FROGMAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フロッグマン
FROGMAN
本名 小野 亮
(おの りょう)
別名義 蛙男(かえるおとこ)
生年月日 (1971-04-09) 1971年4月9日(45歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都板橋区
国籍 日本の旗 日本
職業 アニメーション作家映画監督
クリエイティブ・ディレクター
声優
ジャンル フラッシュアニメ
活動期間 2002年 -
配偶者 あり
著名な家族 あり
公式サイト kaeruotoko.com ~蛙男商会公式サイト~
~鷹の爪公式サイト~
主な作品
菅井君と家族石
古墳ギャルのコフィー
秘密結社鷹の爪
進め!!土管くん
京浜家族

FROGMAN(フロッグマン、蛙男、1971年4月9日 - )は、日本の企業家、CGクリエイター、アニメーション監督。及び声優。本名:小野 亮(おの りょう)。東京都板橋区出身で、長く島根県に在住していた(後述)。ディー・エル・イー所属、蛙男商会(かえるおとこしょうかい)代表。

名前は幼少期に愛聴していた「スネークマンショー」に由来。イメージキャラクターは全身が黄色い蛙。

略歴[編集]

東京都にて7人兄弟の末っ子として生まれる。

映画監督を夢見て東京都立清瀬高等学校卒業後、読売映画社に撮影部として契約入社。その後、フリーランスの制作部として活動を始める。『北の国から98時代』などのテレビドラマや、錦織良成監督作品『守ってあげたい!』といった映画の撮影に参加。その後、映画「白い船」(これも錦織が監督を手掛けた作品である)の撮影先である島根県平田市(現出雲市平田地区)で知り合った松江出身の女性と結婚したことを機に一旦映像業界を離れ[1]、島根に移り住む。 当時借りていた平屋は家賃3万円だった。

「地方発の映像配信」をコンセプトにウェブサイトを立ち上げ、創作活動を行うも注目されなかったが、青池良輔の『CATMAN』に触発されて、2002年頃にツールをAdobe Flashに移行し、「練習がてら」に作った『菅井君と家族石』が大きな注目を浴びる。以降は積極的なセールス展開を続け、「蛙男商会」の設立に至る。2003年には錦織良成が塾長を務める「しまね映画塾」には「小野リョウ」名義で映像制作講座講師として、2004年にもスタッフとして参加している。

その後、『秘密結社鷹の爪』のブレイクで多忙となり、現在は再び東京に居を移し、暇が出来れば島根に出向くという生活を送る[2]

出演作品[編集]

自作のアニメーションでは声色を巧みに使い分けて大多数のキャラクターを演じている。基本的に「蛙男商会」制作作品における登場キャラクターの声ほとんどすべてを(女性キャラクターも含めて)担当しているが[3]、この節ではその作品と代表的な登場キャラクターを列挙する。

脚注[編集]

  1. ^ 秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE 〜総統は二度死ぬ〜』の特典映像では「映画業界に捨てられた」と語っている
  2. ^ FROGMAN(小野亮)|観光・コラム・裏情報・イベント情報満載の島根を応援する島根県公認コミュニティ[リメンバーしまね]
  3. ^ 声優を起用する場合もある。その場合上野アサ(亜沙、小室亜沙)、相沢舞坂本頼光の起用が多い。
  4. ^ “森川葵が「鷹の爪」劇場版で声優初挑戦、内田彩と杉田智和も参加”. 映画ナタリー. (2016年7月14日). http://natalie.mu/eiga/news/194470 2016年7月14日閲覧。 
  5. ^ ボイスキャスト”. アニメ「テルマエ・ロマエ」公式サイト. 2011年12月24日閲覧。
  6. ^ ニュース”. 円谷ステーション. 2015年9月15日閲覧。

外部リンク[編集]