鈴木梨央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すずき りお
鈴木 梨央
本名 鈴木 梨央[要出典]
生年月日 2005年2月10日(11歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県[1]
身長 138 cm[2]
血液型 A型
職業 子役タレント
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2010年 -
事務所 ジョビィキッズプロダクション
公式サイト ジョビィキッズ
主な作品
テレビドラマ
八重の桜
Woman
明日、ママがいない
お兄ちゃん、ガチャ
あさが来た
劇場アニメ
リトルプリンス 星の王子さまと私
音楽
花は咲く

鈴木 梨央(すずき りお、2005年(平成17年)2月10日 - )は、日本子役タレント埼玉県出身[3]ジョビィキッズプロダクション所属。

経歴[編集]

2010年(平成22年)、5歳の時から芸能活動を開始。芸能活動を始めたきっかけは、テレビドラマMother』を観て「芦田愛菜ちゃんみたいになりたい」と思い、芦田の所属するジョビィキッズプロダクションのオーディションを受けたことである[4][5][6]2012年(平成24年)、テレビドラマ『カエルの王女さま』で子役としてデビューする[3]

2013年(平成25年)1月、NHK大河ドラマ八重の桜』に出演し、綾瀬はるか演じる主人公・八重の幼少期を演じて注目を集める[6]。同年4月、NHKの東日本大震災復興応援プロジェクト「NHK東日本大震災プロジェクト」のテーマ曲『親と子の「花は咲く」 』でavex traxより歌手デビュー[7][8]。同年7月には『Mother』と同スタッフ制作による水曜ドラマWoman』で満島ひかりの娘役を好演し、注目の子役として脚光を浴びる[9]。翌2014年(平成26年)1月には芦田愛菜主演の『明日、ママがいない』に出演、人気子役同士のドラマ初共演が話題を呼ぶ[10][11]。同年9月には、初めて自分の著書『鈴木梨央のおしゃれアレンジBOOK』を出版した。

また、2014年(平成26年)よりKDDIauスマートバリュー」のCMにおとくちゃん役で出演、翌2015年(平成27年)からは大塚製薬ポカリスエット」のCMに子役として初めて起用され吉田羊と母娘役を演じ、話題を集めている[12][13]

2015年(平成27年)1月には『お兄ちゃん、ガチャ』で連続ドラマ初主演[注 1][14]。同年9月28日より放送予定のNHK連続テレビ小説あさが来た』では波瑠演じるヒロイン・白岡あさの幼少期を演じ、大河ドラマ(『八重の桜』)と朝ドラ(『あさが来た』)の両方で主人公の子供時代を演じる初の子役となる[15]。制作統括の佐野元彦エグゼクティブ・プロデューサーからは「1週目の台本を見て、コレできる子いるのかと思ったが、こちらの期待に常に倍返しで帰ってきた。耳がいいのか、京都弁も素晴らしい」「振れ幅の大きなお芝居ができる」との評価を受けた[16][17]。視聴者からの反応もよかったことから、作品の後半にはヒロインの長女・白岡千代役で再起用される[注 2][19]。同年11月公開の劇場アニメ『リトルプリンス 星の王子さまと私』ではアニメ声優に初挑戦[20]。同作が特別招待作品としてワールドプレミア上映された同年5月の第68回カンヌ国際映画祭では、世界各国の声優が一同に集結する中で日本語吹き替え版の声優として振袖姿でレッドカーペットを歩き、日本史上最年少の主演女優としてカンヌデビューを果たしている[21]

人物[編集]

