W61P

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au W61P
W61P
キャリア au
製造 パナソニック モバイルコミュニケーションズ
発売日 2008年2月15日
概要
OS REX OSKCP
CPU Qualcomm MSM6550
225MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
(800MHz/新800MHz/2GHz)
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rel.0)
形状 折りたたみ式
サイズ 約108 × 約50 × 約12.9(最厚部約15.9) mm
質量 約107 g
連続通話時間 約220分
連続待受時間 約340時間
(移動と静止の組合せ)
充電時間 約130分
外部メモリ microSD
日本語入力 ATOK for au
FeliCa 対応
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 ワンセグ
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 WQVGA 240×400ドット
サイズ 2.9インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
方式 白色有機EL
解像度 96×25ドット
サイズ 0.8インチ
表示色数 1色
メインカメラ
画素数・方式 207万画素CMOS
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ジェンティーレゴールド
(Gentile Gold)
スプレーモレッド
(Supremo Red)
フィーノブラック
(Fino Black)
グラツィアホワイト
(Grazia White)
ルッソブルー
(Lusso Blue)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

W61P(ダブリュ 61ピー)は、パナソニック モバイルコミュニケーションズが日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話のCDMA 1X WIN対応携帯電話である。

特徴[編集]

W51PW52Pの女性ユーザー向けから一転し、本端末では主に男性ユーザーを対象にし、auのパナソニック製では初めてのワンセグ対応で、奥行の最薄部が12.9ミリの薄型設計となっておりワンセグ用アンテナは端末本体に内蔵される。ただしモバイルPEAKSプロセッサーを搭載していないため「VIERAケータイ」の愛称名はない(なお、この端末のワンセグチューナーの性能に関しては同期に発表されたW61CAおよびW61Hに搭載されているワンセグチューナーに相当する)。またパナソニック製でおなじみのワンプッシュオープンボタンはこの機種にも引き継がれている。

なお薄型化や開発コストを軽減する理由で、内蔵スピーカーはステレオスピーカーではなく、モノラルスピーカーを採用している。さらにカメラも前2モデル同様パンフォーカス仕様になっている。

尚auのパナソニック製では初めて新800MHz帯に対応している。

沿革[編集]

対応サービス[編集]

ほか

関連項目[編集]

  • P705i - NTT DoCoMo端末
  • W62P - W61Pの後継機種で主に女性ユーザーを対象とする。また、本機をベースとしたコラボレーションモデルとして「島耕作ケータイ」が存在する。

外部リンク[編集]