何度でも

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
何度でも
DREAMS COME TRUEシングル
初出アルバム『THE LOVE ROCKS
B面 空を読む
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
DCT records
作詞・作曲 吉田美和(作詞)
中村正人、吉田美和(作曲)
プロデュース DREAMS COME TRUE
ゴールドディスク
  • プラチナ(シングルCD、日本レコード協会)
  • トリプル・プラチナ(シングルトラック、日本レコード協会)
チャート最高順位
DREAMS COME TRUE シングル 年表
ラヴレター
2004年
何度でも
(2005年)
JET!!!/SUNSHINE
(2005年)
THE LOVE ROCKS 収録曲
空を読む~album version~
(11)
何度でも~album version~
(12)
SPOON ME, BABY ME
(13)
テンプレートを表示

何度でも」(なんどでも)は、DREAMS COME TRUEの35作目のシングル2005年2月16日発売。発売元はユニバーサルミュージック

概要[編集]

前作「ラヴレター」以来4か月ぶりのシングルで、2曲とも後に13枚目のアルバムTHE LOVE ROCKS』にアルバムバージョンとして収録された。

表題曲「何度でも」はフジテレビ系ドラマ『救命病棟24時』主題歌(第3シリーズ)。『救命病棟24時』では第1シリーズの「朝がまた来る」、第2シリーズの「いつのまに」に続いての起用となった。またのちに2007年公開の映画『Mayu -ココロの星-』主題歌に、2013年には浅田真央が出演する「住友生命(一度きりの冬篇)」のCMソングにもなっている。

当時のドリカムとしては珍しいメッセージソングである。4年に一度行われるベストヒットライブ「DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2007」のリクエスト投票では長年1位であった「うれしい!たのしい!大好き!」を抜いて1位を獲得、またベストアルバム「THE SOUL 2」のための人気投票で1位になる[2] など、高い支持を得ている。

2005年の『第56回NHK紅白歌合戦』、2006年の『第57回NHK紅白歌合戦』で歌唱。また第57回の紅白以降は「LOVE LOVE LOVE」と組み合わせた「何度でもLOVE LOVE LOVE」という形で演奏されることもある。

東北地方太平洋沖地震東日本大震災)発生後(2011年3月14日 - 20日の期間)、全国のラジオ局で最もオンエアされた邦楽曲[3][4]。また同震災の被災者へのエールとして、2011年3月28日から4月27日まで着うたフルを無料配信することになった[3]

ミュージックビデオが作られ、『THE LOVE ROCKS』の初回盤DVDに収録されている。

カップリングの「空を読む」もまた、中村のラジオ『夜は庭イヂリ』のドリカムの曲の人気投票で2位(ちなみに1位は「何度でも」)になったことがある。また上述の「何度でも」同様にワンダーランドのリクエストで上位を獲得している。

2015年7月7日に発売されたオールタイム・ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』には両曲収録されている。

収録曲[編集]

全作詞: 吉田美和、全作曲: 中村正人・吉田美和、全編曲: 中村正人。
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「何度でも」 吉田美和 中村正人・吉田美和
2. 「空を読む」 吉田美和 中村正人・吉田美和

収録アルバム[編集]

カバー[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011年に最もダウンロードされた作品は? 「iTunes Rewind 2011」発表、BARKS、2011年12月9日。
  2. ^ アーカイブされたコピー”. 2010年8月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月31日閲覧。
  3. ^ a b ドリカム、“何度でも”被災者にエール 着うたフル無料配信、ORICON STYLE、2011年3月27日。
  4. ^ なお『救命病棟24時』第3シリーズも、大地震に見舞われた東京が舞台である。