  • 家族構成は父・母・姉の4人家族で、二人姉妹の次女にあたる。トイプードルの愛犬を飼っている。名前はキラ[5]
  • 「梨央」という名前の由来は、フィギュアスケート浅田真央が好きで、そこから母親がビビビッときたからとのこと[5]
  • 小さな頃から泣き虫で、昔は医者の白衣を見るだけで泣いていたとのこと。今も虫やお化け、雷などが苦手である[5]
  • 同学年の芦田愛菜に憧れて子役になった[6]。芸能活動を始めたきっかけは、テレビドラマMother』を観て「芦田愛菜ちゃんみたいになりたい」と思い、芦田の所属するジョビィキッズプロダクションのオーディションを受けたことである[22][5][6]。芦田とは2012年(平成24年)の『芦田愛菜 ファースト コンサート 〜ウィンターワンダーランド〜』でバックダンサーの1人として初共演[3]したのに続き、2014年(平成26年)の『明日、ママがいない』でドラマ初共演を果たした。本人は、「憧れの愛菜ちゃんと一緒なので、本当に夢みたいで、わくわくしています。本当にうれしいです」と喜びを語った[11]。また、事務所の合宿でも会ったことがあると明かし、「今までなかなか会う機会がなかったけど、たまたま事務所の合宿で一緒にお風呂に入る機会があって、40分もお風呂に入って、たくさんおしゃべりしてしまいました」とコメントした[23]
  • 台詞を覚える際、最初は一人で集中して覚えて、覚えたら母親に相手役をしてもらっているとのこと。難しい台詞や方言などはリズムを付けて覚えると、あとで普通に戻してもスラスラ台詞が出てくるとのこと[5]連続テレビ小説あさが来た』ではオーディション時から京言葉が完璧で、「こんな音感の良い子は珍しい」と方言指導の先生を驚かせた[15]
  • 憧れの女優は『Woman』で共演した、満島ひかり田中裕子、『八重の桜』で共演した綾瀬はるか[5]
  • 好きなアーティストはmiwa西野カナ絢香[5]
  • 好きな科目算数音楽。理由は、「算数は、教わった通りに解くとパパパッと答えが出るのが楽しいから」[5]
  • 好きなブルー[5]
  • 好きなスイーツはバニラ味のアイスクリーム[5]
  • ギターを弾くのが好きで、2014年から習い始めている。今では好きな歌手の絢香の『三日月』が弾けるようになったらしい[5]
  • 身長138cm[注 3]体重20kg、靴のサイズ20cm[注 4]
  • 左利きである[5][24]大河ドラマ八重の桜』では、八重が右利きだとわかると、母の留守中にしつけ箸(指を入れる箸)を使ってボーロを皿に移し替える特訓を重ね、収録では絵画、食事、鉄砲を構えるシーンにおいてすべて自然な右利きを披露する努力家の一面を見せた[3]連続テレビ小説あさが来た』や八重の桜と同じく成長後を綾瀬はるかが演じている『わたしを離さないで』においても同様に右手を使っている。幼少期のみを演じる場合には大人の役者に合わせ右手を使う一方で『37.5℃の涙』では原作の漫画は朝比奈小春が右利きであるが左手を使っていた。偶然ではあるが誕生日の2月10日は「0210」と書くと英語で左を意味する「レフト」と読めることから左利きの日や左利きグッズの日とされている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

バラエティー[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 芦田愛菜 ファースト コンサート 〜ウィンターワンダーランド〜(2012年12月27日、きゅりあん大ホール) - バックダンサー[3]
  • 「ママフェス 2013 スプリング」 トーク&ライブショー(2013年5月18日)

書籍[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 販売生産番号 最高位
1st 2013年4月17日 親と子の「花は咲く」 AVCD-48225 119位

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 岸優太とのダブル主演。
  2. ^ ヒロインの幼少期とヒロインの子供の2役を演じるのは『ふたりっ子』(1996年 - 1997年)の三倉茉奈三倉佳奈、『ゲゲゲの女房』(2010年)の菊池和澄、『カーネーション』(2011年 - 2012年)の二宮星などがいる[17][18]
  3. ^ 2016年4月現在[2]
  4. ^ 2014年9月現在[5]
  5. ^ 沖縄県のみ沖縄セルラー電話名義となる。

出典[編集]

