A5403CA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au A5403CA
A5403CA(スパークオレンジ)
A5403CA(スパークオレンジ)
キャリア au
製造 カシオ計算機
発売日 2003年12月19日
概要
OS REX OS
CPU SH-Mobile V+ARM7
音声通信方式 CDMA 1X
(CDMA2000 1x)
800MHz
形状 折りたたみ型
サイズ 102 × 51 × 26 mm
質量 120 g
連続通話時間 150分
連続待受時間 200時間
(移動と静止の組合せ)
充電時間 140分
外部メモリ miniSD
日本語入力 ATOK for au+APOT
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 Crystal Fine液晶
解像度 QVGA(240×320ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 1568万色
サブディスプレイ
方式 Crystal Fine液晶
解像度 72×96ドット
サイズ 1.1インチ
表示色数 1568万色
メインカメラ
画素数・方式 200万画素CCD
機能 AF付き
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
スパークオレンジ
(Spark Orange)
シルバーミスト
(Silver Mist)
グラナイトブラック
(Granite Black)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

A5403CA(えーごーよんぜろさんしーえー)は、カシオ計算機が開発した、KDDIおよび沖縄セルラー電話auブランドの携帯電話である。

特徴[編集]

本機種の最大の特徴は、携帯初となる200万画素CCDAF付き)を搭載していることである。これにより、最大でUXGA(1600×1200ドット)サイズの撮影が可能である。また、カシオ製端末としては初めて、QVGA液晶ディスプレイminiSDスロットを搭載し、クレードル経由のUSBによるPCとの接続にも対応した。後継機種であるA5406CAA5407CAG'zOne TYPE-Rのデザインは本機種を元にしている。

通常、折り畳み式の携帯電話は開いた時にヒンジ部が「カチッ」と鳴るようにできているが、本機種ではこの音がならないように設計されている。

なお、本機種よりQVGA液晶への対応に合わせてカシオ製端末のUIが一新され、以降のカシオ製端末およびカシオ日立モバイルコミュニケーションズが製造するW61CAまでの端末は、本機種のUIがベースとなっている。

評判[編集]

携帯のカメラとしては初の200万画素CCD搭載モデルとして評判を呼んだ。しかし実際には感度が低く、俗に「暗黒オーラ」と呼ばれる、撮影画像の周囲が暗くなってしまう現象が発生したり、AF(オートフォーカス)を使用するとボタンを押してから撮影されるまで1秒から5秒程度かかるなどといった短所が目立った。ただし、撮影後のminiSDカードへの保存速度は速いとの評価がある。

沿革[編集]

  • 2003年8月29日 TELEC認証。
  • 2003年9月10日 JATE認定。
  • 2003年10月6日 KDDIから発表。
  • 2003年12月19日 スパークオレンジが発売。(地域によって差がある)
  • 2004年1月中旬 シルバーミストが発売。(地域によって差がある)
  • 2004年1月 KDDIから、追加色(グラナイトブラック)が発表。
  • 2004年1月27日 グラナイトブラックが沖縄地方で発売。
    • 2004年1月29日 グラナイトブラックが関西・九州地方で発売。
    • 2004年1月30日 グラナイトブラックが北海道・関東・北陸・中国・四国地方で発売。
    • 2004年1月31日 グラナイトブラックが東北・中部地方で発売。
  • 2004年3月29日 KDDIから、電池パックに関する不具合が発表。

不具合[編集]

  • 2004年3月29日発表の不具合
    電池パック形状不一致(ガタつき)によって電源切れが発生する不具合。不具合が発生する端末の購入者には改良された電池パックが送付された。

関連項目[編集]