COME ALONG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
COME ALONG
山下達郎コンピレーション・アルバム
リリース
ジャンル ロック
ポップス
レーベル AIR ⁄ RVC
山下達郎 年表
MOONGLOW
1979年
COME ALONG
1980年
TATSURO YAMASHITA FROM NIAGARA
(1980年)
テンプレートを表示

COME ALONG』(カム・アロング)は、1980年3月21日に発売された山下達郎通算1作目のコンピレーション・アルバム2017年8月2日に2017年リマスタリング盤がアリオラジャパンから発売された。

解説[編集]

元々はシングル「愛を描いて -LET'S KISS THE SUN-[注 1]発売直後の1979年 (1979)夏、レコード店での店頭演奏向けに制作された販売促進用のためのアナログLP[注 2]。企画は山下達郎自身ではなく、RVC(当時)の邦楽担当スタッフによるもの。山下が1976年 (1976)から1978年 (1978)までに発表していたアルバム『CIRCUS TOWN[注 3]SPACY[注 4]GO AHEAD![注 5]からのセレクトに、4月5日に発売されたばかりの最新シングル「愛を描いて -LET'S KISS THE SUN-」が収録され、A面は当時のディスコのDJ風の“Dancing Side”、B面をハワイKIKIラジオ・ステーションの再現による“KIKI Station Side”というテーマに分けて構成された。山下の曲間にDJが入り、ノンストップで繋いでいくという構成で、DJを小林克也が担当し、さらに同じくRVCの所属アーティストで、英語に堪能な竹内まりやにも協力を仰いで制作された[注 6]。随所に挿入されている短いジングルのうち、「蛍の光」は山下がFMの特別番組のために録音したアカペラの素材で、「ドリーム・オブ・ユー」は竹内まりやのヒット曲を山下がアレンジしたアルバム・ヴァージョンのイントロのアカペラ[1]

当初はプロモーション目的でのみ制作されたが、このレコードが店頭で流されるとリスナーからの問い合わせが多く寄せられるようになり、特にブレイクの兆しがあった関西地区での反応が大きく、アナログ限定盤にプレミアが付くまでになった。正式発売の要望がレコード店やリスナーから数多く寄せられ、RVCはその旨を山下に打診してきた。しかし山下は、この作品を正式なカタログとして発売することにかなり抵抗を感じていたという。後に、その理由をライナーノーツにて「自分の音楽は単なるBGMではないというトンガリは、若さゆえのツッパリも確かにあったでしょうが、当時の日本はロックやポップ・ミュージックといった音楽ジャンルがまだ十分な市民権を得ていなかった時代であり、美学やこだわりなしには正面切った活動などとても貫徹できなかったのです」[2]と書いている。

結局、カセットだけの発売ならという条件で商品化されたのが、この『COME ALONG』だった。その後本作は山下がアルファ・ムーン移籍後、山下の意思と無関係に市販用LP化やCD化が行われ、さらに1984年 (1984)には『MOONGLOW[注 7]以降のAIRレーベル在籍時の楽曲を収録した『COME ALONG II』まで制作され、DJは小林克也とカマサミ・コングが担当した。

2002年、RCA/AIR時代のカタログのリマスター再発に当たり“『COME ALONG』はどうするのか”という問い合わせが多く寄せられたという。山下がマスターをチェックしたところ、販促用に急いで作られたアイテムゆえ、左右のステレオ・バランスの悪さや曲・ナレーションのレベルのいい加減さなど、オーディオ面では色々と問題はあったというが、リスナーには思い出の一つとして聞いてもらえることも確かで、お蔵入りにするのもちょっともったいないとの考えから、2002年のRCA/AIRカタログ全アイテム購入者を対象に応募者全員への特典として、非売品ながらカセット版以来の公認アイテムとしてリマスターにてCD化された。ジャケットには非公認盤LP、CDと同じデザインの鈴木英人によるイラストが使われた。

収録曲[編集]

Side A [Dancing Side][編集]

  1. BOMBER (ボンバー)
    Words by 吉田美奈子  Music by 山下達郎
    ©1978 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
  2. LET'S DANCE BABY (レッツ・ダンス・ベイビー)
    Words by 吉岡治  Music by 山下達郎
    ©1978 JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.
  3. SOLID SLIDER (ソリッド・スライダー)
    Words by 吉田美奈子  Music by 山下達郎
    ©1977 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
  4. 愛を描いて -LET'S KISS THE SUN-[注 1]
    Words by 吉田美奈子  Music by 山下達郎
    ©1978 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
    〜ドリーム・オブ・ユー
  5. ついておいで (FOLLOW ME ALONG)
    Words by 吉田美奈子  Music by 山下達郎
    ©1978 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
    蛍の光 (スコットランド民謡)
  6. LAST STEP (ラスト・ステップ)
    Words by 吉田美奈子  Music by 山下達郎
    ©1976 ALFA MUSIC INC.

