ON THE STREET CORNER 2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山下達郎 > 山下達郎の作品一覧 > ON THE STREET CORNER 2
ON THE STREET CORNER 2
山下達郎スタジオ・アルバム
リリース
録音 SMILE GARAGE
CBS SONY ROPPONGI
ONKIO HAUS
ジャンル ドゥーワップア・カペラ
ロック
ポップス
レーベル MOON ⁄ ALFA MOON
プロデュース 山下達郎
チャート最高順位
山下達郎 年表
POCKET MUSIC
1986年
ON THE STREET CORNER 2
ON THE STREET CORNER 1 ('86 VERSION)
(1986年)
僕の中の少年
1988年
テンプレートを表示

ON THE STREET CORNER 2』(オン・ザ・ストリート・コーナー ツー)は1986年12月10日に発売された山下達郎通算2作目のア・カペラアルバム2000年1月26日に再発されている。

解説[編集]

1980年12月にリリースされた前作『ON THE STREET CORNER[1]から6年ぶりとなる続編。本作収録曲も、もともとはステージで披露するために制作されたものが大部分を占めている。

山下によれば、一人多重録音によるア・カペラというのは考えてみれば非常に異様な発想だとし、集団で行う普通のコーラスの場合では起こりえない様々な制約が生じるという。かといって、それらの制約を完璧に取り除くことの出来るような完成されたシステムが確立されているわけでもないので、より高い合理性を目指しての試行錯誤と肉体的訓練の繰り返しが続いているという。

テクノロジーの進歩で繊細なテンポの設定が出来るようになり、前作『1』[1]をリリースした頃には出来なかったフォー・フレッシュメン(The Four Freshmen)のような、より複雑なコーラス・スタイルも取り上げられ、『1』[1]よりは幅広い印象を持つアルバムとなった。その結果、本作の選曲やア・カペラの音楽的スタイルの中には、必ずしも1950年代アメリカン・ストリート・コーナー・ミュージック、あるいはドゥーワップの範疇に含まれない作品もあり、“オン・ザ・ストリート・コーナー”というアルバム・タイトルが前作のような適切さを持ち得ているか少々不安な面もあるというが、最初にこのような「一人アカペラ」を思い立ったときに持っていた初心、いわば“ロックン・ロールへの忠誠心”とでもいったような感情にはいささかの変化もないという気持ちを表す意味で、前作のタイトルを引き継ぎ『ON THE STREET CORNER 2』としたという。

ON THE STREET CORNER 3[2]リリースにあわせ、2000年1月にデジタル・リマスターにて再発された。2000年版には、ボーナス・トラックが2曲追加されたが、通常なら最後に追加されるべきところをアルバムの終わりは「ホワイト・クリスマス」のままにしておきたいとの意向から、オリジナル・アナログ盤のA面とB面の間に収録された。

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. AMAPOLA (2:23)
    Joseph M.Lacalle & Albelt Gamse
    © Edward B.Marks Music Company
  2. TEN COMMANDMENTS OF LOVE (3:35)
    Marshal Paul
    © Copyright 1958 by ARC MUSIC CORP.
    Assinged to Rock'N'Roll music Company for Japan and Far East (Hong Kong, The Philippines, Taiwan, Korea, Malaysia, Singapore and Thailand)
    All rights controlled by Shinko Music Publishing Co.,Ltd. Tokyo
    Authorized for sale in Japan only
  3. SO MUCH IN LOVE (3:35)
    William Jackson, George Williams & Roy Straigis
    ©1963 ABKCO Music Inc.
    1963年にフィラデルフィア出身の黒人ヴォーカル・インストゥルメンタル・グループ、タイムス(The Tymes)の全米No.1ヒットで[3]、グループのトランペット奏者ジョージ・ウイリアムス(George Williams Jr.)がロイ・ストレイジス(Roy Straigis)と共作したもの。アカペラへのリアレンジが容易な曲なので、アカペラだけでも相当数のカヴァーが存在する。山下の場合も、ステージのアンコール前などにコーラスのメンバーと一緒に歌ったりしていたが、1982年に発売されたティモシー・B・シュミットTimothy B. Schmit)のレコード解説に何故か“山下達郎もびっくりの一人多重コーラス”と書かれていたのに触発されて、一人アカペラとして作品化を思い立ったのだという。後にアサヒスーパーモルトのCMソングに採用されたのを受け、ヴォーカルのリレコーディングとリミックスによる“New Vocal Remix”としてシングル「君の声に恋してる[4]のカップリングに収録された。
  4. MAKE IT EASY ON YOURSELF (2:35)
    Teddy Randazzo, Bobby Weinstain & Sol Meshel
    © POLYGRAM INT'L PUBL. INC.
    SONGS OF POLYGRAM INTERNATIONAL INC.
  5. MY MEMORIES OF YOU (3:14)
    Raoul Cita
    © TENSON MUSIC CORP

