W51H

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au W51H
W51H close.JPG
W51H プレミアムレッド(閉じたとき)
W51H open.JPG
W51H プレミアムレッド(開いたとき)
キャリア au
製造 日立製作所
発売日 2007年2月14日
概要
OS REX OS + KCP
CPU Qualcomm MSM6550
225MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
800MHz(BC3)[1]/2GHz(BC6)
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(Packet WIN)
(CDMA2000 1xEV-DO Rel.0)
形状 折りたたみ型回転2軸
サイズ 106 × 50 × 22 mm
質量 142 g
連続通話時間 230分
連続待受時間 280時間
充電時間 140分
バッテリー 850mAh
外部メモリ microSD
日本語入力 ATOK for au+APOT
FeliCa あり(クーポン対応)
赤外線通信機能 IrSimple
Bluetooth なし
放送受信機能 FM放送対応
メインディスプレイ
方式 IPS方式液晶ディスプレイ
解像度 ワイドVGA
(480×800ドット
サイズ 2.9インチ
表示色数 万色
サブディスプレイ
方式 有機ELディスプレイ
解像度 96×64ドット
サイズ 0.9インチ
表示色数 モノクロ
メインカメラ
画素数・方式 207万画素CMOS
機能 AF付き
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
プレミアムレッド
(Premium Red)
イノセントホワイト
(Innocent White)
プレステージシルバー
(Prestige Silver)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

W51H(だぶりゅーごーいちえいち)は、日立製作所(現・日立コンシューマエレクトロニクス)、およびカシオ日立モバイルコミュニケーションズ(現・NECカシオ モバイルコミュニケーションズ)が開発し、KDDIおよび沖縄セルラー電話の各auブランドで販売していた携帯電話である。

特徴[編集]

W52Tとともにau初のワイドVGAかつIPS液晶を採用した機種である。ただし、W52Tとは違い画面サイズは2.9インチ。

おサイフケータイに対応しており、新たに「auケータイクーポン」にも対応。

プリセットされるアプリは「BEFORE CRISIS -FINAL FANTASY VII-(体験版)」。

ちなみに上記ゲームの正式サービス開始後製品版アプリが他の機種に順次対応していく中、体験版を搭載していたW51Hに対応するまで少々の間があったため、このゲームの存在を購入動機の1つとして購入した様なユーザーから強い不満の声が上がっていた。

タスク切り替え機能を搭載している。

「PCサイトビューア」・「EZナビウォーク」・「EZ助手席ナビ」はワイドVGAに対応したバージョンとなる。

スマートセンサーが採用されており、指紋認証や横表示での画面操作に使用される。

ワイドVGAのフォントでPCサイトを利用するユーザー向けの機種でありワンセグは非搭載。

YUIのヒット曲「CHE.R.RY」(2007年3月7日発売)の「LISMO!Versionプロモーションビデオ」にて、この機種が使用されて いる。(機種の色は、プレミアムレッド)

フジテレビ系ドラマ「プロポーズ大作戦」で、ドラマ中で藤木直人が使用。

沿革[編集]

対応サービス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ 2012年(平成24年)7月23日より利用不可