Family 〜ひとつになること

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Family 〜ひとつになること
KinKi Kidsシングル
初出アルバム『K album
B面 Tears(初回盤)
me 〜地球のいろ(通常盤)
リリース
規格 12cmCD
ジャンル J-POP
時間
レーベル ジャニーズ・エンタテイメント
作詞・作曲 堂本剛(作詞)
堂本光一(作曲)
プロデュース KinKi Kids
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2010年12月度月間2位(オリコン)
  • 2010年度年間31位(オリコン)
KinKi Kids シングル 年表
スワンソング
2009年
Family 〜ひとつになること
(2010年)
Time
2011年
テンプレートを表示

Family 〜ひとつになること」(ファミリー 〜ひとつになること)は、KinKi Kidsの30枚目のシングル2010年12月1日発売。発売元はジャニーズ・エンタテイメント

解説[編集]

  • 前作「スワンソング」以来、約1年1カ月ぶりのシングル。シングルリリース間隔はこの時点では過去最長だったが、2013年の「まだ涙にならない悲しみが/恋は匂へと散りぬるを」が前作、2012年の「変わったかたちの石」以来約1年9カ月ぶりにリリースされ、記録が伸びた。
  • 本作は収録曲全曲を自らが作詞・作曲を行ったシングルとなっている。2人の合作曲としてはアルバム『Ø』に収録されている「銀色暗号」以来の作品となる。また、シングルA面での自らの作詞・作曲は2000年に発売された両A面の9thシングル『好きになってく 愛してく/KinKiのやる気まんまんソング』の「好きになってく 愛してく」以来、約10年ぶりとなる。
  • たまに「Family 〜ひとつになること〜」と表記されることがあるが正しくは「Family 〜ひとつになること」で最後の「〜」はつかない。「me 〜地球のいろ」も同様である。

チャート成績[編集]

  • 2010年12月13日付のオリコン週間ランキングで、初週16.5万枚を売り上げ、初登場1位を獲得し、デビュー曲「硝子の少年」から30作連続での首位獲得となり、自身の持つギネス記録を更新した[1]

収録曲[編集]

初回盤[編集]

  1. Family 〜ひとつになること [5:21]
    作詞:堂本剛、作曲:堂本光一、編曲:吉田建、ストリングスアレンジ:旭純
    • 楽曲は、まず剛の書いた詞が先に出来、その詞を受けて光一が作曲した。尚、光一が作曲する際には「いかに剛の詞を、イメージ通りにメロディーに乗せるか。」ということに苦労し、吉田健からのアドバイスを受けながら完成させた。
      出版者:ジャニーズ出版
  2. Tears [4:47]
    作詞:堂本光一、作曲:堂本剛、編曲:石塚知生
    • 光一作詞、剛作曲の合作曲としては『39』に収録の「Music of Life」以来約2年ぶりで3曲目となる。光一が「バラードに乗せられるような詞は完成させていたが、剛が持ってきた曲がファンクでびっくりした」と語っている。
      出版者:ジャニーズ出版
  3. Family 〜ひとつになること (Backing Track
  4. Tears (Backing Track)

通常盤[編集]

  1. Family 〜ひとつになること [4:14]
  2. me 〜地球のいろ [4:28]
    作詞:堂本剛、作曲:堂本光一、編曲:家原正樹
    出版者:ジャニーズ出版
  3. Family 〜ひとつになること (Backing Track)
  4. me 〜地球のいろ (Backing Track)

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]