mamorino2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au mamorino 2
(KYY02)
キャリア au
製造 京セラ
発売日 2011年3月16日
概要
OS REX OS + KCP
CPU Qualcomm QSC6075
192MHz
音声通信方式 CDMA 1X
CDMA2000 1xMC
(800MHz[1]/新800MHz/2GHz)
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(Packet WIN)
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0
※ メールの送受信のみ対応
形状 ストレート式
(タッチパネルレス/
テンキーレス)
ソフトウェアキーボード対応
サイズ 88 × 48 × 18.9 mm
質量 85 g
連続通話時間 250分
連続待受時間 420時間
(移動と静止の組合せ)
外部メモリ 非対応
日本語入力 iWnn
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
備考 SAR値:1.34W/kg
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 QVGA(240×400ドット)
サイズ 2.0インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ミルキーピンク
コズミックブルー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

mamorino 2(マモリーノ ツー)は、京セラが日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN(現・au 3G)対応通話・通信機能付き防犯ツールである。製造型番はKYY02(ケイワイワイ ゼロニ)。

概要[編集]

2010年3月に発売されたmamorino(KYY01)の後続機種で、今回は防水(IPX5/IPX7等級)に加えて新たに防塵(IP5X等級)にも対応している。また、あいおいニッセイ同和損害保険の引き受けにより、契約者全員に子供がけがをした際などの傷害保険、日常生活での個人賠償責任補償がセットになった保険 (個人賠償責任補償付スタンダード傷害保険) が無料で付与される。ちなみに初代mamorino同様、電源スイッチは装備されていない。

沿革[編集]

  • 2011年(平成23年)2月23日 - KDDI、および京セラより公式発表。
  • 2011年3月16日 - 中部・関西・四国・沖縄地区にて先行発売。
  • 2011年3月17日 - 九州地区にて発売。
  • 2011年3月18日 - 北海道・北陸・中国地区にて発売。
  • 2011年4月2日 - 東北・関東地区にて発売。

※なお、東北・関東地区は諸般の事情により発売予定日が大幅に遅れる結果となった。

  • 2012年11月 - 関東地区にて販売終了。
  • 2013年(平成25年)2月 - 上記以外の残りの地区にて販売終了。

主な機能・対応サービス[編集]

主な対応サービス
EZweb
(EZアクセス制限あり)
EZ「着うた
(ハイクオリティステレオ(HE-AAC)対応)

EZ「着うたフル」
EZ「着うたフルプラス」
LISMOビデオクリップ LISMO Video
EZチャンネル EZチャンネルプラス Touch Message EZFeliCa
PCサイトビューア じぶん銀行アプリ
(別途ダウンロードにて対応)
EZアプリ(BREW) オープンアプリプレイヤー
ケータイ de PCメール デコレーションメール デコレーションアニメ au one メール
EZナビウォーク EZ助手席ナビ
(別途ダウンロードにて対応)
安心ナビ 災害時ナビ
緊急地震速報
(音声読み上げ対応)
移動経路通知(緊急機能としてココセコムを選択される場合は利用不可) 居場所通知(別途EZwebの契約が必要) グローバルパスポート
(レンタルサービス)
au Smart Sports
(Karada Manager)
(ただし、Run & Walkは別途ダウンロードにて対応)
護身用防犯ブザー 赤外線通信
auフェムトセル
(別途、ケータイアップデートにて対応)
制限モード
(発着信・送受信制限)
通話モード

など

不具合[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 2012年(平成24年)7月23日より利用不可

外部リンク[編集]

先代:
mamorino (KYY01)
(これよりmamorino名義)
ジュニアケータイ/
mamorinoシリーズ
mamorino2 (KYY02)
次代:
mamorino3(KYY05)