biblio

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au biblio (TSY01)
Au biblio.jpg
キャリア au
製造 東芝
発売日 2009年6月19日
(関東地区は6月20日)
概要
OS KCP+(統括用OS)
CPU Qualcomm MSM7500
600MHz
音声通信方式 CDMA 1X
CDMA2000 1xRTT
(800MHz/新800MHz/2GHz)
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(Packet WIN)
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A
無線LAN
(IEEE 802.11b/g)
形状 フルスライド式PDA
(テンキー/QWERTYキー式+タッチパネル式)
サイズ 113 × 56 × 17.4[1] mm
質量 約164 g
連続通話時間 約260分
(国内使用時・Wi-Fiエリア内を含む)[2]
連続待受時間 約260時間
(移動と静止の組合せ・国内使用時)[3]
充電時間 約140分
(ACアダプタ使用時)
外部メモリ microSD
(最大2GB・KDDI公表)
microSDHC
(最大8GB・KDDI公表)[4]
日本語入力 ATOK for au + APOT
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり(IrDA)
Bluetooth あり
放送受信機能 ワンセグ対応
備考 1.EZニュースEXに対応
2.Wi-Fi WINに対応
3.19冊の辞書および辞典を収録した電子辞書機能を搭載
4. SAR値:0.646W/Kg
5.製造国:日本の旗 日本
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 ワイドVGA++
(480×960ドット)
サイズ 3.5インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約511万画素CMOS
機能 手振れ補正AFカメラ
(顔検出対応)
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ネイビーブラック
(Navy Black)
        ×1
オフホワイト
(Off White)
        ×1
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

biblio(びぶりお/ビブリオ)は、東芝、および東芝モバイルコミュニケーション社(現・富士通モバイルコミュニケーションズ)によって開発された、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN(後のau 3G)対応携帯電話である。製造型番はTSY01(てぃーえすわい ぜろいち)。

概要[編集]

  • 電子書籍閲覧を主目的としたフィーチャー・フォン(音声通話用端末)で、2009年(平成21年)2月発売のドコモSH-04Aと同じく横フルスライド型のQWERTY配列キーボードを搭載しており、長文メール作成などの文字入力に長けている。スマートフォンではなく、BREWを母体とした同キャリア独自のプラットフォームであるKCP+が搭載されており、EZWebの利用が可能である。
  • 操作は横向きではQWERTYキーボードモード、縦向きではテンキーモードでそれぞれ行う。ちなみに本機のキーボードは、向きにより表示が切り替わるようになっており、キーボード用の文字表示用バックライトとしてLEDではなく有機ELが用いられている[5]。切り替えは、加速度センサーが用いられた電子的(自動的)に切り替わる日本初の方式が採用されている。P-01Aなどのような、テンキー内部のシートが機械的にスライドする方式ではない[5]
  • Wi-Fi WINを初搭載した機種であり、先行していたドコモのホームU対応機種N-06Aと同じく、自宅などでは無線LAN接続とすることでブロードバンド回線依存の高速接続が可能である。かつパケット定額ダブル定額ライト、スーパーライト)の通信料(量)を最小に抑えることが可能である。
  • 本端末に搭載されているディスプレイのサイズは3.5インチであるが、ピクセル数は既存のフルワイドVGA液晶より横が96ドット長く、480×960ドットであり、au向け端末としては後発のIS01[6]と並ぶ最高解像度となる(2010年(平成22年)8月現在)。
  • 端末本体の各寸法は幅56mm×長さ113mm×奥行17.4mm(最厚部18mm)とそれほど大きくはないものの、質量は164g[7]スマートブック[8]を除く既存のau向け音声用端末としては現時点(2011年(平成23年)5月現在)において富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製(TOSHIBAブランド)のREGZA Phone IS11T(TSI11)、同富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製(同TOSHIBAブランド)のE31TNECカシオ モバイルコミュニケーションズ製(CASIOブランド)のG'zOne TYPE-X(CAY01)カシオ日立モバイルコミュニケーションズ製(CASIOブランド)のE03CAに次いで重い。[9]
  • 内蔵メモリーは、7GBである。これは、auブランドで発売されている携帯電話では容量が一番大きい(2010年8月現在)。外部メモリーには最大8GBのmicroSDHCメモリーカードと2GBまでのmicroSDメモリーカードが使用できる。なお16GB以上のmicroSDHCカードも非公式ながら利用できる場合もある。
  • 2010年に発売されたbiblio leaf(SP02)2012年(平成24年)7月現在既に販売終了)とは、電子書籍利用に特化(最適化)したbiblioブランドのコンセプトのみ踏襲しており、書籍データのフォーマットや料金体系などは大きく異なる。


沿革[編集]

主な機能・サービス[編集]

