INFOBAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
au INFOBAR
(A5307ST)
INFOBAR(ICHIMATSU)
INFOBAR(ICHIMATSU)
キャリア au
製造 三洋マルチメディア鳥取
発売日 2003年10月31日
概要
OS REX OS
CPU Qualcomm MSM5100
50MHz
音声通信方式 CDMA 1X
(CDMA2000 1xMC)
(800MHz)
2012年7月23日より利用不可
データ通信方式 CDMA 1X
(CDMA2000 1xMC)
※2012年7月23日より利用不可
形状 ストレート型
サイズ 138 × 42 × 11 mm
質量 87 g
連続通話時間 150分
連続待受時間 200時間
外部メモリ なし
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
備考 *1:BREW専用メモリは1.2MB
メインディスプレイ
方式 TFT液晶ディスプレイ
解像度 132×176ドット
サイズ 2.0インチ
表示色数 65,536色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 31万画素CCD
機能 AFなし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
NISHIKIGOI
ICHIMATSU
BUILDING
ANNIN
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

INFOBAR(いんふぉばー)は、三洋マルチメディア鳥取(現社名:三洋電機コンシューマエレクトロニクス)が設計・生産した、auブランドを展開するKDDI/沖縄セルラー電話CDMA 1X対応3G携帯電話である。端末型番はA5307ST(えー ごーさんぜろなな えすてぃー)。

概要[編集]

INFOBARはau design projectの第1弾の端末である。ベースモデルは三洋マルチメディア鳥取のA5306STであり、性能面での差は、サブディスプレイの有無(A5306STにはあるが、INFOBARには無い)以外はほとんど見られない。2002年5月17日から19日に開催された「ビジネスショウ 2002 TOKYO」に参考出品されたプロトモデル「info.bar」がデザインのベースとなっている。プロダクトデザイナーである深澤直人がデザインした。ソフトウェアも端末デザインをイメージした、統一感のあるものとなっている。

筐体はマグネシウム製[1]のストレート式。外部メモリーは非対応。カメラは31万画素CCD。カラーバリエーションは、NISHIKIGOI(赤とベージュ。ボタン部には水色も)、ICHIMATSU(黒と白)、BUILDING(藍と銀)の3色。2004年4月より、ANNIN(白)が新色として発売された。このカラーネーミングは、開発時に技術者が自然に呼び始めた名称をそのまま利用したものとなっている。INFOBARの反響は非常に大きく、発売日以降売り切れの店舗が続出した。

なおこの機種は、鳥取三洋電機製端末としては最後となる、型番の末尾の記号が「ST」のモデルであり、以降の鳥取三洋電機製端末は大阪の三洋電機製端末と同じく、型番の末尾の記号は「SA」となっている。

2003年グッドデザイン賞選定[1]2005年にはドイツiFデザイン賞の「iFプロダクトデザイン賞」を受賞[2]2007年にはアメリカニューヨーク近代美術館[3]に、2013年には同国のインディアナポリス美術館[4]にそれぞれ収蔵品として同機種が選定された。

2007年12月1日には、デザインコンセプトを引き継ぎつつ最新技術を盛り込んだ新モデルとしてINFOBAR2が発売された。詳細は該当項目を参照されたい。

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 携帯電話 [INFOBAR]”. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2014年2月4日閲覧。
  2. ^ INFOBAR”. iF Design. 2014年2月4日閲覧。
  3. ^ Naoto Fukasawa. Infobar Cellular Phone. 2003”. The Museum of Modern Art. 2014年2月4日閲覧。
  4. ^ INFOBAR MOBILE PHONE”. Indianapolis Museum of Art. 2014年2月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
-
au INFOBARシリーズ
INFOBAR(A5307ST)
次代:
INFOBAR2(W55SA)