モバオク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社モバオク
Mobaoku Corporation
Shibuya HIKARIE 2012-11.jpg
株式会社モバオクが入居する渋谷ヒカリエ
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-8510
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ
設立 2005年6月1日
業種 サービス業
法人番号 2011001044883
事業内容 情報提供業
代表者 八津川博史
資本金 2億円
従業員数 40名
主要株主 ディー・エヌ・エーKDDI
外部リンク http://www.mbok.jp/
テンプレートを表示

モバオクは、株式会社モバオクが提供するインターネットオークションサービスの名称。

また、株式会社モバオクは株式会社DeNA(ディー・エヌ・エー)の子会社でモバオクとauショッピングモールを事業としている。DeNAと同じく渋谷ヒカリエ (渋谷区渋谷2-21-1)に本社を構える。

概要[編集]

日本国内では、ヤフオク!楽天オークションと並ぶ日本最大級のインターネットオークションサイトである。

ディー・エヌ・エーが携帯電話専用オークションとして開始。また同社は1999年創業時からパソコンのオークションサイト「ビッダーズ」をサービス運営していたが、モバオクが次第にパソコンにも対応し、さらにビッダーズは2013年1月10日に「DeNAショッピング」と改称、オークションサービスは縮小され2014年3月19日に終了[1]。ディー・エヌ・エーのオークションサービスはモバオクに一本化された。

特徴としては、月額利用料がかかるが、出品者は「自動車・バイクの車体カテゴリ」を除いて落札システム利用料がかからない[2]。支払方法は基本的にモバペイ代引きであることなどである[3]

沿革[編集]

  • 2004年3月 - ディー・エヌ・エーにより「モバオク」のサービスが開始される。
  • 2005年6月 - ディー・エヌ・エーから子会社化され株式会社モバオクが設立。
  • 2005年6月 - KDDI株式会社に対する第三者割当増資を実施。
  • 2009年5月 - パソコンからモバオクが利用できる 「モバオクPC会員制」開始。
  • 2010年12月 - スマートフォン向けのサービス開始。
  • 2013年4月 - ディー・エヌ・エーの「au ショッピングモール」事業を簡易吸収分割により承継。

モバペイ[編集]

三菱東京UFJ銀行、ディー・エヌ・エー共同出資の株式会社ペイジェントが提供する決済エスクローサービスのモバペイがある。それにより手数料がかかるが、安全に取引ができる[4]

モバオクポイント[編集]

モバオクが導入しているポイント制度であり、登録した後に様々なキャンペーンに参加することでポイントがもらえる。 モバペイ支払いや落札システム利用料に、1ポイント=1円で使用できる。

利用可能な端末とアプリ[編集]

当初は携帯電話(フィーチャー・フォン)専用だったが、パソコン、スマートフォン、タブレット、AndroidiOSのアプリでも使用できる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]