LIGHT POOL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au LIGHT POOL (TSX05)
キャリア au
製造 東芝
発売日 2010年7月30日
概要
OS KCP+(統括用OS)
CPU Qualcomm MSM7500
600MHz
音声通信方式 3GCDMA2000 1xMC
CDMA 1X
(800MHz(BC3)[1]/2GHz(BC6)/新800MHz(BC0))
2GGSM
(900MHz/1.8GHz/1.9GHz)
データ通信方式 3.5G:CDMA2000 1x EV-DO Rev.A/Rel.0
CDMA 1X WIN
(Packet WIN)
3G:CDMA2000 1xMC
(CDMA 1X)
(Packet 1X)
形状 折りたたみ式
サイズ 110 × 50 × 17.8[2] mm
質量 約132 g
連続通話時間 約220分(国内)
連続待受時間 約290時間
(国内・移動と静止の組合せ)
充電時間 約120分
外部メモリ microSD
(最大2GB・KDDI公表)
microSDHC
(最大16GB・KDDI公表)[3]
日本語入力 ATOK for au + APOT
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり(IrDA)
Bluetooth あり
放送受信機能 ワンセグ対応
備考 1. 製造国:中華人民共和国の旗 中国
2. 電池パックはW53T用と共通
3. 防塵および防水機能(IPX5/IPX7等級)には非対応
4. カメラ用モバイルライトは非搭載
5. SAR値:1.24W/Kg
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 WVGA+
(480×854ドット)
サイズ 3.2インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約808万画素CMOS
機能 オートフォーカス
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ホワイト(White)
        ×1
ブラック(Black)
        ×1
ピンク(Pink)
        ×1
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

LIGHT POOL(ライトプール)は、東芝および東芝モバイルコミュニケーション社(現・富士通モバイルコミュニケーションズ)によって開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN(後のau 3G)対応音声用端末である。製造型番はTSX05(てぃーえすえっくす ぜろご)。

概要[編集]

  • 既存のT003(TS003)を基本に再設計・再開発されたiidaブランドの第7弾にあたる音声用端末。デザインは坪井浩尚が担当している。ただしT003と異なり防水機能は技術的な面で見送られており、当機種には搭載されていない。
  • 本機の内蔵コンテンツに関してはサウンドにこだわっており、本機専用のオリジナルサウンド10曲がプリセット。ミュージックキーからワンタッチで再生する音楽に合わせて背面のLEDによるイルミネーションが点灯し、「光」と「音」による癒しの空間を演出する。着信時の点灯パターンは60種類あるほか、毎時0分に光で数字を作る「時報モード」も用意した。なお、本機のイルミネーションの点灯パターンと音楽は映像作家・音楽家の高木正勝の手によるものとなっている。
  • 東芝の携帯電話事業が2010年10月に富士通の子会社である富士通東芝モバイルコミュニケーションズ[4]に移管されたため、au向けは本機が最後の東芝が自ら開発・製造・発売した音声端末となった[5]。なお、X-RAY(TSX06)を含むau向けのT005(TS005)以降からT008(TS008)までの東芝フィーチャーフォン、およびau向けのREGZA Phone IS04/IS04FV(TSI04)からWindows Phone IS12T(TSI12)までの東芝スマートフォン[6]富士通東芝モバイル・東芝ブランド名義の端末として存続する事となった。その後、東芝本体が再びKDDI・沖縄セルラーに供給する端末は約2年後のREGZA Tablet AT500/26Fとなる[7]

歴史[編集]

主な機能・サービス[編集]

  • ロングプレイモード
  • ダウンロードフォント
  • 電子辞書
  • カスタマイズキー
  • au one メール
  • カチャブル
  • フェイク着信
主な対応サービス
LISMO!
(着うたフル)
(着うたフルプラス)
(LISMOビデオクリップ)
(LISMO Video)
(LISMO Book)
EZケータイアレンジ バーコードリーダー&メーカー PCサイトビューアー
au BOX ワイヤレスミュージック
(カーナビ×LISMO![8]対応)
au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
ゴルフ
フイットネス
カロリーカウンター
EZナビウォーク
EZ助手席ナビ 安心ナビ 災害時ナビ ナカチェン
EZアプリ FullGame!
Bluetooth対戦
EZアプリ(BREW) オープンアプリプレイヤー PCドキュメントビューアー
EZケータイアレンジ
アレンジメニュー
au oneガジェット
マルチプレイウィンドウ[9]
クイックアクセスメニュー
じぶん銀行アプリ EZ・FM
EZチャンネル
EZチャンネルプラス
EZニュースフラッシュ
EZニュースEX
Touch Message EZFeliCa ケータイ de PCメール
デコレーションメール デコレーションアニメ 緊急地震速報 緊急通報位置通知
EZテレビ(ワンセグ) グローバルパスポート
(CDMA・GSM)
赤外線通信 (IrDA) Bluetooth
auフェムトセル

[編集]

  1. ^ 2012年7月23日より利用不可
  2. ^ 最厚部18.3mm
  3. ^ Class2以上を推奨
  4. ^ その後、富士通東芝は2012年4月1日付で富士通の完全子会社となり富士通モバイルコミュニケーションズに社名変更した。
  5. ^ ただし、東芝の携帯電話事業が実際、最後に開発・製造した音声端末はau向けの法人専用端末のE31Tである。
  6. ^ 法人専用のE31Tを含む。
  7. ^ ちなみにNTTドコモ向けの東芝製端末はdynapocket T-01Bの次がフォトパネル 05で、その間に約2年半のブランクが空いている。
  8. ^ Bluetoothに対応した2009年モデル以降の一部のトヨタ純正カーナビ(2009年モデルでの例・NHZA-W59G、NSDT-W59)が必要。
  9. ^ ただし2画面同時表示には非対応。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]