W41SH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au W41SH
キャリア au
製造 シャープ
発売日 2006年10月12日
概要
OS REX OSKCP
CPU Qualcomm MSM6550
225MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
800MHz[1]/2GHz
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rel.0)
形状 折りたたみ型
サイズ 102 × 48 × 23 mm
質量 120 g
連続通話時間 220分
連続待受時間 280時間[2]
充電時間 130分
外部メモリ miniSD
日本語入力 ケータイShoin4
FeliCa なし
赤外線通信機能 IrDA
Bluetooth なし
放送受信機能 FM放送対応
メインディスプレイ
方式 モバイルASV液晶[3]
解像度 ワイドQVGA
(240×400ドット
サイズ 2.6インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
方式 モバイルASV液晶ディスプレイ
解像度 128×160ドット
サイズ 1.2インチ
表示色数 26万色
メインカメラ
画素数・方式 200万画素CMOS
機能 AFなし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ルミナスピンク
(Luminous Pink)
プレシャスホワイト
(Precious White)
ノーブルブラック
(Noble Black)
ブリリアントレッド
(Brilliant Red)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

W41SH(ダブリュ ヨンイチ エスエイチ)は、シャープによって開発された、初のKDDI沖縄セルラー電話連合各auブランド)向けCDMA 1X WIN端末である。

特徴[編集]

外装はエッチング加工を施し、布のような(ファブリック調)手触りを実現した。

ディスプレイは、メイン・サブ共にAQUOSの技術を応用したモバイルASV液晶を採用している。また、メインディスプレイには、周りからの覗き込みを防止できるベールビュー液晶を採用している。

「Task」キーにより、メールを作成中にスケジュールを表示するなど、擬似的なマルチタスク「Task bar機能」がある(「Task」キーにより呼び出した機能を使用中に、さらに別のタスクを呼び出すことは出来ない。)。

「EZ着うたフル」や「au LISTEN MOBILE SERVICE」に対応し、EZ FeliCaSD-Audioなどには対応しない、ミドルエンドクラスのモデルである。

日本語入力システムはケータイShoin4を搭載している。NTTドコモおよび旧ボーダフォン(現:ソフトバンクモバイル)のシャープ製端末で問題となった、文字入力で「みられまくっちゃ」・「かぜがなおりかけた」と入力するとフリーズ・再起動する不具合[4][5]は、発覚当時はまだ開発途上にあったため事前に修正され発生していない[6]

W43Sを除く2006年秋冬モデルのWIN対応端末の多くがmicroSDカードを採用しているが、トヨタ専売のWIN端末TiMO W44T II[7]とこの端末はminiSDカードを採用している。

沿革[編集]

対応サービス[編集]

不具合[編集]

2006年10月13日 - 電源が利用者が意図しない状況で切れるなどの不具合が発生し、北陸地方などで販売中止、その他の地域でも販売延期をした。[9]

2006年12月6日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた。[10]

  • アドレス帳に登録してあるにも関わらずCメールを受信した際や着信時に名前が表示されない場合がある
  • 特定の設定・操作をした場合、電源がリセットする場合がある
  • EZサービスの初期設定に失敗し、Eメールを受信できない場合がある
  • 文字入力時にコピーや切り取りしたデータが貼り付けできない場合がある

2007年4月26日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた。 [11]

  • Eメールにおいて表示不良や電源のリセット等が発生する場合がある
  • 着うたが再生できない場合がある
  • 画面表示が正しく行われない場合がある

2009年2月3日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた。[12]

  • 電源ON時「Loading」表示から待受画面に遷移せず、正常に起動しない場合がある

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2012年7月23日より利用不可
  2. ^ 移動と静止の組み合わせ。
  3. ^ ベールビュー液晶。
  4. ^ ドコモやボーダフォンのシャープ製端末に不具合” (日本語). ケータイ Watch. インプレス (2006年7月10日). 2011年6月15日閲覧。
  5. ^ ボーダフォン、「みられまくっちゃ」「かぜがなおりかけた」の預かり修理を発表” (日本語). ITmedia +mobile. ITmedia (2006年7月24日). 2011年6月15日閲覧。
  6. ^ 津田啓夢 (2006年8月28日). “シャープ初のau端末「W41SH」” (日本語). ケータイ Watch. インプレス. 2011年6月15日閲覧。
  7. ^ 厳密に言えば自動車ディーラー専売の端末であるため、正規のau向けのラインナップには含まれない。後発のLEXUS W44T IIIも同様。
  8. ^ au携帯電話[W41SH(シャープ製)]の販売再開のお知らせ au 2006年10月20日
  9. ^ au携帯電話[W41SH(シャープ製)]の一時販売停止のお知らせ au 2006年10月17日
  10. ^ ケータイアップデートのお知らせ au 2006年12月6日
  11. ^ ケータイアップデートのお知らせ au 2007年4月26日
  12. ^ ケータイアップデートのお知らせ au 2009年2月3日

外部リンク[編集]