チャンスの順番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャンスの順番
AKB48シングル
収録アルバム ここにいたこと
B面 予約したクリスマス
胡桃とダイアローグ(通常盤Type-A)
ALIVE(通常盤Type-K)
ラブ・ジャンプ(通常盤Type-B)
フルーツ・スノウ(劇場盤)
リリース
規格 マキシシングル
録音 2010年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞・作曲 秋元康(作詞)
小西裕子(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 2010年12月度月間1位(オリコン)
  • 2010年度年間8位(オリコン)
  • 2011年度上半期37位(オリコン)
  • 2011年度年間76位(オリコン)
  • 1位Billboard JAPAN Hot 100
  • 1位(Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 2位(Billboard JAPAN Hot Top Airplay)
  • 10位(Billboard JAPAN Adult Contemporary Airplay)
  • 12位RIAJ有料音楽配信チャート
AKB48 シングル 年表
Beginner
(2010年)
チャンスの順番
(2010年)
桜の木になろう
(2011年)
ここにいたこと 収録曲
チームB推し
(11)
チャンスの順番
(12)
Beginner
(13)
テンプレートを表示

チャンスの順番」(チャンスのじゅんばん)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、小西裕子により作曲されている。2010年12月8日にAKB48のメジャー19作目のシングルとしてキングレコードから発売された[注 1]。楽曲のセンターポジションは内田眞由美が務めた。

背景とリリース[編集]

楽曲を歌唱する選抜メンバーは、じゃんけんのみにより決定されている。リリースに先駆けて、2010年9月21日に日本武道館で開催された『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』が開催されており、このイベントで16位以内に入ったメンバーが選抜メンバーとして楽曲を歌唱している。イベントで優勝した内田眞由美がセンターポジションを務めている。この曲で初選抜や数年ぶりの選抜となったメンバーが多かったため、楽曲の歌詞は「誰にでもチャンスは訪れる」という内容になった。石田晴香・内田眞由美・佐藤すみれ田名部生来近野莉菜中塚智実前田亜美松井咲子が初選抜。一方、板野友美大島優子北原里英高橋みなみ宮澤佐江松井珠理奈[注 2]渡辺麻友は初選抜からの連続選抜記録が止まった。

楽曲のシングル盤は「Type-A」「Type-K」「Type-B」「劇場盤」の4種類がリリースされた。劇場盤は販路限定盤でサイト「キャラアニ」を通して発売された。特典として、Type-A、K、Bの3種(初回プレスのみ)には共通で内田眞由美、石田晴香、佐藤すみれ、前田亜美が参加する「AKB48 19thシングルトーク&握手会」(関西・東海・関東)の応募はがきが封入されている。劇場盤には「劇場盤発売記念大握手会」参加券およびメンバー個別生写真1枚(全48種類)が封入されている。通常盤の初回プレスを購入した全員が参加できる握手会は実施されていない。

キャッチコピーは「誰にもチャンスはある」。

ジャケットタイトル文字は内田が書いたものを使用している[1]

楽曲のミュージック・ビデオは丸山健志(KRK PRODUCE)が監督を務めている。ビデオでも内田眞由美がセンターポジションを務めているほか、石田晴香と小嶋陽菜が内田をサポートするサブセンターを務めている。

楽曲は2010年12月3日の『ミュージックステーション』出演時に披露されている。

楽曲はバンダイナムコゲームスAKB1/48 アイドルと恋したら…』のテーマソングに使用された。

チャート成績[編集]

発売前日の2010年12月7日付オリコンデイリーシングルチャートで推定売上枚数約47万1000枚を記録。これは発売当時、前作「Beginner」の発売前日付(56万8000枚)に次ぐ記録だった。また、2010年度のオリコン年間シングルチャートにおいては、初日の枚数のみでKAT-TUNの「Love yourself」(本作発売直前における年間暫定10位)の累積売上を抜き、初日の売上のみで年間10位に位置づけた。なお、暫定9位以上にはとAKB48の作品のみがランクインしていたため、本作の暫定TOP10入りにより、年間TOP10がこの2グループの作品で占められることになった。このことを受けてあまりアイドルを取り上げない『WHAT's IN?』が、「二大アイドル時代」と称して特集した[2]

