希望という名の光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
希望という名の光
山下達郎シングル
初出アルバム『Ray Of Hope
B面 Happy Gathering Day
リリース
規格 12cmCDシングル
デジタルダウンロード
ジャンル ロック
ポップス
時間
レーベル MOONWARNER MUSIC JAPAN
作詞・作曲 山下達郎 (希望という名の光, Happy Gathering Day)
プロデュース 山下達郎
チャート最高順位
山下達郎 シングル 年表
僕らの夏の夢 ⁄ ミューズ
2009年
希望という名の光
2010年
街物語(まちものがたり)
(2010年)
Ray Of Hope 収録曲
NEVER GROW OLD
(2)
希望という名の光
(3)
街物語(まちものがたり) (NEW REMIX)
(4)
Ray Of Hope 収録曲
ずっと一緒さ
(8)
HAPPY GATHERING DAY
(9)
いのちの最後のひとしずく
(10)
EANコード
EAN 4943674097111
テンプレートを表示

希望という名の光」(きぼうというなのひかり)は、2010年4月14日に発売された山下達郎通算45作目のシングル。

解説[編集]

「希望という名の光」は映画『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』主題歌として、カップリングの「Happy Gathering Day」はケンタッキーフライドチキン40周年記念テーマソングとしてそれぞれ書き下ろされた作品。両曲ともアルバム『Ray Of Hope[注 1]に収録されたほか、「希望という名の光」はオールタイム・ベスト・アルバム『OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜[注 2]にも収録された。また、『OPUS』初回限定盤のみセットのボーナス・ディスクには、「希望という名の光」のアコースティック・セットによるスタジオ・レコーディングの“2012 ACOUSTIC VERSION”が収録された。

「希望という名の光」について山下は、一度書いた曲を映画のエンドロールが上がってきて合わせてみたら、エンドロールの映像には海辺のシーンから海中のシーンに切り替わる部分があり、最初に作った曲では雰囲気がまったく違うふたつのシーンが切り替わる部分で少なからず違和感があったので、ボツにしてもう一曲新たに書き直したため、締め切りがキツくなったという[2]。また、「映画は一途な夫婦愛の物語で、主人公を見ている奥さんの視線があり、また、そのふたりのうしろにいる人たちの視線もある。その視線の数々が、結果的に、主人公に対する励ましや応援になっているわけです。この曲も、そういう目線に沿って書かれています。そうすることによって、普遍性も出ますからね」[2]とも答えている。映画で主演を務めた岡村隆史2010年7月の長期休養から復帰後初出演となった『めちゃ×2イケてるッ!』(2010年11月27日放送)では、エンディング・テーマのほか、オープニングやその合間にも、イントロが要所で使われた。また、山下本人もコンサートで、「この曲を作るきっかけになった、ナイナイ岡村君と闘病中の友人桑田君に捧げます」と同曲を紹介している[3]。そのほか、2010年日本武道館で行われたワーナーミュージック・ジャパンの創立40周年イベント[注 3]に出演の際にもこの曲が演奏され、開催直前に急死した社長吉田敬へのコメントが挿まれた[注 4][5]。さらにリリースから1年後に発生した東日本大震災の後、全国のラジオ番組でこの曲が頻繁にオンエアされるようになったのを受け、2011年4月6日に放送が再開されたNHKの音楽番組『SONGS』でも、被災者への見舞いのメッセージと共にこの曲のPVが放送された。後に山下は『OPUS』[注 2]のライナーノーツで「映画『てぃだかんかん』の主題歌として書いたものだが、その一年後に起こった大震災の後に、聴き手の皆さんがこの歌に新しい意味付けを加えてくださった。ひとたび世に出れば、それはもう自分だけのものではなく、聴き手の皆さんのものでもある」[6]と書いている。

「Happy Gathering Day」は、CM撮影前の打ち合わせで綾瀬はるかが大きなバスから出てくるというアイディアを聞き、パーティーの画にしたいという話があったので、ならば“同窓会ソング”にしようとの思いから作られた。山下自身、長年のつきあいがある本当に親しい友人が何人かいて、彼らとは年に一度お正月に会うだけでも、大切な友達という関係性は変わらない。そうした友達同士の絆の歌にしようと思ったという[2]

プロモーション[編集]

初回生産分のみ、“デビュー35周年! 第1回『山下達郎お宝くじ』”封入[注 5]

アートワーク[編集]

