Happy Happy Greeting/シンデレラ・クリスマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Happy Happy Greeting/シンデレラ・クリスマス
KinKi Kidsシングル
初出アルバム『KinKi Single Selection
リリース
規格 8cmCD ('98)
12cmCD ('07)
ジャンル J-POP
時間
レーベル ジャニーズ・エンタテイメント
作詞・作曲 松本隆(全作詞)
山下達郎(作曲 #1)
谷本新(作曲 #2)
プロデュース 藤島メリー泰子
山下達郎
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1998年12月度月間2位(オリコン)
  • 1999年1月度月間10位(オリコン)
  • 1999年度年間33位(オリコン)
KinKi Kids シングル 年表
全部だきしめて/青の時代
(1998年)
Happy Happy Greeting/シンデレラ・クリスマス
(1998年)
やめないで,PURE
1999年
テンプレートを表示

Happy Happy Greeting / シンデレラ・クリスマス」(ハッピー・ハッピー・グリーティング / シンデレラ・クリスマス)は、KinKi Kidsの5枚目のシングル1998年12月9日8cmCDで発売。発売元はジャニーズ・エンタテイメント

2007年12月26日に12cmCD(マキシシングル)として再発売をしている。

解説[編集]

前作から続く両A面シングル。自身のシングル4作のうち3作がミリオンセラーを達成していた中で、本作は100万枚限定生産として発売された。

チャート成績[編集]

オリコン週間ランキングで、初週40.4万枚を売り上げ、初登場1位を獲得した。CD累計売上は60.8万枚(オリコン調べ)を記録した[1]

収録曲[編集]

  1. Happy Happy Greeting
    作詞:松本隆 作曲・編曲:山下達郎
    • PanasonicデジカムCMソング
    • デビュー曲「硝子の少年」や3枚目のシングル曲「ジェットコースター・ロマンス」と同じく、作詞・松本隆、作曲・山下達郎のコンビで製作された。
    • CD化されるまでには、コンサートやテレビなどでは歌われていた楽曲であり、満を持してのCD化となった。当初は、「世間では、クリスマスに関する曲は多いが、元旦に関する曲が少ない」との話から端を発し、「どうせなら(クリスマス以外の)お祝い事を一挙にひっくるめて、たくさんの「おめでとう」が詰まった楽曲にしよう」ということになり、“色々なお祝い事”がテーマとなっている。それに伴い、「New Year」「Birthday」「Valentine」という単語が登場する。また、新しい年が始まる1年最初の日と、堂本光一誕生日が同じ1月1日でもあるため、光一の誕生日を祝う「お誕生日おめでとう」の意味も含まれている。このCDが発売される前の1998年2月に、サビの歌詞が異なる「バレンタイン・バージョン」が『MUSIC STATION』で披露された。しかしCD発売時にテレビ番組でこの曲が新曲として歌われることはほとんどなく、テレビ出演時には「シンデレラ-」が主に披露されていた。コーラスには山下達郎のほか、竹内まりやも参加している。山下達郎自身がKinKiに提供したものでは唯一の同アレンジ版がCD化されており、こちらは『RARITIES』に収録されている。このバージョンでは前述の意図をより明確にするために「いつだって おめでとう」と歌詞がいくつか変更されており、和太鼓やジャニーズJr.のコーラス隊などを省いた形になっている。なお、KinKiの歌詞と同様で楽器もそのままのいわゆる達郎の「あけましておめでとう」バージョンも存在しているが、こちらはサンデーソングブックでOAされているのみで本来のバージョンが完成したこともあり、今後OAされることはないと思われる。
      出版者:ジャニーズ出版
  2. シンデレラ・クリスマス
    作詞:松本隆 作曲:谷本新 編曲:長岡成貢
    • タイトルにもあるとおり、歌詞は童話シンデレラ』のストーリーを恋人同士に置き換えた内容である。
      出版者:ジャニーズ出版
  3. Happy Happy Greeting (Instrumental)
  4. シンデレラ・クリスマス (Instrumental)
    • CDの収録時間の関係から、一部カットされたバージョンとなっている。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]