Side B [KIKI Station Side][編集]

  1. LOVE SPACE (ラブ・スペイス)
    Words by 吉田美奈子  Music by 山下達郎
    ©1977 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
  2. WINDY LADY (ウインディ・レイディ)
    Words & Music by 山下達郎
    ©1976 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
  3. CIRCUS TOWN (サーカス・タウン)
    Words by 吉田美奈子  Music by 山下達郎
    ©1976 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
  4. 素敵な午後は
    Words by 吉田美奈子  Music by 山下達郎
    ©1977 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
  5. PAPER DOLL (ペイパー・ドール)
    Words & Music by 山下達郎
    ©1978 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
    〜THIS COULD BE THE NIGHT
  6. 潮騒 (THE WHISPERING SEA)
    Words by 吉田美奈子  Music by 山下達郎
    ©1978 FUJIPACIFIC MUSIC INC.

クレジット (RTB-1002)[編集]

DJ: KATSUYA KOBAYASHI & MARIYA TAKEUCHI
 
CD Mastering Engineer : 原田光晴 (On Air Azabu)
Illustration : 鈴木英人
CD Design : 高原宏 & 上原加代
 
Originally Released in 1980/03/21 as CASSETTE (AIR ART-8003)

2017年リマスタリング盤[編集]

COME ALONG
山下達郎コンピレーション・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル AIR ⁄ Ariola Japan / Sony Music Labels
チャート最高順位
山下達郎 年表
OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜
2012年
COME ALONG
COME ALONG 2
COME ALONG 3(2017年)
EANコード
ASIN B0731H3P3K
JAN 4547366318425
テンプレートを表示

解説[編集]

2017年8月2日 (2017-08-02)ワーナーミュージック・ジャパンから『COME ALONG 3』が発売されるのを機に、あらためて山下がマスタリングに関わり、2017年最新リマスタリング盤として『COME ALONG 2』とともに再発売された。ライナーノーツは2002年の非売品CDのために書き下ろされた、山下による“「カム・アロング」について”を加筆訂正したものを再掲載(『COME ALONG 2』にも同一のライナーノーツを掲載)。

リリース、プロモーション、マーケティング[編集]

『COME ALONG』『COME ALONG 2』とワーナーミュージック・ジャパンから発売された『COME ALONG 3』の3アイテム連動購入者特典として、“3枚のディスクを収納できるスペシャル三方背BOX”が抽選で300名にプレゼントされた[5]

カセットテープBOX[編集]

『COME ALONG』シリーズ、33年ぶり3作目となるCDリリースを記念して、『COME ALONG』シリーズ1〜3セットにしたカセットテープBOX、カセットプレイヤー、そして『COME ALONG 3』のジャケット写真Tシャツが、レコチョク系のサイト「WIZY」から予約者のみに限定販売された。『COME ALONG』シリーズ1〜3カセットテープBOXには、全曲ダウンロードできるダウンロードコード付き。カセットプレーヤーがセットになったプラン(税込・送料込17,000円)、『COME ALONG 3』プリントTシャツがセットになったプラン(同11,600円)、カセットテープBOXのみのプラン(同8,900円)が用意され、それぞれ457人、108人、201人が予約および購入した[6]

収録曲[編集]

DJ:KATSUYA KOBAYASHI & MARIYA TAKEUCHI

Part 1 [DANCING SIDE] (Side A of "COME ALONG")
#タイトル作詞作曲 時間
1.BOMBER(ボンバー)吉田美奈子山下達郎©1978 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
2.LET'S DANCE BABY(レッツ・ダンス・ベイビー)吉岡治山下達郎©1978 JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.
3.SOLID SLIDER(ソリッド・スライダー)吉田美奈子山下達郎©1977 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
4.愛を描いて -LET'S KISS THE SUN-(〜「ドリーム・オブ・ユー」)吉田美奈子山下達郎©1978 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
5.ついておいで (FOLLOW ME ALONG)(〜「蛍の光(スコットランド民謡)」)吉田美奈子山下達郎©1978 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
6.LAST STEP(ラスト・ステップ)吉田美奈子山下達郎©1976 ALFA MUSIC INC.
Part 2 [KIKI STATION SIDE] (Side B of "COME ALONG")
#タイトル作詞作曲 時間
7.LOVE SPACE(ラブ・スペイス)吉田美奈子山下達郎©1977 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
8.WINDY LADY(ウインディ・レイディ)山下達郎山下達郎©1976 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
9.CIRCUS TOWN(サーカス・タウン)吉田美奈子山下達郎©1976 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
10.素敵な午後は吉田美奈子山下達郎©1977 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
11.PAPER DOLL(ペイパー・ドール)(〜「THIS COULD BE THE NIGHT」)山下達郎山下達郎©1978 FUJIPACIFIC MUSIC INC.
12.潮騒 (THE WHISPERING SEA)吉田美奈子山下達郎©1978 FUJIPACIFIC MUSIC INC.

