talby

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索


au talby(A5508SA)
キャリア au
製造 鳥取三洋電機
発売日 2004年11月23日
概要
OS REX OS
CPU Qualcomm MSM5100
50MHz
音声通信方式 CDMA 1X
(CDMA2000 1xMC)
800MHz[1]
データ通信方式 CDMA 1X
(CDMA2000 1xRTT)
形状 ストレート型
サイズ 132 × 45 × 13 mm
質量 79 g
連続通話時間 約190分
連続待受時間 約250時間
(移動と静止の組合せ)
充電時間 約110分
外部メモリ なし
日本語入力 ATOK + APOT
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 QVGA(240×320)ドット
サイズ 2.1インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 31万画素CMOS
機能 AFなし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ホーネットグリーン(Hornet Green)
オレンジオレンジ(Orange Orange)
ホールブラック(Hole Black)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

talbyたるびー)は、三洋マルチメディア鳥取(現・三洋テクノソリューションズ鳥取)が設計・生産した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話CDMA 1X対応携帯電話である。端末型番はA5508SA。

概要[編集]

talbyはau design projectの第3弾の端末である。(第1弾はINFOBAR、第2弾はCDMA 1X WIN端末であるW11K

ストレート式。外部メモリーは非対応。カメラ性能はCMOS 約31万画素。

端末のデザインはプロダクトデザイナーマーク・ニューソン(Marc Newson)による。形状はINFOBARと同じストレートタイプだが、QVGA液晶に対応するなど折りたたみ式の携帯電話と機能性はほとんど変わらないのが特徴である。

操作面・表示面は平滑な平面となっており、操作ボタンはすべて丸形基調、正面形の四隅もアールで処理され、さらに左上部には幅が24mmほどもある大きな長円形のストラップ穴があることがデザイン上の大きな特徴である。この大きなストラップ穴はいわゆる携帯ストラップに限らず、個人個人で好きなベルトを通せる配慮であり、標準でもベルト状の布製ネックストラップが付属していた。

デザインモックの段階ではアルミ外装を想定していたが、製品版ではプラスチックにアルミ調の塗装を施したものに変更された。その代わり、当初あった小型のアンテナは内蔵型に変更されている。また、モックでは10mmを切っていた厚みは製品版では技術的な困難から13mmと若干後退したが、背面側を斜めに面取りし、アルミ風フレームの部分だけを目立たせたデザインの工夫により、一見厚みが7mmほどしかないように見せている。ボタン部分の色換えによるカラーバリエーションが3色あるが、ビジネスショウ 2003 TOKYO に出展されたモデルの段階では、さらにホワイト(White)の計4色が提案されていた。

また、ニューソンの友人であり、音楽家のニック・ウッド(Nick Wood) がこの端末のために楽曲を提供し、その音楽があらかじめtalbyにプリセットされているなど、これまでに無い新たな試みがされている。このtalbyのサウンドトラックとして、『Free』を含む4曲を収録したCDも発売された。この内3曲はiTunes Store でも販売されている。

ニューヨーク近代美術館収蔵品として同機種が選定された。

沿革[編集]

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ 2012年7月23日より利用不可。