W51P

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au W51P
キャリア au
製造 パナソニック モバイルコミュニケーションズ
発売日 2007年2月1日
概要
OS REX OS + KCP
CPU Qualcomm MSM6550
225MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
(800MHz/2GHz
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rel.0)
形状 折りたたみ型
(ワンプッシュオープン有)
サイズ 102 × 50 × 21(最厚部23) mm
質量 123 g
連続通話時間 220分
連続待受時間 270時間
(移動と静止の組合せ)
充電時間 140分
外部メモリ microSD
日本語入力 ATOK for au+APOT
FeliCa あり
赤外線通信機能 IrDA
Bluetooth なし
放送受信機能 FM放送対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶ディスプレイ
解像度 ワイドQVGA
(240×400ドット
サイズ 2.6インチ
表示色数 65536色
サブディスプレイ
方式 STN液晶ディスプレイ
解像度 96×12ドット
サイズ 0.7インチ
表示色数 モノクロ
メインカメラ
画素数・方式 207万画素CMOS
機能 -
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
クレマチスホワイト
(Clematis White)
ルピナスピンク
(Lupinus Pink)
カランサブラウン
(Calanthe Brown)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

W51P(だぶりゅーごーいちぴー)は、パナソニック モバイルコミュニケーションズが日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN対応携帯電話である。

特徴[編集]

2002年(平成14年)3月に発売されたcdmaOne対応端末であるC3003P以来のパナソニック製au端末であり、同社初のCDMA 1X WIN端末でもある。そのこともあってか、オープンアプリプレーヤーやauケータイクーポン、LISMOビデオクリップなどの最新サービスには対応しておらず、FeliCaチップも旧バージョンが搭載されているなど、機能としては2006年秋冬モデルとほぼ同等である。

20~30代の女性ユーザー層をターゲットとしており、コンテンツは「えいご漬け」・「恋と仕事の星占い」をプリセットするほか、「ヨガ」・「ピラティス」も期間限定でメーカーサイトから配信される。デザインもアシンメトリー(非対称)としたほか、着信時などはパネル左側が光って彫刻のような模様が浮かび上がる。

UIはカシオおよび日立製の端末と同等である。カシオ日立モバイルコミュニケーションズから、ソフトウェアの大部分をOEM供給されている。そのためか、日本語入力システムは他キャリアのパナソニック端末で採用されているAdvanced Wnnではなく、ATOK for au+APOT(関西弁対応)である。

また以前のパナソニック端末は「auケータイとしては異質なメニュー構造」(例として、一般のau端末では20番台に着信音関連メニューが割り当てられているが、パナソニック端末のみ830番台に割り当てられている)が特徴であったが、この機種は一般のau端末と同じメニュー構造になっている(以後発売の機種も同様)。

CMはではキャンペーンソングとして手嶌葵の徒然曜日が流された。HPにもメロディだけは流れていたが、その後メロディは流れなくなり、現在は詳細すら削除されている。

沿革[編集]

対応サービス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]