W52CA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au W52CA
W52CA (プラージュホワイト)
キャリア au
製造 カシオ計算機
発売日 2007年6月26日
概要
OS REX OS + KCP
CPU ARM9E
音声通信方式 CDMA 1X WIN
800MHz(BC3)[1]/2GHz(BC6)/新800MHz(BC0))
形状 折りたたみ型回転2軸
サイズ 104 × 49 × 23 mm
質量 139 g
連続通話時間 270分
連続待受時間 350時間[2]
充電時間 140分
バッテリー 880mAh
外部メモリ microSD
日本語入力 ATOK for au+APOT
FeliCa あり(ケータイクーポン・Touch Message対応)
赤外線通信機能 IrDA
Bluetooth なし
放送受信機能 ワンセグ対応
備考 モノラルスピーカー
メインディスプレイ
方式 TFT液晶ディスプレイ
解像度 ワイドQVGA
(240×400ドット
サイズ 2.6インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 207万画素CMOS
機能 オートフォーカス
テキストリーダー
モバイルーペ機能
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
コライユグリーン
(Corail Green)
プラージュホワイト
(Plage White)
パルミエブラウン
(Palmier Brown)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

W52CA(だぶりゅーごーにーしーえー)は、カシオ計算機およびカシオ日立モバイルコミュニケーションズ(現・NECモバイルコミュニケーションズ)が日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話携帯電話である。

2011年9月30日に、外部からの強い力によりバッテリーパックに発煙や融解に至る場合があるとして回収・交換を発表した。出荷台数の約54万台の内、現在稼働中の約14万台については新しいバッテリーパックが送付され、解約や機種変更時に回収ができていなかった対象者へは、案内文が送付される予定である[3]

特徴[編集]

カシオ製ではW42CA以来のIPX5/IPX7相当の防水性能を持つ携帯だが、G'zOneブランドではないため耐衝撃性は省かれている。サブディスプレイは非搭載だが、世界で初めて回転2軸ヒンジと防水構造を両立している。W51CAと比べると液晶横のサイドキーがなくなっており、数は7から5へと減少している。

  • おサイフケータイではW51CAの機能に加え、対応端末同士を触れ合わすだけで、情報などを送受信できる「Touch Message」にも対応している。
  • プリセットされるアプリは「ぷよぷよフィーバーDX」[4]と「ブレインチャレンジ」である(いずれも体験版) 。
  • タスク切り替え機能を搭載している。
  • ワンセグの連続視聴時間は5時間15分。録画予約機能は新たに待ち受け画面状態でも録画できるバックグラウンド録画に対応。時短再生、タイムシフト再生にも対応する。アンテナは防水性を考慮してか、伸縮しないショートローディングアンテナである。
  • EZ・FMは非対応である。これは同時発表のEXILIMケータイ W53CAも同様である。
  • 内蔵コンテンツには新たにカツオの「Bonite(ボニット)」を採用しており、アデリーペンギンケータイアレンジの形でプリセットされる。Boniteはアデリーペンギンでは出せなかった「食われる」などのブラックユーモアな雰囲気を出しており、アデリーペンギンとは違った面を見せてくれる。カシオがカツオをキャラクターに採用した理由は"カオ"と"カオ"をかけた駄洒落である。
  • データフォルダ容量は100MBで、カシオ製ではW53CAとともに最大である。
  • 赤外線通信はIrSimpleではなくIrDAである。
  • microSDスロットの位置は防水性確保のため、バッテリー下である。
  • スピーカーは1X WIN対応のカシオ機としてはこの機種より正式にモノラルスピーカーを採用する[5]

沿革[編集]

対応サービス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2012年(平成24年)7月23日より利用不可
  2. ^ 移動と静止の組み合わせ。
  3. ^ au携帯電話「W52CA」、「EXILIMケータイ W53CA」、「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」用の電池パック交換について | 2011年 | KDDI株式会社
  4. ^ ちなみにW52SHにも同アプリがプリセットされている。
  5. ^ 前述のW53CAや後継機種のW61CA、同社の2006年度の機種W42CAとその派生機種E03CAもモノラルスピーカーを採用している。また、同社のW52CAおよびW53CAに限らず最近のau向けの端末はEV-DO Rev.A対応を含む1X WIN対応端末であっても真っ先に開発コスト削減や信頼性を優先させる理由でモノラルスピーカーを採用するケースも少なくない。特に2007年の秋冬モデル以降の端末が顕著である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]