フォー・ホワット・イッツ・ワース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォー・ホワット・イッツ・ワース
バッファロー・スプリングフィールドシングル
初出アルバム『Buffalo Springfield
B面 Do I Have to Come Right Out and Say It
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ロサンゼルス、コロムビア・スタジオ(1966年12月5日)
ジャンル ロック
時間
レーベル アトコ・レコード
作詞・作曲 スティーヴン・スティルス
プロデュース チャールズ・グリーン、ブライアン・ストーン
ゴールドディスク
ゴールドディスク
チャート最高順位
バッファロー・スプリングフィールド シングル 年表
Burned
(1966年11月)
フォー・ホワット・イッツ・ワース
(1966年12月)
ブルーバード
(1967年6月)
テンプレートを表示

フォー・ホワット・イッツ・ワース」(原題: For What It's Worth)は、スティーヴン・スティルスが作詞作曲したバッファロー・スプリングフィールドの楽曲。

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では63位にランクされている[3]

概要[編集]

60年代のカウンターカルチャーの高まりの中で発表され、反戦歌として多くの人々に広まった本作品であるが、実際はウェスト・ハリウッド、サンセット大通りのサンセット・ストリップの区域で起こった暴動に触発されてスティーヴン・スティルスが書いたものである。バッファロー・スプリングフィールドはレコード・デビュー前の1966年5月から6月にかけて、サンセット・ストリップにあるナイトクラブウィスキー・ア・ゴーゴー」のハウス・バンドであった。

当時サンセット・ストリップにはロック・ミュージックを中心とするクラブがいくつもあった。若者たちが夜遅くまでひしめき合っていたことから、これを快く思わない地元の住民と企業が市当局に働きかけ、当局は夜10時を門限とする夜間外出禁止の措置をとった。1966年11月12日の夜、クラブのひとつ「パンドラズ・ボックス」の周辺で1000人規模のデモ集会が開かれ、警官隊と衝突。デモに参加した若者の中にはジャック・ニコルソンピーター・フォンダも含まれており、彼らもこのとき警官に捕縛された。結果、「パンドラズ・ボックス」は閉鎖に追い込まれた[4]

スティルスは抗議の意味を込めて本作品を書き、同年12月5日にロサンゼルスのコロムビア・スタジオでレコーディングを行った。12月23日、シングルA面として発表(1967年1月発表とする説もあり)。B面はニール・ヤングが作詞作曲しリッチー・フューレイがリード・ボーカルをとった「Do I Have to Come Right Out and Say It」[1]

1967年3月25日から4月1日にかけてビルボード・Hot 100で2週連続7位を記録し[5][6]ゴールドディスクに輝いた[7]。1966年12月に出たファースト・アルバム『Buffalo Springfield』が1967年3月に再発されるが、再発盤は「Baby Don't Scold Me」が「フォー・ホワット・イッツ・ワース」に置き換えられた。

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]