SIDE B[編集]

  1. CHAPEL OF DREAMS (2:51)
    Billy Myles
    ©1959 by *EMI LONGITUDE ⁄ SELBONN MUSIC INC.
    *The rights for Japan assigned to FUJIPACIFIC MUSIC INC.
  2. YOU MAKE ME FEEL BRAND NEW (5:04)
    Thom Bell & Linda Creed
    ©1973 by MIGHTY THREE MUSIC
    1970年代、一世を風靡したフィラデルフィア・ブラック・ミュージックをケニー・ギャンブル & レオン・ハフ(Kenny Gamble–Leon A. Huff)の作家チームとともに、フィリー・サウンドを担ったトム・ベル(Thom Bell)がスタイリスティックス(The Stylistics)のために書いた作品がオリジナル[5]。山下によれば1974年のビッグ・ヒットであるというだけでなく、ヴォーカル・グループと作曲家が生み出すアンサンブルの、ひとつの究極のような思いさえするという。この曲が好きゆえ相当に虫のいい話だといわれるかもしれないが、バリトンとファルセットという、タイプの異なる二人のリード・シンガーによる応答を、山下自身がひとり歌い分けている。後にシングル「踊ろよ、フィッシュ[6]のカップリングに収録された。
  3. I ONLY HAVE EYES FOR YOU (3:30)
    Al Dubin & Harry Warren
    ©1934 by WARNER BROS.INC.
  4. SILENT NIGHT (1:09)
    Franz Gruber & Josef Mohr ⁄ Arr. T.Tamashita
    フォー・フレッシュメン(The Four Freshmen)に代表される、オープン・ヴォイシングによる男性4部コーラスを1人アカペラで行うという、山下にとって長年の夢が今回この曲でようやく実現し、最初の素材としてこの曲が選ばれた。オーストリアのチロル地方、オーベンドルフの教会オルガン奏者フランツ・グルーバー(Franz Grüber)によって1818年に作られた、賛美歌109番としても知られる曲。後にアルバム『SEASON'S GREETINGS[7]にも収録された。
  5. WHITE CHRISTMAS (2:25)
    Irving Berlin
    © Copyright 1940 and 1942 by IRVING BERLIN
    International Copyright Secured  All Rights Reserved
    Rights for Japan controlled by Shinko Music Publishing Co.,Ltd.,Tokyo
    Authorized for Japan only
    1942年のパラマウント映画『Holiday Inn』(邦題『スイング・ホテル』、1947年封切)の中で、ビング・クロスビーBing Crosby)によって歌われ、その年のアカデミー主題歌賞を受賞。さらにビング・クロスビーのレコードは史上最も売れたレコードとしての記録を保持し続けている。シングル「クリスマス・イブ[8]のカップリングに収録され、後に『SEASON'S GREETINGS』[7]にも収録された[9]

クレジット[編集]

  • PRODUCED AND ARRANGED BY TATSURO YAMASHITA for SMILE CO.
  • ALL VOICES, INSTRUMENTS & EFFECTS BY TATSURO YAMASHITA
    • except ; MARIYA TAKEUCHI : Narration on “Ten Commandments Of Love”
    • CINDY : High part on “Make It Easy On Yourself”
  • Exective Producer : RYUZO “JUNIOR” KOSUGI
  • Recording Engineers : TAMOTSU YOSHIDA, MASATO OHMORI, YASUO SATOH & AKIRA FUKADA
  • Mixing Engineer : TAMOTSU YOSHIDA
  • Assistant Engineers : TATSUYA NAKAMURA, JUNJI MATSUO & YUKIHIRO FUKUDA
  • Disk Mastering Engineer : MITSURU “TEPPEI” KASAI
  • Recording Studios : SMILE GARAGE, CBS SONY ROPPONGI & ONKIO HAUS
  • Mixed at CBS SONY ROPPONGI B
  • Mastering Studio : CBS SONY SHINANOMACHI
  • Recording Co-ordinator : SHIN KATAYAMA
  • Art Direction & Cover Design : KENICHI HANADA
  • Cover Photo : MASASHI KUWAMOTO
  • Stage Design : SHINTARO SAIKI
  • Lighting : YOSHI TOYA
  • Tour Co-ordinator : HIROYUKI HAGIWARA (SōGō)
  • Special Thanks to Marjorie Dewey for translating the liner notes
  • Also Many thanks to Mariya for her guidance in English pronunciation
  • Thanks to the entire staff of MOON RECORDS
  • CINDY by the Courtesy of Kitty Artist