主な機能・対応サービス
LISMO!
(着うたフル)
(着うたフルプラス)
(LISMOビデオクリップ)
(LISMO Video)
(LISMO Book)
EZケータイアレンジ
(デコレ村ソーダほか)
バーコードリーダー&メーカー PCサイトビューアー
au BOX ワイヤレスミュージック au Smart Sports
Run & Walk
Karada Manager
ゴルフ
フイットネス
カロリーカウンター
EZナビウォーク
EZ助手席ナビ 安心ナビ 災害時ナビ ナカチェン
EZアプリ FullGame!
Bluetooth対戦
EZアプリ(BREW) オープンアプリプレイヤー PCドキュメントビューアー
アレンジメニュー au oneガジェット
マルチプレイウィンドゥ
クイックアクセスメニュー
じぶん銀行アプリ EZ FM
EZチャンネル
EZチャンネルプラス
EZニュースフラッシュ
EZニュースEX
Bluetooth Touch Message EZFeliCa
ケータイ de PCメール デコレーションメール デコレーションアニメ
(ラブハピなど)
au one メール
緊急通報位置通知 ワンセグ グローバルパスポート
(CDMA・GSM)
赤外線通信
(IrDA)
無線LAN機能
(Wi-Fi WIN)
auフェムトセル
(別途、ケータイアップデートにて対応)

不具合および改善、新機能の追加[編集]

2009年7月6日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた。[13]

  • ケータイアレンジを設定した状態でEメール送信または受信を繰返すと、次の現象が発生する場合がある。
    • メールの本文、宛先、アドレス帳等が正しく表示されない。
    • 待受画面等が、設定した内容で正しく表示されない。
  • 複数のアドレス帳データの削除処理時に、全て削除されない事象が発生する場合がある。
  • EZニュースEX、EZニュースEX_おためし版で、一部のニュースデータが表示できなくなる場合がある。

2009年8月5日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた。[14]

  • PCサイトビューアーにてサイトから画像データ保存中、同アプリを終了するとデータフォルダの残容量が減少する場合がある。
  • エディタから電子辞書の意味検索実施中、クリアキーを押下すると電源がリセットする場合がある。
  • Wi-Fi WINによるサイト接続に失敗する場合がある。

2009年9月3日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた。[15]

  • 放送時間が連続する2つのテレビ番組の視聴予約やワンセグ録画予約ができない場合がある。
  • Wi-Fi WIN待受状態で、Wi-Fi圏外に移動した場合、Eメール送受信等に失敗する場合がある。

2009年10月30日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた。[16]

  • 特定のEZムービーをストリーミング再生すると、電源がリセットする場合がある。

2009年12月17日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた。[17]

  • ケータイサイトの会員登録や登録済サイトへの接続がごくまれに正常に接続できない場合がある(ただし、本端末を新品(白ロム)で購入した場合は除く)。

2010年6月24日に以下の新機能の追加がケータイアップデートにより行われた。[18]

  • 宅内用小型基地局「auフェムトセル」に対応した。

2011年4月14日に以下の改善がケータイアップデートにより行われた。[19]

  • 従来以上にクリアな品質で通話可能となる新音声技術(EVRC-B)に対応。
  • 基地局との通信を最適化し、通話品質を向上。
  • 2012年5月に実施したWi-Fi WINの認証仕様の変更に対応。



関連項目[編集]

本格的な電子書籍端末

本機種に類似したコンセプトを持つシャープ製・他キャリア向け音声通話用端末

本機種以外にWi-Fi WINに対応したau向け音声通話用端末 ※ ☆印が付与された機種は別途、Wi-Fi WINカードmicroSDIOカード)が必要となる。

その他

  • 相棒 season8 - ちなみに劇中では神戸尊(演・及川光博)がこのbiblio(本体色はオフホワイト)を使用していた。

出典・注釈[編集]

  1. ^ 最厚部18mm
  2. ^ 海外使用時は約310分
  3. ^ Wi-Fi WINの自動接続設定OFF時。Wi-Fi WINの自動接続設定ON時は約140時間、海外使用時は約120〜250時間(いずれも移動と静止の組合せ)
  4. ^ Class2以上を推奨
  5. ^ a b ケータイWatch「『biblio』開発者インタビュー スマートフォンと携帯の中間を狙う電子ブック携帯 」 - 2010年1月13日閲覧
  6. ^ ちなみにIS01のディスプレイの解像度は5.0インチ。
  7. ^ 電池パックを含む。
  8. ^ 例・IS01
  9. ^ REGZA Phone IS11Tの質量は190g、E31Tの質量は187g、G'zOne TYPE-Xの質量は179g、E03CAの質量は166g(いずれも電池パックを含む)。
  10. ^ 〈お知らせ〉 「Wi-Fi WIN」のサービス終了について - KDDI 2013年10月18日
  11. ^ 電子書籍サービス「LISMO Book Store」の提供終了について KDDI 2015年11月6日
  12. ^ 3G ケータイ向けアプリサービス「EZアプリ」の配信、および一部サービスの終了について - KDDI 2016年4月28日。
  13. ^ ケータイアップデートのお知らせ KDDI 2009年7月6日
  14. ^ ケータイアップデートのお知らせ KDDI 2009年8月5日
  15. ^ ケータイアップデートのお知らせ KDDI 2009年9月3日
  16. ^ ケータイアップデートのお知らせ KDDI 2009年10月30日
  17. ^ ケータイアップデートのお知らせKDDI 2009年12月17日
  18. ^ ケータイアップデートのお知らせKDDI 2010年6月24日
  19. ^ ケータイアップデートのお知らせKDDI 2011年4月14日

外部リンク[編集]