W62P

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
au W62P・島耕作ケータイ
W62P
キャリア au
製造 パナソニック モバイルコミュニケーションズ
発売日 2008年11月1日から順次発売
概要
OS REX OSKCP
CPU Qualcomm MSM6550
225MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
800MHz/新800MHz/2GHz
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rel.0)
形状 折りたたみ式
サイズ 約108 × 約50 × 約12.9(最厚部約15.9) mm
質量 約107 g
連続通話時間 約220分
連続待受時間 約340時間
(移動と静止の組合せ)
充電時間 約130分
外部メモリ microSD
日本語入力 ATOK for au
FeliCa 対応
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 ワンセグ
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 WQVGA 240×400ドット
サイズ 2.9インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
方式 白色有機EL
解像度 96×25ドット
サイズ 0.8インチ
表示色数 1色
メインカメラ
画素数・方式 207万画素CMOS
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
キャンディッドピンク
(Candide Pink)
シャルマンゴールド
(Chermant Gold)
※島耕作ケータイにも採用
アンテリジャンパープル
(Intelligent Purple)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

W62P(だぶりゅ ろくにぃ ぴー)は、パナソニック モバイルコミュニケーションズが日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN対応携帯電話である。また、本項では本機をベースにしたコラボレーションモデルの島耕作ケータイ(しま こうさく-)についても記述する。

特徴[編集]

W61Pの後継機種で女性ユーザー向けに特化した端末であり、同社の同キャリア向けの2007年夏モデルである「W52P」と同様に左右非対称のデザインが用いられている。なお、機能面に関しては基本的にベースとなったW61Pと共通である。 同社製のEV-DO Rel.0/KCP対応機種としては最終機種となっている。  

沿革[編集]


島耕作ケータイ[編集]

2008年(平成20年)11月20日にauの特設キャンペーンサイトにて3000台限定で先着予約順に限定販売されたW62Pの特別バージョン。作者の弘兼憲史がかつてパナソニックの前身にあたる松下電器産業に勤務していた経験があり、作中の企業「初芝」のモデルとなったことにちなみ、パナソニックモバイル製端末が採用された。ちなみにこのコラボレーションモデルには「Panasonic」のロゴではなく「HATSUSHIBA」のロゴが本体キー上部に小さく表記されており、本機専用のオリジナルコンテンツおよびEZケータイアレンジなどのデータがプリセットされ、それ以外の機能はW61PおよびW62Pと同一である。また、この端末の特別添付品として「初芝五洋ホールディングス」の社章と社員証(実際のパナソニックの社員証を模している)、更に作者の弘兼憲史直筆による特製「島耕作のサインシール」が添付される。本体色はシャルマンゴールドのみ。

対応サービス(W62Pでの場合)[編集]

ほか

関連項目[編集]

  • W61P - W62Pのベース機種

外部リンク[編集]