さまよえる蒼い弾丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
B'z > 作品リスト > さまよえる蒼い弾丸
さまよえる蒼い弾丸
B'zシングル
初出アルバム『B'z The Best "Pleasure"
B面 Hi
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル
時間
レーベル Rooms RECORDS
作詞・作曲
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位 (オリコン)
  • 1998年4月度月間2位 (オリコン)
  • 1998年5月度月間14位 (オリコン)
  • 1998年度年間32位 (オリコン)
  • B'z シングル 年表
    • さまよえる蒼い弾丸
    • (1998年)
    B'z The Best "Pleasure" 収録曲
    Calling
    (13)
    さまよえる蒼い弾丸
    (14)
    ライブ映像(Short ver.)
    「さまよえる蒼い弾丸 (Live ver./B'z LIVE-GYM '98 "SURVIVE")」 - YouTube
    テンプレートを表示

    さまよえる蒼い弾丸」 (さまよえるあおいだんがん)は、日本音楽ユニットB'zの楽曲。1998年4月8日にRooms RECORDSより24作目のシングルとして発売された。

    概要[編集]

    ベスト・アルバムB'z The Best "Pleasure"』発売直前、アルバムツアー『B'z LIVE-GYM '98 "SURVIVE"』開催中に発売された。元々ツアー中の春先にシングルをリリースするつもりだったため、同ツアー中の2月9日から両曲の製作が開始[2]、発売直前にはライブで先行披露された。完成後すぐにタイアップが決まった[2]

    「Hi」の表記が大きめに印字され、「B'z」のロゴが赤のジャケットも存在する(タイアップシールも別)[3]

    オリコンでは『さまよえる蒼い弾丸/Hi』と両A面シングルとして扱われているが[4]、公式では「さまよえる蒼い弾丸」の単独A面である。

    日本レコード協会の集計ではミリオンセラーを達成している[1]

    収録曲[編集]

    1. さまよえる蒼い弾丸
      エレクトリックシタールとディストーションを効かせたギター、さらにガムラン風のパーカッションにより、エスニックなテイストをもったアレンジになっている[5]。ブレイク部分のギターには、KORG“KAOSS PAD”というエフェクターが使用されている[6]
      当初イントロのフレーズはシンセサイザーで演奏だった。松本の「シタールでなぞったら面白いのでは?」という提案によりエレクトリックシタールが使用されることとなった[7]。シタールの他にも、稲葉がスタジオに持ってきたマンドリンを弾く案もあったが、松本曰く「使いこなせかった(笑)弾いたことないから…チューニングはわかるけど…。音色も今ひとつはまらなかったんだよね。」という理由で不採用となった[2]。当時のインタビューで松本は「またの機会に…別の曲で…。でも、少し練習しないとダメだね。」と語っており[2]、後に「今夜月の見える丘に」でマンドリンが使用された[8]
      2008年に松本はこの曲について「本当にシンプルなコード進行ながらクオリティの高い楽曲に仕上がったと自負しています。」とコメントしている[9]
      稲葉は当時の会報インタビューで「弾丸は普通黒なのに、なぜ"蒼"なんですか?」という質問に対して、「やっぱり"若い"ってことでしょう。"未熟"と言った方がいいかな。」と答えており、完成後にタイアップが決まったため「ポカリスエット」のパッケージカラーに合わせたわけではない[注 1]
      シングルの歌詞欄によると、英語表記は「WANDERING SAPPHIRE BULLET」である。
      当初収録予定の無かったベスト・アルバム『B'z The Best "Pleasure"』に急遽収録されたが、翌年に発売された10thアルバム『Brotherhood』には未収録となった。
      ライブ映像やジャケット撮影時の模様で構成されたワンコーラスのみのミュージック・ビデオが存在する[9]が、2013年発売の『B'z The Best XXV 1988-1998』の特典DVDには『B'z LIVE-GYM '98 "SURVIVE"』でのライブ映像が収録された。
      17thアルバム『MAGIC』の特典DVDでは、『B'z SHOWCASE 2009 -B'z In Your Town-』でこの曲を披露した際の稲葉の失敗談や松本のギターの話が聞ける。
    2. Hi
      大田紳一郎が初めて参加した曲。スタッフの間では「さまよえる蒼い弾丸」とこの曲のどちらを表題曲にするかで意見が分かれていた[2][10]
      稲葉は「ステージで気持ちいい曲」と評しており[10]、『B'z LIVE-GYM'98 "SURVIVE"』、『B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"』、『B'z SHOWCASE 2017 -B'z In Your Town-』で演奏された。

    「さまよえる蒼い弾丸」のバージョン違い[編集]

    Into Free -Dangan-
    B'z配信限定シングル
    収録アルバム B'z
    リリース 2012年4月4日
    規格 デジタル・ダウンロード
    録音 2011年
    ジャンル
    時間 4分44秒
    レーベル VERMILLION RECORDS
    作詞者
    作曲者 松本孝弘
    プロデュース 松本孝弘

