CA004

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

EXILIMケータイ CA004(エクシリムケータイ シーエーゼロゼロヨン)は、カシオ計算機およびカシオ日立モバイルコミュニケーションズ(現・日本電気(NEC))が日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDI および沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN携帯電話である。

au EXILIMケータイ CA004
CA004(メタルシルバー)
CA004(メタルシルバー)
CA004(メタルシルバー)
CA004(メタルシルバー)
キャリア au
製造 カシオ日立モバイルコミュニケーションズ
発売日 2009年11月14日
概要
OS KCP+
CPU Qualcomm MSM7500
600MHz
音声通信方式 CDMA 1X
(CDMA2000 1xRTT)
(800MHz/2GHz/新800MHz)
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(1xEV-DO Rel.0/Rev.A)
形状 2軸折りたたみ型
サイズ 110 × 50 × 17.4 mm
質量 124 g
連続通話時間 約230分
連続待受時間 約260時間
(移動と静止の組み合わせ)
充電時間 約140分(AC)
約150分(DC)
外部メモリ microSD
(最大2GB)
日本語入力 ATOK
FeliCa あり
赤外線通信機能 IrSimple
Bluetooth あり
放送受信機能 ワンセグ対応
備考 1. 「着うたフルプラス」に非対応
2. 本機の充電用スタンドに関してはW63CA用と共通(W63CAと異なり別売りとなる)
3. ムービー機能はYouTubeモードに対応
メインディスプレイ
方式 有機ELディスプレイ
解像度 Visual ワイドVGA
(240RGBG×800ドット)(ただし、擬似的に480×800ドット表示可能)
サイズ 約3.1インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約809万画素CMOS
機能 AF機能
手ブレ軽減・補正機能
顔検出撮影
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
コーラルピンク
(Coral Pink)
ピュアホワイト
(Pure White)
メタルシルバー
(Metal Silver)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

特徴[編集]

  • W63CAのリファイン版にあたる機種で、利用できる機能と各サービス、端末本体の内部基板に関してはW63CAにほぼ準拠しており、今回は同時発表された同シリーズのハイエンド機にあたるCA003の普及版(廉価版)としてほぼ位置付けられコストパフォーマンスに秀でている。また、W63CA同様プラットフォームにKCP+を採用しているが、既存のG'zOne W62CAをベースとした2009年夏モデルのG'zOne CA002同様、動作が幾分改善されている。
  • ちなみに同キャリア向けのKCP+に対応した2009年冬モデル中、唯一「着うたフルプラス」に非対応となっている。

沿革[編集]

主な機能・対応サービス[編集]

主な機能・対応サービス
LISMO!
(着うたフル)
(着うたフルプラス)
(LISMOビデオクリップ)
(LISMO Video)
(LISMO Book)
EZケータイアレンジ バーコードリーダー&メーカー PCサイトビューアー
au BOX ワイヤレスミュージック au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
カロリーカウンター
EZナビウォーク
3D・声de入力対応
EZ助手席ナビ 安心ナビ 災害時ナビ ナカチェン
EZアプリ FullGame!
Bluetooth対戦
EZアプリ(BREW) オープンアプリプレイヤー PCドキュメントビューアー
アレンジメニュー au oneガジェット
マルチプレイウィンドゥ
クイックアクセスメニュー
じぶん銀行アプリ EZ・FM
EZチャンネル
EZチャンネルプラス
EZニュースフラッシュ
EZニュースEX
EZweb版のみ対応)
Touch Message EZFeliCa ケータイ de PCメール
デコレーションメール
絵しゃべりメール
ラッピングメール
デコレーションアニメ au one メール 緊急通報位置通知
ワンセグ グローバルパスポート
(CDMA)
赤外線通信
(irSimple)
無線LAN機能
(Wi-Fi WIN)
Bluetooth
auフェムトセル
(別途、ケータイアップデートにて対応)

新機能の追加[編集]

2010年6月30日に以下新機能の追加がケータイアップデートにより行われた。[2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ 当初は10月30日に関東地区、沖縄地区で、11月6日に残りの地区でそれぞれ発売されるというアナウンスがされたが、CA003同様、有機ELディスプレイの表示不良が発生する携帯電話が一部混入していたことが判明したことから、確認作業を行うための理由のため上記の通り発売予定日を変更した。
  2. ^ ケータイアップデートのお知らせ - KDDI(2010年6月30日)