W31CA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
au W31CA
W31CA(ディープシルバー)
W31CA(ディープシルバー)
W31CA
キャリア au
製造 カシオ計算機
発売日 2005年7月29日
概要
OS REX OS
CPU Qualcomm MSM6500
146MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
(800MHz[1]
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rel.0)
形状 折りたたみ型回転2軸
サイズ 103 × 51 × 28 mm
質量 144 g
連続通話時間 約190分
連続待受時間 約240時間
(移動と静止の組合せ)
充電時間 約2時間
バッテリー 740mAh
外部メモリ miniSD(256MBまで)
日本語入力 ATOK for au+APOT
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
備考 SAR値 0.113W/Kg
メインディスプレイ
方式 TFT液晶ディスプレイ
解像度 ワイドQVGA
(240×400ドット
サイズ 2.6インチ
表示色数 65536色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 320万画素CCD
機能 AF付き
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
クリムゾンレッド
(Crimson Red)
ディープシルバー
(Deep Silver)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

W31CA(だぶりゅーさんいちしーえー)は、カシオ計算機およびカシオ日立モバイルコミュニケーションズ(現・日本電気)が開発し、KDDIおよび沖縄セルラー電話auブランドで販売されていた携帯電話である。

特徴[編集]

W21CA/CA IIをベースにカメラの画素数を200万画素から320万画素に強化した機種。カシオが撮影素子にCCDイメージセンサーを採用した最後の機種で、画質は現在でも高く評価されている。W21CA/CA IIからは新たにWordExcelなどのファイルが閲覧できる「PCドキュメントビューアー」も搭載した。パソコン向けのサイトを閲覧できるBREWOperaブラウザ「PCサイトビューアー」も引き続き搭載している。自作着うたフル(kmf)にも対応しているため着信登録可能な着うたが作れる数少ない機種の一つである。

2007年夏には実質的後継機種にあたるEXILIMケータイことW53CAが発売された。W53CAのカメラは515万画素CMOSイメージセンサーである。

沿革[編集]

  • 2005年(平成17年)5月23日 - KDDI、およびカシオ計算機から公式発表。
  • 2005年7月29日 - 発売開始。
  • 2006年(平成18年)1月中旬 - 販売終了。

撮影機能[編集]

カメラ[編集]

  • 総画素数 約335万画素
  • QXGA画像撮影
  • オートフォーカス機能
  • ベストショット機能(9種類)
  • 最大32段階デジタル12.8倍ズーム(ケータイサイズ)
  • 再生ズーム
  • QRコード読み取り機能

ムービー[編集]

  • 録画時間 最大約15分
  • 最大28段階デジタル6.4倍ズーム(モードが高品質M・Lの場合)
  • 編集機能

対応サービス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ 2012年7月23日より利用不可