ジャケットは、ジャケット表面にはデザイナーの梁間修作[注 6]自筆の題字、裏面には山下の写真がそれぞれレイアウトされている。

ミュージック・ビデオ[編集]

「希望という名の光」のミュージック・ビデオには、映画で主演を務めた岡村隆史が出演しているが、ナインティナインのレギュラー番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)に山下がゲスト出演したことがきっかけで実現した[8]。山下は「彼らは、テレビで見るイメージとは全然違った人柄で、とてもシャイで無垢な目をしていて。きっと、それを読み込んで、李監督は岡村さんを起用したんでしょうね。PVもそのキャラがよく出て素晴らしい仕上がりになったと思いますよ」[2]と語っている。また、出演が決まった瞬間について、岡村は「鳥肌が立ちました。マネージャーも泣いていましたし」[9]とふり返っている。ストーリーは、何もない空虚な白い空間にひとりぼっちで迷いこんだ、岡村演じるサラリーマンが絵の具でサンゴの絵を描き始め、次第に白い空間に美しい海底が書き込まれる。途中絵の具を持った子供たちが突然現れ、一緒に魚の絵が描きこまれ、ついに美しい海が完成する。最後はまたひとりになるサラリーマンだが、皆がいたからこそ完成した達成感に見たされ、最初の寂しい表情は消えているというもの[10]。ミュージック・ビデオについても、岡村は「本当にミュージック・ビデオの映像は良かったですね。自画自賛ですけど。ずっと後に残りますから、僕の中ではこれは一生の宝物です。金城さんからも『凄く良かったです。ありがとう』ってメールをいただきました。金城さんよりも僕の方が嬉しかったんですけど」[9]と語る。

収録曲[編集]

  1. 希望という名の光
  2. Happy Gathering Day
  3. 希望という名の光 (Original Karaoke)
  4. Happy Gathering Day (Original Karaoke)

スタッフ・クレジット[編集]

  • Produced and Arranged by Tatsuro Yamashita

希望という名の光[編集]

Words & Music by 山下達郎 Arranged by 山下達郎
 
Strings Arranged by 服部克久
 
山下達郎  :  Lead Vocal,
Computer Programming,
Drum Programming, Electric Guitar,
Acoustic Guitar, Acoustic Piano,
Keyboards, Percussion
& Background Vocals
後藤勇一郎Strings : Strings
橋本茂昭  :  Computer Programming
& Synthesizer Operation
 
©2010 by Smile Publishers Inc.

Happy Gathering Day[編集]

Words & Music by 山下達郎 Arranged by 山下達郎
 
山下達郎  :  Lead Vocal,
Computer Programming,
Drum Programming,
Electric Guitar,
Ukulele, Ocarina, Keyboards,
Percussion & Background Vocals
橋本茂昭  :  Computer Programming
& Synthesizer Operation
 
©2010 by Smile Publishers Inc.

タイアップ[編集]

希望という名の光[編集]

「希望という名の光」カヴァー[編集]

アーティスト 収録作品(初出のみ) 発売日 規格 品番
オルゴール ヒット・ソング・オルゴール・コレクション 〜時ヲ止メテ〜 2011年7月21日 CD OMCA-4088
MUSIC BOX〜山下達郎 / 竹内まりや 作品集 2011年8月24日 CD OMCA-4105
2011ベスト・ヒット・ソングス・オルゴール・コレクション 〜明日へのマーチ / マル・マル・モリ・モリ!〜 2011年12月21日 2CD OMCA-4107/8
中村あゆみ AYUMI ON! 2013年6月26日 CD WPCL-11428

リリース日一覧[編集]

地域 タイトル リリース日 レーベル 規格 カタログ番号 備考
日本 希望という名の光 2010年04月14日 MOONWARNER MUSIC JAPAN CD WPCL-10776 初回生産分のみ、“デビュー35周年! 第1回『山下達郎お宝くじ』”封入。
2012年12月19日 デジタルダウンロード - 通常音質

