W21S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
au W21S
W21S(ヒーリングシルバー)W21S(ヒーリングシルバー)
W21S(ヒーリングシルバー)
キャリア au
製造 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
発売日 2004年7月27日
概要
OS REX OS
CPU クアルコム・MSM6500
(ARM9E)
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(800MHz
形状 折りたたみ
サイズ 105 × 50 × 26 mm
質量 133 g
連続通話時間 約150分
連続待受時間 約240時間
充電時間 約120分
外部メモリ メモリースティックDuo
メモリースティックPro Duo
日本語入力 POBox+Advanced Wnn
赤外線通信機能 IrDA
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 透過型TFT液晶
解像度 QVGA(240×320ドット)
サイズ 2.4インチ
表示色数 約262,144色
サブディスプレイ
方式 半透過型TFT液晶
解像度 96×96ドット
サイズ 1.1インチ
表示色数 約65,536色
メインカメラ
画素数・方式 130万画素画素CCD
機能 EZムービーLLサイズ(QVGA)動画撮影
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
(R)エナジーレッド
(Energy Red)
(S)ヒーリングシルバー
(Healing Silver)
(W)フューチャーホワイト
(Future White)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

W21S(だぶりゅーにーいちえす)は、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現:ソニーモバイルコミュニケーションズ)によって開発され、KDDIauブランドで販売されたCDMA 1X WIN携帯電話である。

特長[編集]

初のソニー・エリクソン製CDMA 1X WIN端末で、CDMA 1X WIN端末初のアンテナ内蔵機であり、発売当時の各種サービスなどに対応したハイエンドモデルである。 本体にステレオスピーカーを搭載し、EZ「着うた」や各種コンテンツがステレオで楽しめる(本端末が発売された当時は「着うたフル」が開始されていなかったため、EZ「着うたフル」には対応しない)。また、付属の卓上ホルダを装着する事でより広がりのある音が楽しめるようになっている。 液晶画面は新開発の高輝度2.4インチQVGA液晶が搭載され、屋内外でも視認性が向上している。 WIN端末では初のジョグダイヤルが搭載され、UIも操作性を生かした「クロスメニュー」が採用されている。 2007年夏モデルのW53Sが発表されるまでWIN唯一のジョグダイヤル搭載機であった。

対応サービス[編集]

  • EZ「着うた」(ステレオ対応)- ステレオ対応の着うたコンテンツとしてCHEMISTRYの「mirage in blue」がプリセットされている。
  • EZナビウォーク(電子コンパス対応)
  • EZチャンネル
  • ムービーメール(S/M/L)
  • EZムービー(S/M/L)
  • EZアプリ (BREW)
  • 赤外線通信(TVリモコン対応)

関連項目[編集]

  • W53S - CDMA 1X WIN端末では本機種以来のジョグダイヤル搭載モデル(こちらは+JOG搭載となっている)
  • SO905i - NTTドコモの+JOG搭載モデル。

外部リンク[編集]

公式
他紹介