ザ・ステイプル・シンガーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ステイプル・シンガーズ
Staple Singers on Soul Train.jpg
1974年、ソウル・トレイン出演時。なお、左から2番目の人物はローバック"ポップス"ステイプルズであり、右から2番目の人物は当時の司会者であるドン・コーネリアス英語版である。
基本情報
出身地 米国イリノイ州シカゴ
ジャンル ゴスペルソウル
活動期間 1948年2000年
レーベル ヴィージェイ・レコード
リバーサイド・レコード
エピック・レコード
スタックス・レコード
ワーナー・ブラザース・レコード
メンバー ローバック"ポップス"ステイプルズ
クレオサ・ステイプルズ
メイヴィス・ステイプルズ
イヴォンヌ・ステイプルズ
パーヴィス・ステイプルズ

ザ・ステイプル・シンガーズ (The Staple Singers) は、米国ゴスペルソウル・グループ。1940年代後半にギタリスト/シンガーのローバック"ポップス"ステイプルズが、彼の子供たちと結成した。当初はゴスペル・グループであったが、60年代以降ポップスやロックなどの要素を積極的に取り入れ、成功を収めた。

メイヴィス・ステイプルズが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第56位にランクインしている。

来歴[編集]

ローバック"ポップス"ステイプルズ (1915年12月28日 - 2000年12月19日, ミシシッピ州ワイノーナ出身) は、1936年にシカゴに住むようになってからトランペット・ジュビリーズというグループに参加し、教会でゴスペルを演奏していた。1948年頃、彼の娘のクレオサ (1934年4月11日 - 2013年2月21日[1])、メイヴィス (1939年7月10日 - )、息子のパーヴィス (1935年11月 - )と共に、ポップスはステイプル・シンガーズを結成、中西部の教会を中心に活動を展開するようになった。

1953年、彼らのレーベル、ロイヤルより「These They Are」でレコード・デビューを果たした。続いて翌年、ユナイテッドより「Sit Down Servant」をリリースした。1956年には、ヴィージェイ・レコードと契約し、「Uncloudy Day」や「Will The Circle Be Broken」などの名作レコーディングを残した。

1962年までヴィージェイに在籍した後、リバーサイドエピックと渡り歩いた。この頃から、ゴスペルにと留まらず、時代の流れを受けてフォーク的なアプローチを取ったり、ポップスやロック的な要素を積極的に取り入れたりと、そのサウンドは広がりを見せるようになる。また、公民権運動の盛り上がりと共に、彼らの歌もメッセージ性が強くなっていった。エピック時代には、バッファロー・スプリングフィールドのカバー「For What It's Worth」がヒットとなる。

1968年、彼らはメンフィスのスタックス・レコードと契約。1970年には、パーヴィスが脱退するものの、ステイプル姉妹の一人イヴォンヌ (1938年10月23日 - )を加えて、活動を続けた。スタックス時代には計6枚のアルバムをリリース。「Respect Yourself」(全米12位)や「アイル・テイク・ユー・ゼア」(全米1位)を始め、数多くの大ヒットが生まれている。

1972年8月20日ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムで行われたスタックス主催のコンサート「ワッツタックス」に出演。コンサートを撮影した映画『ワッツタックス/スタックス・コンサート』は翌年1973年に公開される。

1975年、スタックスが倒産したことにより、グループはカーティス・メイフィールドのレーベル、カートムへ移籍。同年10月、メイフィールドのペンによるシングル「レッツ・ドゥ・イット・アゲイン」を発表。シングルはビルボードのポップチャートとソウルチャートそれぞれにおいて1位を獲得した。同作品は同名映画(邦題『シドニー・ポワチエ / 一発大逆転』)の挿入歌であり、サウンドトラック盤も発売されている。

1978年4月に公開されたザ・バンドのドキュメンタリー映画『ラスト・ワルツ』に出演。1968年のアルバム『Soul Folk in Action』で取り上げていたザ・バンドの代表曲「The Weight」を演奏した。映画で使用されたステイプル・シンガーズの演奏シーンは、1976年11月に行われたコンサートからのものではなく、後日MGMのサウンドステージにて収録されたものである。彼らは、1994年のアルバム「Rhythm Country and Blues」でも、マーティー・スチュワートと組み、この曲を再演している。

1976年から1978年の間にはワーナー・ブラザース・レコードに在籍し、計3枚のアルバムをリリース。ワーナー時代は、グループ名から「シンガーズ」を落とし、「ザ・ステイプルズ」を名乗った。以降、20世紀フォックス、プライベートIなどのレーベルで作品をリリースし、1984年の「Slippery People」 (R&Bチャート22位)など、いくつかの小ヒットは生んでいるが、スタックス時代の成功を再現するには到っていない。

1999年ロックの殿堂入りを果たし、授賞式でのプレゼンターをローリン・ヒルが務めた。

2000年12月19日、ポップスが転倒による脳震盪で亡くなってしまい、グループは活動を停止した。メイヴィス・ステイプルズは、以後ソロで活動を続けている。

2005年グラミー賞の特別功労賞(Lifetime Achievement Award)を受賞。

ディスコグラフィー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]