W21T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
au W21T
キャリア au
製造 東芝
発売日 2004年11月19日
概要
OS REX OS
CPU Qualcomm MSM6500
146MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
800MHz
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rel.0)
形状 折りたたみ型
サイズ 99 × 50 × 26 mm
質量 126 g
連続通話時間 約240分
連続待受時間 約300時間
(移動と静止の組合せ)
充電時間 約150分
外部メモリ miniSD
日本語入力 モバイルRupo
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth Ver.1.1
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 QVGA(240×320ドット
サイズ 2.4インチ
表示色数 最大262,144色
サブディスプレイ
方式 TFCC液晶
解像度 112×112
サイズ 1.1インチ
表示色数 65,536色
メインカメラ
画素数・方式 130万画素CMOS
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ブリーズグリーン
(Breeze Green)
ライトニングシルバー
(Lightning Silver)
サンライズイエロー
(Sunrise Yellow)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

W21T(だぶりゅーにーいちてぃー)は、東芝、および東芝モバイルコミュニケーション社(現・富士通モバイルコミュニケーションズ)が開発し、KDDIおよび沖縄セルラー電話auブランドで販売された携帯電話である。

特徴[編集]

満を持して発売された東芝製端末初のCDMA 1X WIN端末である本機種は、A5504TA5506Tの後継に近いモデルである。

前述のA5506Tをベースにした高機能端末でありau向け端末としてはA5504Tに続くBluetooth搭載モデルで、Bluetoothはバージョン1.1を搭載するが、「OPP-Server」(オブジェクト・プッシュ・プロファイル)が追加された。PC連携や「辞スパ」はA5504Tから引き継いでいる。方向キー部分にゲームポインタを装着でき、より細かい操作が行える。ゲームは「セガラリー 1st Stage」がプレインストールされている。「着うたフル」にも対応した。連続再生時間は、イヤホンで8時間・スピーカーで6時間である。 またBoAの「JEWEL SONG」が着うたフルとして工場出荷時にプリインストールされている。

沿革[編集]

  • 2004年(平成16年)10月13日 KDDI、および東芝から公式発表。
  • 2004年11月19日 北海道・東北・北陸・関西・中国・四国・九州地方で先行発売。
  • 2004年11月20日 関東・中部・沖縄地方で発売。
  • 2005年(平成17年)5月 販売終了。
  • 2012年(平成24年)7月22日 L800MHz(旧800MHz)帯エリアのサービスの停波に伴い利用不可となった。

対応サービス[編集]

関連項目[編集]

  • BoA - 本端末のイメージキャラクター
  • W31T

外部リンク[編集]