  1. ^ 「『八重の桜』好演の梨央ちゃん歌手に挑戦」 朝日新聞2013年2月17日
  2. ^ a b “綾瀬はるか、身長20センチ伸びた鈴木梨央ちゃんの成長ぶりにびっくり”. 映画.com. (2016年4月8日). http://eiga.com/news/20160408/14/ 2016年4月10日閲覧。 
  3. ^ a b c d e “「八重の桜」子役の鈴木梨央/気になリスト”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2013年1月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130130-1078130.html 2015年8月27日閲覧。 
  4. ^ (旬)子役・鈴木梨央「八重に似て負けず嫌い」 朝日新聞 2013年2月23日夕刊
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 鈴木梨央 『鈴木梨央のおしゃれアレンジBOOK』 ワニブックス、東京都、2014年ISBN 978-4-8470-9270-1
  6. ^ a b c d “大河『八重の桜』で話題の子役・鈴木梨央ちゃん 芸能界入りは「愛菜ちゃん」きっかけ”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年1月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2020559/full/ 2015年8月27日閲覧。 
  7. ^ 鈴木梨央:「八重の桜」子役が歌手“デビュー” NHK「花は咲く」で復興支援(毎日jp 2013年02月17日)
  8. ^ 明日へ ―支えあおう― NHK東日本大震災プロジェクト - 復興支援ソング 親と子の「花は咲く」”. avex trax. 2015年8月27日閲覧。
  9. ^ 高倉文紀. “この若手女優が注目されている理由 2013年大活躍だった子役系女優☆鈴木梨央”. 月間タレントパワーランキング. アーキテクト. 2015年8月27日閲覧。
  10. ^ “芦田愛菜&鈴木梨央が初共演!芦田は新境地、鈴木「夢みたい」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年11月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/11/29/kiji/K20131129007101490.html 2015年8月27日閲覧。 
  11. ^ a b 芦田愛菜&鈴木梨央! 天才子役が夢の共演!!”. ザ・テレビジョン (2013年11月30日). 2013年11月30日閲覧。
  12. ^ “9歳鈴木梨央ポカリCMに 子役起用は初”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2015年1月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20150105-1417566.html 2015年8月27日閲覧。 
  13. ^ 高倉文紀. “急上昇女優のデータプロファイリング 鈴木梨央”. 月間タレントパワーランキング. アーキテクト. 2015年8月27日閲覧。
  14. ^ “ジャニーズJr.岸優太&鈴木梨央が連ドラ初主演 脚本は野島伸司氏”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年11月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2044442/full/ 2015年8月27日閲覧。 
  15. ^ a b 瀬津真也 (2015年7月23日). “鈴木梨央、有名子役初の大河&朝ドラ主人公”. nikkansports.com (日刊スポーツ). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1511389.html 2015年8月27日閲覧。 
  16. ^ 梅田恵子 (2015年9月5日). “梅ちゃんねる 朝ドラ「あさが来た」試写見て5つのびっくりぽん”. nikkansports.com (日刊スポーツ). http://www.nikkansports.com/entertainment/column/umeda/news/1533679.html 2015年10月4日閲覧。 
  17. ^ a b “あさの少女時代を演じた鈴木梨央 今度は娘役で再登場”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2015年12月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/04/kiji/K20151204011622350.html 2015年12月4日閲覧。 
  18. ^ “鈴木梨央、「あさが来た」に再登場!あさと千代の二役「本当にうれしい」”. スポーツ報知. (2015年12月4日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151204-OHT1T50000.html 2015年12月4日閲覧。 
  19. ^ a b “鈴木梨央「あさが来た」に異例の再登場!ヒロイン少女時代→娘役”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2015年12月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/03/kiji/K20151203011619740.html 2015年12月3日閲覧。 
  20. ^ “鈴木梨央『リトルプリンス』主人公の声優に抜擢! 母親役は2児の母・瀬戸朝香”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年4月17日). http://news.mynavi.jp/news/2015/04/17/026/ 2015年8月27日閲覧。 
  21. ^ “鈴木梨央、瀬戸朝香、津川雅彦がカンヌの大舞台に興奮”. ウォーカープラス (KADOKAWA). (2015年5月23日). http://news.walkerplus.com/article/59092/ 2015年8月27日閲覧。 
  22. ^ (旬)子役・鈴木梨央「八重に似て負けず嫌い」 朝日新聞 2013年2月23日夕刊
  23. ^ 芦田愛菜&鈴木梨央 演技派子役が初共演”. 2013年12月9日閲覧。
  24. ^ スタジオパークからこんにちは 2016年2月24日放送にて自ら解説。
  25. ^ “前田敦子&鈴木梨央、『世にも奇妙な物語』で初主演決定”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2015年4月2日). http://dogatch.jp/news/cx/32293 2015年8月27日閲覧。 
  26. ^ 鈴木梨央「あさが来た」で主役幼少期 大河とWは初”. 日刊スポーツ (2015年7月23日). 2015年7月23日閲覧。
  27. ^ 綾瀬はるか「TBS金10」で真価問われる──来年1月期『わたしを離さないで』主演は大丈夫か”. エキサイトニュース (2015年11月28日). 2015年12月16日閲覧。
  28. ^ 「最後の贈り物」(NHK)藤木沙奈幼少役”. 出演情報. ジョビィキッズプロダクション (2016年4月1日). 2016年4月3日閲覧。
  29. ^ 「精霊の守り人」シーズン2 出演者決定!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2016年4月8日). 2016年4月9日閲覧。
  30. ^ “映画「僕だけがいない街」雛月加代役は鈴木梨央、少年期の悟は新星に”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年10月22日). http://natalie.mu/comic/news/163581 2015年12月3日閲覧。 
  31. ^ 津川雅彦、75歳で初カンヌへ!アニメ映画版「星の王子さま」声優が発表”. シネマトゥデイ (2015年4月17日). 2015年4月17日閲覧。
  32. ^ 幼少の八重 鈴木梨央ちゃん初イベント 日刊スポーツ芸能ニュース - 朝日新聞デジタル&M 2013年3月29日
  33. ^ “妻夫木のび太と前田ジャイ子の娘は…トヨタ「ノア」13日から新CM”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年8月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/08/11/kiji/K20140811008724330.html 2015年8月27日閲覧。 
  34. ^ ポカリスエット CM”. OTSUKA ADVIEW SITE. 大塚製薬. 2015年8月27日閲覧。
  35. ^ “吉田羊&鈴木梨央、“キャンディーズ結成”で息ピッタリダンス”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年6月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2053835/full/ 2015年8月27日閲覧。 
  36. ^ “11歳鈴木梨央ポカリ新CMで吉田羊とウクレレ”. 日刊スポーツ. (2016年5月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1650504.html 2016年5月22日閲覧。 

外部リンク[編集]