    B'z 年表
    • Into Free -Dangan-
    • (2012年)
    B'z 収録曲
    Ultra Soul
    (4)
    Into Free -Dangan-
    (5)
    ミュージックビデオ
    「Into Free -Dangan- × Dragon's Dogma TRAILER」 - YouTube
    Dangan
    配信限定ミニアルバム『B'z』に収録。正式な配信は2007年だが、2005年の演奏が元となっている生音重視のアレンジとなっている。歌詞はオリジナルから変更はなく日本語であり、近年ライブで演奏されている形に近い。
    因みにベストアルバム『B'z The Best "Pleasure II"』発売時にiTMSにて本曲が一時ダウンロード可能な状態になっていたが、すぐに姿を消した(誤配信だと思われる)。
    さまよえる蒼い弾丸 (E)
    2011年に行われた北米ツアー『B'z LIVE-GYM 2011 -long time no see-』にてオープニング・ナンバーとして披露された[11]
    タイトルの「(E)」はEnglishの頭文字で、歌詞が英語になったバージョン。アレンジは「Dangan」に近い。
    B'z公式YouTubeチャンネルでは「Dangan」の呼称が使われたが、B'zのファンクラブの会報誌「Be with」91号にて、上記のタイトルで紹介されている。
    Into Free -Dangan-
    過去の楽曲の再アレンジの作品ではあるが、公式的に「新曲」として扱われている。2012年4月4日よりiTunesにて配信限定リリース[12]、また2012年7月25日より配信限定アルバム『B'z』に収録されている。
    2012年5月にワールドワイドリリースとなるアクションゲーム『ドラゴンズドグマ』の為に、新たに英語詞を書き下ろして再レコーディングしたもの[13][注 2]。B'zがゲーム作品に楽曲提供を行なうのは、『バーンアウト ドミネーター』に使用された「FRICTION」以来4年半ぶりとなる[14]
    「さまよえる蒼い弾丸 (E)」からの変更については、タイアップ先となっているカプコンサイドのリクエストが多く採用されたためである。「オープニングにゆったりしたパートを追加してほしい」「歌詞に"Dragon"というフレーズを使用してほしい」というリクエストに応えて、アレンジや歌詞が変更された。
    歌詞が一部変更されている他、イントロにピアノストリングスのパートが追加され、原曲で特徴的だったシタール音が全編を通して削除されている。また2番サビとギターソロとのブリッジ部分が削除され、全編にゲームミュージックの要素を取り入れている。
    先述の北米ライブツアーで披露された英語バージョン楽曲は「Brotherhood」を除き、後にレコーディングされリリースされているが、それらの楽曲の中で唯一原曲とは全く異なる大幅なアレンジが加えられた楽曲である。また、B'zの再録楽曲の中では数少ない改題(バージョン名付加を除く)が施された楽曲でもある[注 3]
    通常B'zの楽曲の作詞は全て稲葉のみの担当であるが、本楽曲の作詞クレジットはサポートメンバーのシェーン・ガラースと稲葉との連名になっている[13]。本楽曲の作詞については、稲葉がシェーンに原曲歌詞のコンセプトを説明しそれにシェーンが稲葉と調整しながら英詞を当てはめていくという手法を取っている。稲葉は「細かい表現はシェーンに任せている」と語っている。当のシェーンは「(作詞の)インスピレーションは、東日本大震災の後の経験から得た[15]」と語っている。

    タイアップ[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    収録アルバム[編集]

    さまよえる蒼い弾丸

    Hi

    ライブ映像作品[編集]

    さまよえる蒼い弾丸

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 稲葉曰く「それじゃ、「さまよえる青と白の弾丸」にしなくちゃいけないじゃん(笑)」と語っている[2]
    2. ^ 実際には、前述のとおり前年の北米ツアーで英語バージョンを披露しており、この英語バージョンのリアレンジ・バージョンとなる。
    3. ^ 歌詞・タイトル共に変更された楽曲としては、他に「SLAVE TO THE NIGHT」、「DEVIL」がある。

    出典[編集]

    1. ^ a b GOLD ALBUM他 認定作品 1998年6月度(98年5月21日〜98年6月20日)」『The Record』第465号、日本レコード協会、1998年6月、 9頁。
    2. ^ a b c d e f 『be with!』第37巻、B'z Party、1998年3月。
    3. ^ MUSIC FREAK MAGAZINE - B'z Dictionary(「限定」の項)”. エムアールエム. 2019年11月24日閲覧。
    4. ^ B'zのCDシングルランキング”. ORICON NEWS. オリコン. 2013年7月24日閲覧。
    5. ^ 『Treasure : B'z Chronicle 1988〜1998 10th anniversary special issue』ROOMS RECORDS、1998年9月20日、89頁。
    6. ^ MUSIC FREAK MAGAZINE - B'z Dictionary(「エフェクター」「effects」の項)”. エムアールエム. 2019年11月24日閲覧。
    7. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、219頁。
    8. ^ 『be with!』第45巻、B'z Party、2000年3月。
    9. ^ a b 『be with!』第78巻、B'z Party、2008年6月。
    10. ^ a b 佐伯明『B'z ウルトラクロニクル』ソニー・マガジンズ、2003年、293頁。
    11. ^ “ヒット曲連発!B'z北米ツアー大盛況のうちに終了”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2011年7月26日). https://natalie.mu/music/news/53696 2019年9月23日閲覧。 
    12. ^ “B'z、初の配信限定作品「Into Free -Dangan-」リリース開始”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2012年4月4日). https://www.barks.jp/news/?id=1000078460 2019年9月23日閲覧。 
    13. ^ a b “B'zの新曲「Into Free -Dangan-」、ゲーム『ドラゴンズドグマ』主題歌に”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2012年2月1日). https://www.barks.jp/news/?id=1000076644 2019年9月23日閲覧。 
    14. ^ “B'z、4年半ぶりゲームに楽曲提供 『ドラゴンズドグマ』主題歌”. ORICON NEWS (オリコン). (2012年2月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2006444/full/ 2019年9月23日閲覧。 
    15. ^ バンクーバー新報 2012年8月16日発売 第33号 P14

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]