同キャリア向けとしては初となる本格的な「電子ブックリーダー」である。本機にはソーラーパネルが装備されており太陽光から充電ができる(蛍光灯下は不可)。液晶パネルはソニー・リーダーと同じく電子インクを採用した白黒表示の電子ペーパーとなっており、1回の充電で約50冊(約13,000ページ相当)の読書が可能となる。2011年4月時点では日本市場で市販されている唯一の3GWi-Fi接続に対応した電子ペーパー表示の電子書籍端末である。

電子書籍配信のプラットフォームはソニー・KDDI・凸版印刷・朝日新聞社の合弁会社であるブックリスタが担当しており、同社が供給するコンテンツを専用サイト「LISMO Book Store」にて販売し、XMDFファイルでダウンロード配信する形となる。ブックリスタは日本版のソニー・リーダーの電子書籍販売サイト「Reader Store」においても既に供給しているため、両者間での販売タイトルは遜色無いものとされている(互換性は不明)。なお、ソニー・リーダーのPRS-350と構造・操作面で似通う点があるが、OEM製品ではないとされている。また、本機の電子ペーパーは階調表示(グレースケール)には対応していない。

料金プランは当機種専用のもので、基本料とパケット定額相当込みで1575円の固定料金となっている。これに「誰でも割シンプル(特定機器)」を適用すると、月々525円に割引される(誰でも割参照)。

内蔵メモリは2GBで、XMDFファイルのほかAdobe PDF(イメージのみ)にも対応している。


沿革[編集]

  • 2010年(平成22年)10月18日 - KDDIより公式発表。
  • 2010年12月25日 - 関西・沖縄地区にて先行発売開始。
  • 2011年(平成23年)1月以降 - 上記以外の残りの地区にて順次発売。
  • 2012年(平成24年)5月 - 販売終了。
  • 2016年(平成28年)4月30日 - 「LISMO Book Store」サービス終了に伴い停波。

補足[編集]

ペットネーム(商品名)に“biblio”の名を冠しているものの、EZweb経由でダウンロードした電子書籍(EZブック)は再生することができず、2010年夏頃に終売している東芝製フィーチャー・フォンbiblio(TSY01)に保存した電子書籍コンテンツとの互換性は全くない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ 2012年7月23日より利用不可。