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ Ray Of Hope』 2011年8月10日発売 MOONWARNER MUSIC JAPAN 2CD:WPCL-10964/5
  2. ^ a b OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜2012年9月26日発売 MOON ⁄ WARNER MUSIC JAPAN 4CD:WPCL-11201/4【初回限定盤】, 3CD:WPCL-11205/7【通常盤】
  3. ^ WARNER MUSIC JAPAN 40th Anniversary〜100年MUSIC FESTIVAL〜2010年10月31日 日本武道館
  4. ^ 「僕は夏からずっと、ツアーを続けています。それも、もうすぐ終わります。今回の自分のツアーで僕は、僕にとって一番新しい一曲である、この歌を作るきっかけを与えてくださったナインティナイン岡村隆史さんと、それから、今病気と闘って、まさに、それを克服しつつある、僕の友達の桑田佳祐さんに捧げながら、ずっと歌い続けてきました。でも、今夜はこの歌を、今夜ここにお集まりの全てのお客様に向けてそれから、今日のイベントを脇で支えているワーナーミュージックの全てのスタッフ、一人ひとりに向けて歌いかけたいと思います。歌は、人を幸せにするためにあります。歌というのは、人の幸せに尽くすためにあります。でも時々、本当に辛い時、本当に悲しい時、歌は残念ながら、とてもちっぽけな力しか持ち得ません。僕はいつも、その事を思いながら35年間歌い続けて来ました。ワーナーミュージックの社長だった吉田君は、自ら命を絶つ一週間前に、僕のライブに見に来てくれて、この曲を聴いていました。それが、今の僕にはとても残念でなりません。それでも僕は、こうして歌い続ける事しかできません。そして、人の幸せに尽くし続けるという事を願い続けて歌い続ける事しか、僕にはできません。決して生きることを放棄してはいけません。いろいろな事があるでしょうけども、去って行った人々の分まで皆で助け合って、励ましあって、悲しくても、苦しくても、辛くても、それでも皆で生きていきましょう。歌の文句にあるように、夢はいつも必ず叶うもんじゃありません。人生はそんなに甘いもんじゃありません。それでも、生きていきましょう」[4]
  5. ^ 抽選で100名に「希望という名の光 / Happy Gathering Day」の12インチアナログ盤。さらに年忘れWチャンスとして再抽選でノベルティ詰め合わせ福袋がプレゼントされた。
  6. ^ 元・東北新社アートディレクター2011年に独立。現在、デザイン事務所「アルチザン・アートワーク」代表。『COZY』(1998年)以降、山下達郎CDカバーのアートディレクションとデザインを手がけている[7]

出典[編集]

  1. ^ 山下達郎/希望という名の光” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2017年1月9日閲覧。
  2. ^ a b c d 「山下達郎 - 希望という名の光」オフィシャル・インタビュー”. ワーナーミュージック・ジャパン (2010年4月15日). 2011年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月10日閲覧。
  3. ^ 山下達郎が岡村・桑田を激励 「何故この2人?」波紋広がる”. J-CASTニュース. 株式会社ジェイ・キャスト (2010年11月15日). 2010年11月15日閲覧。
  4. ^ "968回:リクエスト大会〜山下家LIVE編". 山下達郎のサンデー・ソングブック. JFN. 2011年5月1日放送. [出典無効]
  5. ^ ワーナー所属アーティスト集結!武道館で感動フィナーレ”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2010年11月1日). 2010年11月1日閲覧。
  6. ^ (2012年) 山下達郎『OPUS』のアルバム・ノーツ [【通常盤】3×12cmCD]. MOONWARNER MUSIC JAPAN (WPCL-11205/7).
  7. ^ 100年 MUSIC & CREATIVE クリエイター紹介 / 100th Music Creator #1 Art Director 梁間修作”. WARNER MUSIC JAPAN 100年 MUSIC (2012年4月24日). 2014年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月27日閲覧。
  8. ^ 山下達郎の新曲PVにナイナイ岡村が出演!”. CDJournal.com. 株式会社音楽出版社 (2010年3月9日). 2010年3月9日閲覧。
  9. ^ a b ナイナイ岡村「鳥肌立った」 山下達郎が新曲のミュージックビデオを自身のHPで公開”. cinemacafe.net. 株式会社イード (2010年4月22日). 2010年4月22日閲覧。
  10. ^ 山下達郎「希望という名の光」PVに、岡村隆史出演”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2010年3月9日). 2010年3月9日閲覧。
  11. ^ 3.11 その日、石巻で何が起きたのか〜6枚の壁新聞”. 日本テレビ (2012年2月14日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月11日閲覧。
  12. ^ “山下達郎、人気ゲーム「龍が如く」に楽曲提供 自身初の試み「蒼氓」など5曲”. Sponichi Annex. (2016年9月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/15/kiji/K20160915013361300.html 2016年9月15日閲覧。 

外部リンク[編集]