発売日である2010年12月8日付同チャートでは約5万5000枚を記録。2日で推定売上枚数の合計が約50万枚に達した。3日目には前作を除く自身のそれまでの全シングルの初動売上を上回った。

2010年12月20日付オリコン週間シングルチャートで1位を記録。チャート1位は「RIVER」から6作連続・通算6作目となった。女性グループによる連続1位記録は、おニャン子クラブが1986年から1987年にかけて記録した6作連続と並ぶタイ記録となった[3]

AKB48は2010年にリリースした5作品すべてで1位を記録しており、女性アーティストによる1年あたりの1位記録数はピンク・レディーが1978年に記録した5作品と並ぶ最多タイ記録となった[3]。なお、出典記事ではAKB48の記録を「女性アーティストとしてはピンク・レディー以来32年ぶり」としているが、実際には浜崎あゆみが2001年に5作品(単独名義のみ)で1位を記録しているため、女性アーティストとしては9年ぶり。

最終的な初動売上は約59万7000枚となり、2010年に発売されたシングルのうちでは自身の前作に次ぐ2番目に高い枚数となった。2010年度のオリコン年間シングルチャートでは集計期間の関係で初動の1週間のみの集計となったが、8位にランクインした。翌2011年度の同チャートでは76位にランクインし、2年連続で100位以内に入った。通算売上70万枚を記録している。

シングル収録トラック[編集]

Type-A[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「チャンスの順番」 秋元康 小西裕子 生田真心
2. 「予約したクリスマス」 秋元康 中川司 中西亮輔
3. 「胡桃とダイアローグ」(チームA) 秋元康 PJ 武藤星児
4. 「チャンスの順番 (off vocal ver.)」        
5. 「予約したクリスマス (off vocal ver.)」        
6. 「胡桃とダイアローグ (off vocal ver.)」        
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「チャンスの順番」    
2. 「予約したクリスマス」    
3. 「胡桃とダイアローグ」    
4. 「19thシングル 選抜じゃんけん大会 ドキュメント映像(前編)」    

Type-K[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「チャンスの順番」 秋元康 小西裕子 生田真心  
2. 「予約したクリスマス」 秋元康 中川司 中西亮輔  
3. 「ALIVE」(チームK) 秋元康 山崎燿 野中“まさ”雄一
4. 「チャンスの順番 (off vocal ver.)」        
5. 「予約したクリスマス (off vocal ver.)」        
6. 「ALIVE (off vocal ver.)」        
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「チャンスの順番」    
2. 「予約したクリスマス」    
3. 「ALIVE」    
4. 「19thシングル 選抜じゃんけん大会 ドキュメント映像(中編)」    

Type-B[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「チャンスの順番」 秋元康 小西裕子 生田真心  
2. 「予約したクリスマス」 秋元康 中川司 中西亮輔  
3. 「ラブ・ジャンプ」(チームB) 秋元康 池間史規 野中“まさ”雄一
4. 「チャンスの順番 (off vocal ver.)」        
5. 「予約したクリスマス (off vocal ver.)」        
6. 「ラブ・ジャンプ (off vocal ver.)」        
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「チャンスの順番」    
2. 「予約したクリスマス」    
3. 「ラブ・ジャンプ」    
4. 「19thシングル 選抜じゃんけん大会 ドキュメント映像(後編)」    

劇場盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「チャンスの順番」 秋元康 小西裕子 生田真心  
2. 「予約したクリスマス」 秋元康 中川司 中西亮輔  
3. 「フルーツ・スノウ」(チーム研究生) 秋元康 重永亮介 武藤星児
4. 「チャンスの順番 (off vocal ver.)」        
5. 「予約したクリスマス (off vocal ver.)」        
6. 「フルーツ・スノウ (off vocal ver.)」        

選抜メンバー[編集]

括弧内は「AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会」の順位。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」を含む。インディーズシングルを含めると通算21作目。
  2. ^ AKB48の姉妹グループ・SKE48のメンバー。

出典[編集]

  1. ^ ▽そういえばね - 内田眞由美公式ブログ「まゆみのまんま」 2010年12月19日
  2. ^ 『WHAT's IN?』2011年1月号(ソニー・マガジンズ
  3. ^ a b オリコン (2010年12月14日). “AKB48、ピンク・レディー以来32年ぶりシングル年間5作連続首位” (日本語). 2010年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]