スタッフ、クレジット[編集]

  • 「COME ALONG」
  • CD Mastering Engineer: Isao Kikuchi (Warner Music Mastering)
  • Illustration: 鈴木英人
  • Originally Released in 1980/03/21 (ART-8003)

リリース履歴[編集]

# 発売日 リリース 規格 品番 備考
1 1980年3月21日 (1980-03-21) AIR / RVC CT ART-8003 カセットのみ発売
2 1983年 (1983) CT ART-8003 ジャケット変更による再発
3 1984年4月5日 (1984-04-05) LP AIR-8003 初LP化
4 1985年6月5日 (1985-06-05) LP RAL-8825 完全限定生産ピクチャー・ディスク
5 1986年9月15日 (1986-09-15) CD R32A-1022 初CD化
6 1990年9月21日 (1990-09-21) AIR / BMG VICTOR CD BVCR-2506
7 1997年6月4日 (1997-06-04) AIR / BMG JAPAN CD BVCR-1034
8 2002年5月 (2002-05) AIR ⁄ BMG FUNHOUSE CD RTB-1002 非売品リマスタリング盤(リマスター盤7タイトル購入特典)
ディスク表面のレーベルはオリジナル・デザインを使用
9 2017年8月2日 (2017-08-02) AIR / Ariola Japan / Sony Music Labels CD BVCL-835 2017年最新リマスタリング盤

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 愛を描いて -LET'S KISS THE SUN-」 1979年4月5日 (1979-04-05)発売 RCA ⁄ RVC 7":RVS-548
  2. ^ アルバム・カヴァーは単色の写真の上に“Come Fly with Me!”の文字を重ねた細長のステッカーを、12インチの白ジャケットに貼った装丁。
  3. ^ CIRCUS TOWN』 1976年10月25日 (1976-10-25)発売 RCA ⁄ RVC LP:RVL-8004
  4. ^ SPACY』 1977年5月25日 (1977-05-25)発売 RCA ⁄ RVC LP:RVL-8006
  5. ^ GO AHEAD!』 1978年12月20日 (1978-12-20)発売 RCA ⁄ RVC LP:RVL-8037
  6. ^ 竹内によれば、このナレーションをレコーディングする際、スタジオ近くの喫茶店から実際に公衆電話をかけたという。
  7. ^ MOONGLOW』 1979年10月21日 (1979-10-21)発売 AIR ⁄ RVC LP:AIR-8001

出典[編集]

  1. ^ COME ALONGの伝説?! 1979-2017 | 山下達郎 スペシャルサイト”. ワーナーミュージック・オフィシャルサイト. 株式会社ワーナーミュージック・ジャパンインターネットアーカイブ (2017年8月19日). 2018年6月16日閲覧。
  2. ^ (2002年) 山下達郎『COME ALONG』のアルバム・ノーツ [12cmCD]. AIR ⁄ BMG FUNHOUSE (RTB-1002).
  3. ^ COME ALONG | 山下達郎”. ORICON NEWS. オリコン株式会社. 2017年8月20日閲覧。
  4. ^ Billboard Japan Hot Albums | Charts”. Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク. 2017年8月20日閲覧。
  5. ^ News – 「COME ALONG 3」購入者特典施策&「COME ALONG 3」、2017年最新リマスタリングにて再発売の「COME ALONG」(BVCL 835)、「COME ALONG 2」(BVCL 836)連動購入者特典施策決定”. ワーナーミュージック・オフィシャルサイト. 株式会社ワーナーミュージック・ジャパン (2017年6月28日). 2017年6月28日閲覧。
  6. ^ 山下達郎の隠れた名作『COME ALONG』シリーズがカセットテープBOXで蘇る”. WIZY(ウィジー). 株式会社レコチョク. 2018年1月7日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 【CD】COME ALONG<初回限定仕様>” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2017年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]

SonyMusic

Warner Music Japan

山下達郎 OFFICIAL SITE