ON THE STREET CORNER 2 (CD:WPCV-10031)[編集]

ON THE STREET CORNER 2
山下達郎スタジオ・アルバム
リリース
録音 SMILE GARAGE
CBS SONY ROPPONGI
ONKIO HAUS
& PLANET KINGDOM
ジャンル ドゥーワップア・カペラ
ロック
ポップス
レーベル MOON ⁄ WARNER MUSIC JAPAN
CD:WPCV-10031
MOON ⁄ SHINSEIDO
LP:WQJV-102
プロデュース 山下達郎
山下達郎 年表
ON THE STREET CORNER 3
1999年
ON THE STREET CORNER 2
ON THE STREET CORNER 1
2000年
山下達郎CM全集 Vol.2
2001年
EANコード
ASIN B000059O5Q
JAN 4943674014057
テンプレートを表示

解説[編集]

デジタル・リマスターおよび、ボーナス・トラック追加での再発。ボーナス・トラックは通常、アルバムの最後に収録されるが、最後の曲は「WHITE CHRISTMAS」のままにしておきたいという山下の意向で、オリジナル・アナログ盤のA面とB面の間に収録された。

プロモーション、マーケティング[編集]

“オンスト”シリーズ3タイトルのリリースにあわせ、本作および、アルバム『ON THE STREET CORNER 3』とリマスター盤『ON THE STREET CORNER 1』3枚のタスキ帯のロゴマークを3枚集めて応募すると、全員にスペシャル・ボーナスCD『ON THE STREET CORNER 0』がプレゼントされる“「1+2+3=0」キャンペーン”が実施された。

収録曲[編集]

  1. AMAPOLA アマポーラ  – (3:25)
    JOSEPH M. LACALLE - ALBERT GAMSE
    © Edward B. Marks Music Company
  2. TEN COMMANDMENTS OF LOVE 恋の十戒  – (3:38)
    MARSHAL PAUL
    © Copyright 1958 by ARC MUSIC CORP.
    Assigned to Rock'N'Roll music Company for Japan and Far East (Hong Kong,
    The Philippines, Taiwan, Korea, Malaysia, Singapore and Thailand)
    All rights controlled by Shinko Music Publishing Co.,Ltd., Tokyo
    Authorized for sale in Japan only
  3. SO MUCH IN LOVE ソー・マッチ・イン・ラブ  – (2:25)
    WILLIAM JACKSON - GEORGE WILLIAMS - ROY STRAIGIS
    ©1963 ABKCO Music Inc.
  4. MAKE IT EASY ON YOURSELF メイク・イット・イージー・オン・ユア・セルフ  – (2:37)
    TEDDY RANDAZZO - BOBBY WEINSTEIN - SOL MESHEL
    ©POLYGRAM INT'L PUBL. INC.
    SONGS OF POLYGRAM INTERNATIONAL INC
  5. MY MEMORIES OF YOU マイ・メモリーズ・オブ・ユー  – (3:16)
    RAOUL CITA
    © TENSON MUSIC CORP
  6. HEAVY MAKES YOU HAPPY [Bonus Track] ヘヴィ・メイクス・ユー・ハッピー [ボーナス・トラック]  – (3:02)
    JEFF BARRY - BOBBY BLOOM
    ©1971 by EMI/UNART CATALOG INC.
    1986年にレコーディングされ、その時ミックスされたテイク。ステイプル・シンガーズThe Staple Singers)の1970年のヒット曲だが、山下のヴァージョンは作曲者であるソング・ライター、ボビー・ブルーム(Bobby Bloom)のソロ・アルバムでのアレンジが土台になっている。
  7. WILL YOU LOVE ME TOMORROW [Bonus Track] ウィル・ユー・ラブ・ミー・トゥモロー [ボーナス・トラック]  – (3:23)
    CAROLE KING - GERRY GOFFIN
    ©Screen Gems-EMI Music Inc.
    1960年にシレルズ(The Shirelles)によって歌われた曲が[10]1971年キャロル・キングCarole King)自身のアルバム『つづれおり[11]へと引き継がれたことで、ティーン・エイジ・ラブ・ソングに新たな意味が加えられ、哲学的な崇高さが加味された曲としてキャロル・キング & ジェリー・ゴフィン(Carole King-Gerry Goffin)の最高傑作のひとつというだけでなく、ロックン・ロールにとって最も価値ある一作に感じられるという。
  8. CHAPEL OF DREAMS チャペル・オブ・ドリームス  – (2:54)
    BILLY MYLES
    ©1959 by *EMI LONGITUDE / SELBONN MUSIC INC.
    *The rights for Japan assigned to FUJIPACIFIC MUSIC INC.
  9. YOU MAKE ME FEEL BRAND NEW 誓い  – (5:06)
    THOM BELL - LINDA CREED
    ©1973 by MIGHTY THREE MUSIC
  10. I ONLY HAVE EYES FOR YOU 瞳は君ゆえに  – (3:34)
    AL DUBIN - HARRY WARREN
    ©1934 by WARNER BROS.INC.
  11. SILENT NIGHT きよしこの夜  – (1:09)
    FRANZ GRUBER - JOSEF MOHR / ARR. TATS YAMASHITA
  12. WHITE CHRISTMAS ホワイト・クリスマス  – (2:27)
    IRVING BERLIN
    ©Copyright 1940 and 1942 by IRVING BERLIN
    International Copyright Secured All Rights Reserved
    Rights for Japan controlled by Shinko Music Publishing Co.,Ltd., Tokyo
    Authorized for sale in Japan only

