au BOX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au BOX前面
au BOX背面
リモコン

au BOX(エーユーボックス)とは、KDDIおよび沖縄セルラー電話の各auブランドが提供する、PCが無くてもLISMOのサービスおよびauひかり(旧・ひかりone)のテレビサービスやインターネットサービスを受けることのできる機器である。このサービスで使用されるセットトップボックスモトローラ製の「VIP-1830」である。

2009年10月1日、販売予定台数に達したとして11月以降の新規受付の終了を発表した[1]。また、auひかりのセットトップボックスとしては2011年3月31日で新規受付を終了した。

後継機としてHD-STBが2010年6月2日から提供を開始された[2]。2013年3月31日には利用が停止される[3]

サービス概要[編集]

利用するにはau携帯電話のCDMA1XWINまたはauひかりの契約が必要で、1年以内に解約する場合は5250円の違約金がかかる。テレビサービスを利用するにはauひかり TVサービスを契約する必要がある。音楽配信・動画配信・ブラウザ利用には利用するプロバイダには制限がないが、利用するインターネット環境は最低でもADSL10Mbps以上またはケーブルテレビ接続または光ファイバー接続が必要。au携帯電話に曲を転送するには、法人向けを除くKCP+対応機種(ただし例外としてE08Tに限り、法人向けKCP+対応機種に関わらず、着うたフルプラスやLISMO Videoなどに対応している)である必要がある。

au携帯電話のオプション契約としての利用料金は月額315円。auひかりのオプション契約としての利用料金は月額2,520円。

サービス内容[編集]

音楽[編集]

  • CD・DVDドライブを搭載しているため音楽と映像の両方を楽しめる。
  • CDから楽曲を取り込んでKCP+対応のau携帯電話およびソニー製のデジタルオーディオプレーヤーウォークマン」に転送して音楽を聴くことができる。
  • au携帯電話でダウンロードした着うたフルを内蔵スピーカーで聞くことができる。
  • インターネット接続環境があれば音楽配信「mora for LISMO」で購入した楽曲を内蔵スピーカーで、またはau携帯電話および「ウォークマン」に転送して音楽を聴くことができる。
  • 1GBのフラッシュメモリを搭載し、このうち約200MBをコンテンツ保存用に利用できる。

映像[編集]

  • DVDプレイヤーとして映像を鑑賞することが出来る。
  • インターネット接続環境があれば映像配信「LISMO VIDEO STORE」で購入したビデオを携帯電話に転送して携帯電話で鑑賞できる。
  • auひかり契約者の場合、多チャンネル放送やビデオレンタルのサービスを利用することができる。
  • ビデオデッキやビデオカメラなどの映像をau携帯電話で鑑賞できる動画(3GPP2・拡張子3g2)に変換できる機能を持っている。

インターネット[編集]

  • Operaを搭載しているので付属のリモコンによりインターネットを見ることができる。

対応端末[編集]

VIP1830[編集]

  • モトローラ(Motorola)製
  • 外部映像入出力:RCA 出力(1系統)、S1/S2TV (1系統)
  • 外部音声入出力:アナログステレオRCA(1系統)
  • ステレオミニ(1端子)(携帯電話音声入力)
  • USB 2.0 2端子
  • LAN:(1系統)
  • 寸法幅266 mm×高さ80 mm(脚含む)×奥行き221 mm 質量1.6 kg
  • 消費電力 20W (スタンバイ7W)

註記・出典[編集]

  1. ^ [1](2010年1月12日閲覧)
  2. ^ 「auひかり」においてハードディスク (HDD) を内蔵したセットトップボックス「HD-STB」の提供開始について”. 2012年10月15日閲覧。
  3. ^ 【重要】セットトップボックス ( au BOX ) ご利用終了にともなうセットトップボックス機種変更のお願い”. 2012年10月14日閲覧。

外部リンク[編集]