Premier3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の本当の題名は「Premier3」です。記事名の制約を解消するため題名の表示を「Premier3」と変えています。

Walkman Phone, Premier3(ウォークマン フォン プレミアキューブ)は、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現:ソニーモバイルコミュニケーションズ)が日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN対応携帯電話である。製造型番はSOY01(えすおーわい ぜろいち)。

au Walkman Phone, Premier3
(SOY01)
キャリア au
製造 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
発売日 2009年2月6日
概要
OS KCP+(統括用OS)
CPU Qualcomm MSM7500
600MHz
音声通信方式 3G:CDMA 1X
CDMA2000 1xMC
(800MHz[1]/2GHz/新800MHz)
データ通信方式 3.5G:CDMA 1X WIN
(Packet WIN)
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A/Rel.0
3G:CDMA 1X
(Packet 1X)
(CDMA2000 1xMC)
形状 デュアルオープン型
サイズ 105 × 50 × 16.3(最厚部16.8mm) mm
質量 113 g
連続通話時間 200分
連続待受時間 220時間
外部メモリ microSD
日本語入力 POBox Pro 3.0 EiWnn
FeliCa あり
赤外線通信機能 IrMC 1.1
Bluetooth あり
放送受信機能 ワンセグ対応
FMラジオ対応
備考 1.着うたフルプラス」に対応
AAC-LC・最大ビットレート320kbps)
2.2009年度以降に新規で開発・発売された機種では唯一、充電台(ステレオスピーカー搭載)とイヤホンマイク(音楽再生用リモコン付)、ステレオイヤホン(ソニー製)が付属する
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 フルワイドVGA
(480×854ドット)
サイズ 3.0インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
方式 有機EL
解像度 288×24ドット
サイズ 1.72インチ
表示色数 1色
メインカメラ
画素数・方式 319万画素画素CMOS
機能 AF
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
パッショネイトピンク(Passionate Pink)
スパークリングゴールド(Sparkling Gold)
ノーブルブラック(Noble Black)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

概要[編集]

日本国内向けの「Walkman Phone」シリーズの2機種目であり、「ウォークマンケータイ」としては通算4代目。今まで同シリーズの日本国内向け端末はすべてスライド型だったが、本機はW44S以来となるデュアルオープン式が採用された。先代のWalkman Phone, Xminiは再生に特化した端末だが、Premier3はかつての同社の同キャリア向けの音声用端末C404S DIVA同様、手持ちのポータブルCDプレイヤーやポータブルMDプレイヤーなどのオーディオ機器のアナログ出力から録音(ビットレートは128kbpsに固定される)できるダイレクトレコーディング機能を備える(この機能を使うには別売りのアナログライン入力用接続ケーブルが必要)。また、ステレオスピーカー付きのUSBクレードルも同梱されており、端末を充電したり音楽をスピーカーで聞くことができる。他にはワンセグBluetoothグローバルパスポートCDMA、319万画素(約3.2Mピクセル)のカメラ機能に対応する。

なお、これまで日本国内向けのウォークマンケータイおよびWalkman Phoneは、数GBの大容量内蔵メモリが搭載されるのが通例であったが、本機の本体メモリは50MB(BREW専用として別途50MB)という、比較的小さい容量のものとなっている[2]。その代わりとして2GBのmicroSDカードが付属しているが、microSDHCカードやメモリースティックマイクロには対応していない。

沿革[編集]

  • 2009年1月29日 - KDDI、およびソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズより公式発表。
  • 2009年2月6日 - 全国にて一斉発売。
  • 2009年7月 - 販売終了。


主な機能・サービス[編集]

主な対応サービス
LISMO!
(着うたフル)
(着うたフルプラス)
(LISMOビデオクリップ)
(LISMO Video)
(LISMO Book)
EZケータイアレンジ バーコードリーダー&メーカー PCサイトビューアー
au BOX ワイヤレスミュージック au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
カロリーカウンター
EZナビウォーク
EZ助手席ナビ 安心ナビ 災害時ナビ ナカチェン
EZアプリ FullGame!
Bluetooth対戦
EZアプリ(BREW) オープンアプリプレイヤー PCドキュメントビューアー
アレンジメニュー au oneガジェット じぶん銀行アプリ EZ・FM
EZチャンネル
EZチャンネルプラス
EZニュースフラッシュ
EZニュースEX
Web版のみ対応)
Touch Message EZFeliCa ケータイ de PCメール
デコレーションメール デコレーションアニメ au one メール 緊急通報位置通知
ワンセグ グローバルパスポート
(CDMA・GSM)
赤外線通信(IrMC 1.1) Bluetooth(Ver.2.0+EDR)
auフェムトセル
(別途、ケータイアップデートにて対応)

不具合および新機能の追加[編集]

2009年3月10日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた。

  • ミュージックキーなどを押下すると、サブディスプレイの表示が乱れる場合がある

2009年4月24日に以下の不具合の修正と変更がケータイアップデートにより行われた。

  • EZweb利用中に電源のリセットやキー操作を受付けない状態になる場合がある
  • マルチプレイウィンドウにて「データフォルダ」と「microSDデータフォルダ」を同時起動しようとした場合に表示されるポップアップ画面の内容を変更

2010年6月24日に以下の新機能の追加がケータイアップデートにより行われた。[3]

  • 宅内用小型基地局「auフェムトセル」に対応した

関連項目[編集]

  • Xmini (W65S) - 同機と同様『Walkman Phone,』を名乗る非常にコンパクトなスライド式の音声用端末
  • W44S - 先代のデュアルオープン式端末
  • S004 - 後継のデュアルオープン式端末
  • H001 - 同時期発表のデュアルオープン式端末
  • ウォークマン
  • Wオープン
  • AwakEVE - UVERworldのアルバム。収録曲『99/100騙しの哲』のPV撮影で同機が使用されている。

脚注[編集]

  1. ^ 2012年7月23日より利用不可
  2. ^ ただし、W42Sは1GBのメモリが内蔵されていたものの、音楽以外のデータやBREWアプリ用の容量は38MBであった。また、ATRACデータは内蔵メモリには保存不可であった。
  3. ^ ケータイアップデートのお知らせKDDI 2010年6月24日

外部リンク[編集]