TWILIGHT ZONE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TWILIGHT ZONE
吉田美奈子スタジオ・アルバム
リリース
録音 Rhythm & Strings Recorded at Mouri Studio, Meguro, Tokyo
Vocals & Other Instruments Recorded at Studio A, Shibaura, Tokyo
ジャンル ポップス
ロック
レーベル RCA / RVC
LP:RVL-8005
RCA / BMG VICTOR
CD:B25D-13017(NICE PRICE ¥2,500)
RCA / BMG JAPAN
CD:BVCK-38018(RCA CD名盤選書)
RCA / BMG JAPAN
CD:BVCK-37114 (紙ジャケット仕様初回限定盤)
Ariola Japan / GT music ⁄ SMDR
CD:MHC7 30005(TAMOTSU YOSHIDA REMASTERING)
プロデュース Minako Yoshida & Tatsuro Yamashita
吉田美奈子 アルバム 年表
FLAPPER
1976年
TWILIGHT ZONE
(1977年)
MINAKO FAVORITES
1978年
『TWILIGHT ZONE』収録のシングル
テンプレートを表示

TWILIGHT ZONE』(トワイライト・ゾーン)は、1977年3月25日に発売された吉田美奈子通算5作目のスタジオ・アルバム

解説[編集]

RCA時代最後のアルバムである本作は、吉田がかねてからやりたいと望んできたソウル、ジャズ、ゴスペルに影響を受けたオリジナル作品を初めてのびのびとやることができたアルバムだった。自らが詞曲を手掛けたオリジナル曲は3曲のみにとどまった前作『FLAPPER[注 1]から一転、デビュー・アルバム『扉の冬[注 2]以来となる全曲吉田自身のオリジナルで、彼女のピアノを中心に据え、馴染みのメンバーによるリズム・セクションを軸に、レコーディングは行われた。

吉田の原盤制作会社「アルファ&アソシエイツ」との専属録音契約には枚数の契約はなかったが、アルファ&アソシエイツのディストリビューターであるRVCとの間には契約枚数が定められていた。そんな経緯から作られたのが本作だった。吉田は「もう一枚作ってほしいというのがあって、だったら適当に作るのではなく逆に、先にひっぱっていく想定ができるようなアルバムを、フルにオリジナルで作ろう、と思って作ったんです。私はピアノを弾きながら歌って、スタジオ・ライブのようにして録った…編成は違うけれど『扉の冬』と同じように。このアルバムが出た時、ジャズだとか言われたんですよね。ホーン・セクションを活用していたのだけれどホーンの人たち、すごく喜んでくれて、モードだ何だと難しいことを言ったりしていた。でも私としては“そうなの? ジャズなの?”って感じで。基本は変わっていないんだけれど、その歳相応の、その時の雰囲気というか想い描いていることを、ホーンや弦を入れて作っていったっていう…もとがシンプルだとその裏で、響きで色々な要素が加えられるんですよ」[1]という。結果として自身のポジションを再決定し、それを外に向けてアピールすることにもなった作品となった。

また、本作で吉田と共同プロデュースを務めた山下達郎によれば全曲、レコーディング前に詞曲は完成していて、スコアもあって全てリハーサルをしてからスタジオ入りしたという。さらに、レコーディングでは歌も同時に一発録りされているので、実際にはスタジオ・ライブになっている。山下は「あれはほら、その時そうしようっていう話でそうしたんだけど、本当にあれはそれだけの効果が出ているわけ。ハーピストもブラス隊もその時全部一緒に録ってるから、そのスコアしなきゃなんないからそれの緊張感もあるし、それでやっぱり空間構成でさ、そういう音が出てるんだよね」[2]という。そして本作の制作理由を「元々、吉田美奈子っていう人は、僕に言わせると一種の天才肌の人なんですよね。で、天才肌の人っていうのは人の介入を本質的に受け入れないっていうところがあるの。フル・オーケストラでやろうが一人っきりでやろうが全く同じ世界が出現するの。美奈子って基本的に、ピアノで自分で作った世界ですべて完結してるから、これ以外何も要らないの。だけど商品のためにそれじゃいけないって考える奴がいるから、あるときは土岐になってあるときはポンタになったりするだけで、そういうとこでは至極普通のレコードを作ってると。だから僕が考えるのは『フラッパー』[注 1]っていうのは違うと思う。そのことは美奈子に言ったけども、絶対にこの路線は間違ってると、そういうんじゃなくて内省的な音楽って、人は売れるとか売れないとかいろんなことを言うけど、絶対それが精神衛生上健全なことなんだから、それを長くやってた方が絶対に最終的にはプラスになると思う、ってその時に僕は言ってたんだよね。それでやったのが『トワイライト・ゾーン』っていうアルバムで、僕はそれは今でも間違ってないと思う」[2]と話している。