クレジット[編集]

  • PRODUCED and ARRANGED by TATSURO YAMASHITA for TENDABERRY MUSIC INC.
  • Exective Producer : RYUZO “JUNIOR” KOSUGI (Smile Group)
  • All Voices, Instruments & Effects by TATSURO YAMASHITA
    • except ; MARIYA TAKEUCHI : Narration on “Ten Commandments Of Love”
    • CINDY : High part on “Make It Easy On Yourself”
  • Recording Engineers : TAMOTSU YOSHIDA, TATSUYA NAKAMURA, MASATO OHMORI & AKIRA FUKADA
  • Mixing Engineer : TAMOTSU YOSHIDA
  • Assistant Engineers : TATSUYA NAKAMURA, JUNJI MATSUO & YUKIHIRO FUKUDA
  • Recording Studios : SMILE GARAGE, CBS SONY ROPPONGI, ONKIO HAUS & PLANET KINGDOM
  • Mixed at CBS SONY ROPPONGI B & PLANET KINGDOM
  • CD Mastering Engineer : MITSUHARU HARADA (Disc Lab)
  • Mastering Studio : ON AIR AZABU
  • A&R Co-ordinator : HIROYUKI IKEDA (WMJ)
  • Artist Management : MITSUHIRO TAMURA (Smile Company)
  • Assistant Management : TETSUYA FUJINO (Smile Company)
  • Copyrights Management : MASAHARU NOJIMA (Smile Publishers)
  • Art Direction & Cover Design : SHUSAKU HARIMA, NAHOKO WASHIO (Tohokushinsha Film Co.)
  • Production Co-ordinator : KUNIKO OGINO (Tohokushinsha Film Co.)
  • Cover Photos : Arizona Gorô
  • Inner Photos : Izima Kaoru
  • Special Thanks to MARJORIE CHIBA for translating the liner notes
  • Also Many thanks to MARIYA for her guidance in English pronunciation
  • Many thanks to HAYATO KURATOMI
  • This album was previously released in 1986 on MOON 30XM-26

脚注[編集]

  1. ^ a b c ON THE STREET CORNER1980年12月5日発売 AIR ⁄ RVC LP:RAL-6501
  2. ^ ON THE STREET CORNER 31999年11月25日発売 MOONWARNER MUSIC JAPAN CD:WPC2-10032
  3. ^ The TymesSo Much in Love」 Released in 1963 PARKWAY P-871
  4. ^ 君の声に恋してる2001年6月27日発売 MOON ⁄ WARNER MUSIC JAPAN CD-S:WPCV-10035
  5. ^ The StylisticsYou Make Me Feel Brand New b/w Love is The Answer」 Released in 1974 AVCO EP:626
  6. ^ 踊ろよ、フィッシュ1987年5月10日発売 MOON ⁄ ALFA MOON EP:MOON-740
  7. ^ a b SEASON'S GREETINGS1993年11月18日発売 MOON ⁄ MMG CD:AMCM-4180
  8. ^ クリスマス・イブ1986年11月10日発売 MOON ⁄ ALFA MOON EP:MOON-508M
  9. ^ 日本テレビHAPPY Xmas SHOW』のオープニング・ヴァージョンも制作され、『山下達郎のサンデー・ソングブック』でオンエアされた。
  10. ^ The ShirellesWill You Love Me Tomorrow b/w Boys」 Released in 1960 Scepter EP:1211
  11. ^ Carole KingTapestry』 Released in February 10 1971 Ode

外部リンク[編集]

Warner Music Japan

山下達郎 OFFICIAL SITE