W51T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au W51T
Au W51T Sub.jpg
キャリア au
製造 東芝
発売日 2007年2月9日
概要
OS REX OS + KCP
CPU Qualcomm MSM6550
225MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
(800MHz/2GHz
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rel.0)
形状 折りたたみ式
(回転2軸ヒンジ)
サイズ 103 × 51 × 21 mm
質量 142 g
連続通話時間 220分
連続待受時間 290時間
(移動と静止の組合せ)
充電時間 130分(AC時)
外部メモリ microSD(最大2GB
日本語入力 モバイルRupo
FeliCa なし
赤外線通信機能 IrDA
Bluetooth なし
放送受信機能 ワンセグ
地上デジタル音声放送実用化試験
FM放送対応
備考 SAR値:0.347W/Kg
メインディスプレイ
方式 TFT液晶ディスプレイ
解像度 QVGA(240×320ドット)
サイズ 2.6インチ
表示色数 262,144色
EZアプリ(BREW)とEZwebの表示画面は65,536色
サブディスプレイ
方式 有機ELディスプレイ
解像度 96×39ドット
サイズ 0.8インチ
表示色数 モノクロ
メインカメラ
画素数・方式 324万画素CMOS
機能 [オートフォーカス
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
グレイシャスオレンジ
(Gracious Orange)
トランキルホワイト
(Tranquil White)
ダイナミックシルバー
(Dynamic Silver)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

W51T(だぶりゅーごーいちてぃー)は、東芝が開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X WIN対応携帯電話である。2007年2月9日より順次発売。 au向けの東芝製端末としては、初めてワンセグに対応した端末でもある。

特徴[編集]

外見的にはW44T、機能的にはW45Tをベースにしている。2007年春モデルの中ではフラッグシップモデルのW52Tに対して、スタンダード端末の位置付けにある。W44Tと違いサブディスプレイも搭載している。機能面ではW45Tをベースに、ワンセグ放送やデジタルラジオに加え、LISMO!ビデオクリップなどのサービスに対応している。ただし、EZ FeliCaBluetoothには非対応。3Dグラフィックアクセラレータは「MOBILE TURBO T4G」から進化した「MOBILE TURBO T5GP」が搭載されている。後にW52TW53TW54Tにも搭載された。カメラは東芝製CDMA 1X WIN端末ではW52Tとともに初めてオートフォーカスに対応している。

なお、後発のW62TW64Tには同一の電池パック(5523UAA)が使用されている。

対応サービス[編集]

補足[編集]

L800MHz(旧800MHz帯・CDMA Banclass 3)帯エリアによる音声・通信サービスの停波に伴い、本機の場合、2012年(平成24年)7月23日以降は2GHz(CDMA Bandclass 6)帯エリアの音声サービスのみのサポートとなる(予定)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]