W53H

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au Woooケータイ W53H
キャリア au
製造 日立製作所
発売日 2007年北海道、中国、四国、沖縄11月29日。関西、九州11月30日。:東北、北陸、関東、中部12月1日
概要
OS REX OS + KCP
CPU ARM9E
音声通信方式 CDMA 1X WIN
800MHz/2GHz/新800MHz)
形状 2軸折りたたみ
サイズ 107 × 51 × 14.2 mm
質量 131 g
連続通話時間 250分
連続待受時間 360時間
(移動と静止の組合せ)
充電時間 140分
外部メモリ microSD
日本語入力 ATOK for au+APOT
FeliCa あり
(Faver 2.0, アドホック通信可)
赤外線通信機能 IrDA
Bluetooth なし
放送受信機能 ワンセグ対応
メインディスプレイ
方式 有機EL
解像度 ワイドQVGA
(240×400ドット
サイズ 2.8インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 197万画素CMOS
機能 パンフォーカス式・接写機能付
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ノルディックホワイト
(Nordic White)
ジャパンブラック
(Japan Black)
ユーロパープル
(Euro Purple)
フレンチピンク
(French Pink)
アラビアンブラウン
(Arabian Brown)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

Woooケータイ W53H(うーけーたい だぶりゅーごーさんえいち)は、日立製作所カシオ日立モバイルコミュニケーションズ)が開発した、auブランドを展開するKDDI および沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN携帯電話である。

特徴[編集]

W52Hの後継で、地上デジタル音声放送実用化試験の受信機能など一部の機能は省略されたが、メインディスプレイに有機ELを採用した。

以前のモデルより大幅に薄い14.2ミリの回転2軸型でワンセグ対応携帯である。W52HではWoooの高画質映像技術を利用した「Picture Master for Mobile」を搭載しているが、Woooケータイの愛称名はなかった。

W53Hでは正式に「Woooケータイ」の愛称名が付いている。ボディカラーは当初「ジャパンブラック」、「ノルディックホワイト」、「ユーロパープル」の3色だったが、後に「フレンチピンク」、「アラビアブラウン」の2色が追加され全5色展開となる。このうち「ユーロパープル」にはマジョーラ塗装が採用されている。

開発コストを軽減する理由で内蔵スピーカーステレオスピーカーではなく、モノラルスピーカーを採用している。さらにカメラはオートフォーカスからパンフォーカス仕様になった(当モデル以降、W62Hまでの日立製端末のカメラはパンフォーカス仕様になっている)。

過去にauから発売されたW47T同様、赤外線ポートが端末側面に搭載されている。

沿革[編集]

対応サービス[編集]

CM[編集]

  • この端末のTVCMには伊東美咲が出演している。CMの内容は、怪盗に扮した彼女が宝石を盗もうとしたところ、その宝石はW53Hの有機ELディスプレイに映ったものだった、というもの。ワンセグの美しさをアピールした内容となっている。

補足[編集]

YUIの楽曲「Namidairo」のビデオクリップおよび島谷ひとみの楽曲「長い間」(Kiroroのカヴァー曲)のビデオクリップにはそれぞれ、この端末が登場する。色は前者がノルディックホワイト。後者がユーロパープル。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]