「恋は流星 SHOOTING STAR OF LOVE」[注 3]はシングルで同日リリースされたが、7分近いアルバム・ヴァージョンをA、B面にそれぞれ“Part I”“Part II”と分けて収録され、両面ともアルバム未収録の別テイク、別アレンジとなっている。また、「Uptown」はライブ・レコーディングに後からホーン・セクションをオーバー・ダビングするという手法がとられたライブ・アルバムIN MOTION[注 4]にも収録された。

収録曲[編集]

Side 1[編集]

  1. Twilight Zone (Overture) 1:41
  2. LOVE 8:01
  3. 駆けてきたたそがれ RUNNER 4:20
  4. メロディー MELODY 6:10
  5. 恋は流星 SHOOTING STAR OF LOVE 6:46

Side 2[編集]

  1. Uptown 3:50
  2. Raspberry Slope 3:26
  3. さよなら SAY JUST GOOD-BY 6:18
  4. Twilight Zone 7:46

クレジット[編集]

スタッフ[編集]

Produced by Minako Yoshida & Tatsuro Yamashita
 
RECORDING STAFF
Basic Rhythm Track Arrangement by Minako Yoshida
Orchestrated by Tatsuro Yamashita
Director    Shunsuke Miyazumi
Recorded & Re-mix Engineered    Tamotsu Yoshida
Mastering Engineer    Shizuo Nomiyama
Assistant Engineer    Yasuhiko Terada
Art Director    Kenkichi Sato
Photographer    Koichi Miyazaki
Musician Co-ordinator    Koji Kimura
 
Rhythm & Strings Recorded at Mouri Studio, Meguro, Tokyo
Vocals & Other Instruments Recorded at Studio A, Shibaura, Tokyo
Re-mixed at RCA Studio, Shibuya, Tokyo
from February 1st to 22nd, 1977
 
Special Thanks to Magnesium (My Cat!), Akiko Takahashi & City's Midnight
 
All Songs Written by Minako Yoshida
©1977 Alfa Music Ltd.

CD:MHC7 30005 (TAMOTSU YOSHIDA REMASTERING)[編集]

解説[編集]

2014年、本作のレコーディングを担当したミキサー吉田保が、かつて手掛けたアーティストを中心に、自らがリマスタリングを手掛けた「吉田保リマスタリング・シリーズ」[3]の第1弾リリース13タイトルの一枚としてリイシューされた。

収録曲[編集]

  1. Twilight Zone (Overture)
  2. LOVE
  3. 駆けてきたたそがれ RUNNER
  4. メロディー MELODY
  5. 恋は流星 SHOOTING STAR OF LOVE
  6. Uptown
  7. Raspberry Slope
  8. さよなら SAY JUST GOOD-BY
  9. Twilight Zone

スタッフ[編集]

[Reissue Staff]
Remastered by Tamotsu Yoshida
A&R Director : Hiroshi Fujiyoshi (SMDR)    A&R Coordination : Shigeru Takise (SMDR)
Art Direction & Design : Ikuma Uehara (SMC)    Product Coordination : Yuko Mori, Eiichiro Ohshima, Yuki Kaihori (SMC)
Web Promotion : Masami Adachi, Hiroyuki Ayusawa, Yuka Yano (SMDR)
Sales Planner : Keisuke Ikuta, Yuya Kouno, Hiroyo Kihara (SMM)
Thanks to  Kisaku Nasu (Tower Records Japan Inc.), Akihiro Takeda (Stereo Sound),
Hiroyuki Shiotsuki, Shizuka Tsuchiya (Sony Music Studios Tokyo), Daitetsu Kuroki (SMM)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b FLAPPER1976年3月25日発売 RCA ⁄ RVC LP:RVH-8009
  2. ^ 扉の冬1973年9月21日発売 SHOW BOAT ⁄ TRIO LP:3A-1004
  3. ^ 恋は流星 PartI・II1977年3月25日発売 RCA ⁄ RVC EP:RVS-514
  4. ^ IN MOTION1983年3月25日発売 ALFA LP:ALR-28048

出典[編集]

  1. ^ 松永記代美「吉田美奈子“インタヴュー 〜都市の光と影を鮮やかに歌い続ける吉田美奈子23年間のあゆみ〜”」『レコード・コレクターズ2月増刊号 日本のロック ⁄ ポップス』第31巻第3号、株式会社ミュージック・マガジン、2012年2月21日、 94-103頁、 ISBN 4910196380229{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。
  2. ^ a b 渋谷陽一「インタビュー 吉田美奈子×山下達郎」『CUT 1995年4月増刊号 季刊 渋谷陽一 BRIDGE』第6巻第39号、株式会社ロッキング・オン、1995年8月1日、 84-91頁、 ISBN 1002474040789{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。
  3. ^ 吉田 保リマスタリングシリーズ”. OTONANO. Sony Music Direct (Japan) Inc.. 2014年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]